サイト引越し屋さん > 無料ブログからWordPress移行 >

【徹底解説】無料ブログからWordPress引越しの準備・手順・注意点

無料ブログからWordPress移行でやるべき事

あなたは、無料ブログからWordPressへの引越しで悩まれてはいませんか?

無料ブログには様々なリスクがあるし、カスタマイズや機能の面で制限があって煩わしい。だから、一刻も早くWordPressに移行したいけれど何からやったらいいのか分からない。あなたもこんな気持ちを抱えてはいないでしょうか?

そんなあなたに向けて、WordPress引越しのプロであるサイト引越し屋さんが、無料ブログからWordPress移行においてやるべき事を徹底的に解説していこうと思います。

このページをご覧になれば、無料ブログからWordPressへの移行の全てが分かります。移行される際の参考にしてください。ちなみに、FC2ブログからWordPressへの引越しは別途で記事を用意しています。

※手順解説ではなく、作業代行を依頼したい場合はご相談窓口からどうぞ。

引越し前の準備

無料ブログからWordPressへ移行する際の事前準備は以下の3点となります。

  1. 独自ドメインの取得
  2. レンタルサーバーの契約
  3. WordPressテーマの選定

それぞれお金のかかる準備になりますし、今後長く利用していくものになります。しっかり吟味しながら進めていくようにしましょう。

1.独自ドメインの取得

独自ドメインの取得に関しては、無料ブログで既に適用している場合は新たに取得する必要はありません。同じドメインを引き継ぐことができます。

▶独自ドメイン     ⇒ site-hikkoshi.com
▶無料ブログのドメイン ⇒ site-hikkoshi.blog134.fc2.com
※FC2ブログの場合

新たにドメインを取得する場合はドメイン名で悩むこともあるかと思います。その場合はこちらの記事を参考に決めてみてください。
>>独自ドメインの決め方、選び方【徹底解説】

また、ドメインが取得できる業者はたくさんありますが、迷った時はレジストラ最大手のお名前.comにしておけば間違いありません。
>>お名前.com公式サイト

2.レンタルサーバーの契約

次にレンタルサーバーの契約です。レンタルサーバーとは、あなたのサイトを保存しておくためのインターネット上の倉庫のような役割になります。

今までは無料ブログのサーバーにあなたのサイトを保存していましたが、WordPressに移行するためには自前のサーバーを用意する必要があります。それがレンタルサーバーです。

レンタルサーバーは慎重に選んでください。なぜなら、独自ドメインの場合はどこの業者で取得しても料金や質に大差ありませんが、レンタルサーバーの場合は業者によって料金や機能に大きな差が出ます。

レンタルサーバー選びで悩んだ場合はこちらを参考に。
>>WordPressを引越しする際のレンタルサーバーの選び方

3.WordPressテーマの選定

最後の準備はWordPressテーマの選定です。WordPressでは、デザイン(テンプレート)のことをテーマと呼びます。

テーマには有料と無料、さらには自作で作ることもできます。ただ、WordPressは利用者が多いこともあって、無料のテーマでも高機能なテーマがたくさんあります。たとえば、「Simplicity」は有名です。
>>WordPressテーマ「Simplicity」

WordPressの移行では、独自ドメインの取得やレンタルサーバーの契約、移行作業を外注する場合はさらに作業料もかかります。無料テーマで済むのなら、テーマ代を節約するのも良いと思います。もし洗練されたテーマに拘る場合はこちらのテーマサイトが参考になります。
>>WordPress有料テーマサイト「TCD」

なお、独自作成のテーマはお勧めできません。
参考)無料ブログからのWordPress移行において独自テーマ作成をお勧めしない3つの理由

引越し作業

では次に、無料ブログからWordPressへの実際の移行作業について解説していきます。

このパートは、ある程度Web制作やWordPressの知識を持った方に向けた内容になっています。もし難しいと感じた場合には、移行作業の代行を検討してください。

移行作業は大きく分けて以下の5点です。

  1. WordPressインストール
  2. 記事の移行
  3. 画像データの移行
  4. サイドバー(ウィジェット)の移行
  5. 記事URLの引き継ぎ作業
  6. 無料ブログからのリダイレクト設定

1に関しては誰でもできますが、2と3はWordPressの知識が必要となり、無料ブログによっては別途のツールが必要になることもあります。

また、4と5はSEOに大きな影響を及ぼす項目になりますので、忘れずに対策しておくようにしましょう。移行作業を外注する場合には、45もしっかりやってくれるか事前に確認しておくと安心です。

1.WordPressインストール

無料ブログからWordPressへの移行にあたり、まずは新規のレンタルサーバーにおいてWordPressをインストールします。ほとんどのレンタルサーバーでは自動インストール機能が備わっていますので、インストール自体は難しくありません。

どちらかというと、インストール後の初期設定のほうが面倒かと思います。初めてWordPressの管理画面を見る方はどの項目を設定しておけばいいのか分からない方も多いかと思います。そんな場合でも、最低限「設定」>「一般」だけは入力しておくようにしましょう。

また、WordPressのインストールが完了したら、ネームサーバーの変更も行います。

既存の独自ドメインを引き継ぐ場合には、ネームサーバーの変更とともに新しいほうのサイト(この時点では空のサイト)が表示されることとなります。その場合は、出来るだけ空サイトの表示時間を短縮するために、先に2番と3番の作業を済ませておくとスムーズです。

2.記事の移行

記事の移行は2通りあります。

無料ブログ側で記事のエクスポート機能がある場合には、既存記事を一括で取得できます。こちらのパターンでは、WordPress側にも一括でインポートできるため非常に楽です。時間もあまりかかりません。

無料ブログにエクスポート機能が無かった場合は厄介です。全ての記事を手作業で移すこととなります。こちらのパターンでは、無料ブログからwordPressへ1記事ずつコピーしていく作業が必要です。

3.画像データの移行

画像データの移行に関してもエクスポート機能の有無が問われます。無料ブログ側でエクスポート機能を有している場合には、一括でエクスポートできるので楽です。

ただ、画像データの取得に関しては、エクスポート機能がなくとも他のツールを使うことで一括取得できる場合があります。

なお、サーバーへのアップロードについては、どちらのパターンにしろ一括で行なえます。

4.サイドバー(ウィジェット)要素の移行

サイドバー要素の移行とは、サイドバーに掲載していた要素(新着記事一覧やカテゴリー、バナー画像.etc)を移す作業になります。WordPressでは、サイドバーに表示する機能をウィジェットと呼びます。

サイドバーの移行では、基本的に無料ブログのサイドバーから要素をコピーしてきてWordPressのウィジェット機能に組み込むだけです。htmlなどコード系を直に入力する場合には調整が必要な場合もあります。

5.記事URLの引き継ぎ作業

ここから2つはSEO関連の話に入っていきます。まずは記事URLについて。

既存の独自ドメインを引き続き利用する場合でも、新しくドメインを取得して利用する場合でも、記事のURLを引き継ぐことでSEO評価とアクセスを引き継ぐことが可能です。

トップページのドメイン評価引き継ぎは皆さん当たり前のように思い付くのですが、記事URL(個別の記事のURL)まではなかなか思いが巡らないことが多いです。ですが、アクセスの多くは個別記事で稼いでいることがほとんどですし、個別の記事に付いたバックリンクやSNSの評価は貴重です。是非とも引き継ぎたいところ。

■良い例1
 【移行前】https://site-hikkoshi.com/314.html
 【移行後】https://site-hikkoshi.com/314.html
■良い例2
 【移行前】http://site-hikkoshi.blog134.fc2.com/314.html
 【移行後】https://site-hikkoshi.com/314.html ← /以降が同じ文字列!

■悪い例1
 【移行前】https://site-hikkoshi.com/314.html
 【移行後】https://site-hikkoshi.com/iten-kaisetu.html ← /以降が違う文字列!
■悪い例2
 【移行前】http://site-hikkoshi.blog134.fc2.com/314.html
 【移行後】https://site-hikkoshi.com/iten-kaisetu.html ← /以降が違う文字列!

以上4サンプルを見ていただくと分かりますが、簡単な話、トップドメインの最初の/以降が同じ形式になっていればOKです。

6.無料ブログからのリダイレクト設定

先ほどの記事URLの調整をしても、既存の無料ブログから新しいWordPressへリダイレクト設定をしなければSEO評価もアクセスも引き継ぐことは出来ません。

リダイレクト・・・あるサイトへのアクセスを別のサイトに転送する設定のこと

このリダイレクト設定は、無料ブログ側で簡単に設定できる機能がある場合もあれば、そうでない場合もあります。利用していた無料ブログに依存しますね。無料ブログ側でリダイレクト機能が無い場合には、テンプレートを編集して強引にリダイレクトさせるしかありません。

なお、無料ブログ時代から既に独自ドメインを利用していた場合には、ここで説明したリダイレクトの設定は必要ありません(URLが変わらないので今まで通りアクセスが来るため)。

参考)無料ブログからWordPressへ移行する際のリダイレクト方法

引越し後の作業

では最後に、WordPressに移行した後にやっておくべき作業の解説をしておきます。やるべきことは大きく以下の2点です。

  1. カテゴリーの設定
  2. 各記事のサムネイル(アイキャッチ)画像の設定

カテゴリーの設定はSEOやURLに関わる重要な作業ですし、アイキャッチ画像の設定もサイトの見栄えを左右する重要な要素です。忘れずに行うようにしてください。

1.カテゴリーの設定

まずはカテゴリーの設定から。

無料ブログからWordPressに記事を移行する際、カテゴリーの設定は自動で引き継がれます。ただし、WordPressでは1つ1つのカテゴリーにスラッグ(URL)を設定する必要があります。

たとえば、下記の画像をご覧ください。「サーバー移転」というカテゴリーはスラッグが日本語の表記になっています。

WordPressのカテゴリー

無料ブログからWordPressに移行した直後では、このようにスラッグが日本語で登録されています。このままですとカテゴリー一覧ページを表示した際にURLに日本語が表示されてしまうので、ローマ字で登録し直しておく必要があります(「ブログ」というカテゴリーが設定後の状態です)。

URLに日本語が含めれるデメリットの説明はここでは省きますが、もし「日本語のURLでも構わない」という方は、この設定を行う必要はありません。

2.各記事のサムネイル(アイキャッチ)画像の設定

WordPress移行後2つ目の作業は各記事のサムネイル画像の設定です。各記事のサムネイル画像のことを、WordPressではアイキャッチ画像と呼んでいます。

このアイキャッチ画像は個別記事の冒頭で表示される場合もあれば、記事一覧ページや関連記事に表示されることもある露出度の高い要素です。

設定方法に関しては、WordPress管理画面の「投稿」>「投稿一覧」>編集する記事を選んで「編集」から右サイドバーの下のほうに「アイキャッチ画像に設定」があります。

アイキャッチ画像の設定

上記の画像のようにアイキャッチ画像という枠のところに画像が表示されていれば設定完了です。記事を更新すれば反映されます。

3.便利なプラグインはいち早く入れる!

WordPressの利点といえば、なんといっても拡張性です。無料ブログに比べカスタマイズの自由度が違います。その効果を実感するためには、引越してからできるだけ早いタイミングで機能追加(プラグイン)によりWordPressの性能を高めておくことが重要になります。

こちらのページでは、弊社が日頃からクライアント様にもお勧めしているベストプラグインをご紹介しています。インストール必須です!!

参考)無料ブログからWordPress移行の際に入れておきたいプラグイン7選

無料ブログからWordPress引越しにおける注意点

では最後に、無料ブログからWordPress引越しにおける注意点をいくつかお伝えします。

無料ブログは削除する?残し続ける?

無料ブログからWordPress引越し直後は、SEO評価やアクセスを引き継ぐうえでも無料ブログからリダイレクト設定をすると先ほどお伝えしました。では、無料ブログはそのまま残し続けたほうがいいのか?

結論からいうと、出来れば最終的に閉鎖または削除すべきです。なぜなら、無料ブログ側のリダイレクト設定というのはいつ仕様が変わるか分からず、気付いたらリダイレクトが外れてWordPress側と同じコンテンツが公開状態だった、ということも考えられるからです。

全く同じコンテンツがインターネット上で公開されている場合、後に公開されたほうがペナルティを受ける可能性があるので注意が必要です。

また、リダイレクトによる旧サイトから新サイトへのSEO評価受け継ぎやインデックス完了に必要な時間は、数ページ程度のブログで約2週間、数百ページ程度で約1ヶ月、数千ページにおよぶ大規模サイトの場合約2ヶ月になります。

ということは逆にいえば、時間が経過してSEO評価が受け継がれたあとであれば、無料ブログを残しておく必要はありません。ですので、念のため長めに期間を取るとしても、WordPressに引越して6ヶ月後には無料ブログを閉鎖または削除するようにしましょう。

各種グーグル系ツールの再設定

WordPress引越しに際してドメインが変更となっている場合、グーグルアナリティクスやサーチコンソールの設定更新または新しいドメインの登録が必要になります。

なお、無料ブログ時代から独自ドメインを使用していた場合には、グーグルツール側の設定は必要なくWordPress側にコードを再設定することとなります。

広告コードの再設定または張り替え

無料ブログ内にアフィリエイトコードや外部システムのコードを貼っていて、なおかつWordPress引越しでドメインが変更となった場合、ASPやツール側の設定を更新するか、またはコード自体の張替えが必要となります。

まとめ

本日は無料ブログからWordPressへの移行でやるべき事を解説しましたが、いかがでしたでしょうか?実際のところ、この記事で解説した内容で無料ブログからWordPress引越しの90%以上はカバー出来ています。

ただし、あなたが利用している無料ブログや、契約したサーバーによってイレギュラーが起こるケースもあります。そんな時は、1つ1つの事象をネットで調べながら進めていくことになります。

そんな作業をコツコツ出来る方は問題ないかと思いますが、そうではない方も多くいるはずです。そんな時はWordPress移行作業の外注を検討するのも1つの手です。分からない事をいちいち調べていると時間ばかりかかってしまいますので、外注すれば時間の節約にもなるかと思います。

もし無料ブログからWordPress引越し作業の代行をご希望の方はこちら。
>>無料ブログからWordPress引越しのご相談はこちらへ

役に立ったと感じたらシェアお願いします!