サイト引越し屋さん > 無料ブログからWordPress移行 >

無料ブログからWordPress移行の際に入れておきたいプラグイン7選

プラグイン

WordPressは無料ブログに比べてたくさんの機能が使えるようになります。今までやりたかったけど実装できなかった事があれば、WordPress移行を機にどんどん挑戦してみましょう!

その中でも今日は、いま時のWordPress運営にかかせないプラグインを7つ紹介したいと思います。最低限これだけは入れておくと良いでしょう。

※WordPressでは機能追加のことを「プラグイン」と呼びます。

これだけは外せないプラグイン7つ

今回ご紹介するプラグインは以下の7つです。

  • All In One SEO Pack
  • TinyMCE Advanced
  • Contact Form 7
  • EWWW Image Optimizer
  • WP Fastest Cache
  • WordPress Popular Posts
  • Google XML Sitemaps

1つずつ見ていきましょう!

その1:All In One SEO Pack

まず1つ目にご紹介するのは、「All In One SEO Pack」です。

All In One SEO PackはSEOに関わる様々な設定がまとめて管理できます。サイト全体のメタ系「タイトル」「ディスクリプション」の設定、「グーグルアナリティクス」や「サーチコンソール」の設定、「各種インデックス可否」の設定などなど、多岐に渡ります。

中でも特に重宝するのが、各記事でのディスクリプションの設定です。All In One SEO Packを追加することで、1記事ずつディスクリプションを設定することができます。

ディスクリプションは直接SEO効果はないものの、検索結果上でのクリック率に大きな影響を与えるので、結果的にSEOにも良い影響を及ぼします。

SEOに力を入れたい方には必須のプラグインです。

その2:TinyMCE Advanced

2つ目にご紹介するのは、「TinyMCE Advanced」です。

TinyMCE Advancedは、記事投稿の際に使用するエディター機能をカスタマイズするためのプラグインです。WordPressはデフォルトの状態でも無料ブログ以上に高機能な記事投稿エディターを持っていますが、TinyMCE Advancedを追加することでさらに機能の追加ができます。

たとえば、こちらがWordPressのデフォルト投稿エディターですが、
カスタマイズ前のエディター

こちらのように機能を追加すると使える機能が増えます。
カスタマイズ後のエディター

「記事の装飾にこだわりたい」「記事をスムーズに更新したい」という方には特にお勧めのプラグインです。

その3:Contact Form 7

3つ目にご紹介するのは、「Contact Form 7」です。

Contact Form 7は、誰でも簡単にお問い合わせフォームが作れるプラグインです。「名前」「メールアドレス」「本文」など、以下の画像のようなシンプルな作りのフォームであれば、初心者の方でもすぐに実装可能です。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームを利用する方には必須のプラグインです。

その4:EWWW Image Optimizer

4つ目にご紹介するのは「EWWW Image Optimizer」です。

EWWW Image Optimizerは、サイトの表示スピードを高めてくれます。EWWW Image Optimizerを入れると、アップロードした画像を自動で軽量化してくれます。画像のデータ量が小さくなるとページが軽くなるため、表示スピードが上がるというわけです。

また、画像を軽くした状態で保存しておいてくれるため、サーバーの容量も節約できるので一石二鳥です。サイトの表示スピードはSEOでも重有な項目の1つなので、EWWW Image Optimizerは是非入れておきたいプラグインと言えます。

その5:WP Fastest Cache

5つ目は「WP Fastest Cache」です。

WP Fastest CacheもSEO関係のプラグインです。WP Fastest Cacheを入れることで、サイトの表示スピードが速くなります。

通常私たちがサイトを表示する際、毎回毎回ページ情報を読み取り、画面に写しています。ですが、WP Fastest Cacheを入れると一度表示したページを記憶しておいてくれるので、次回に表示する際に非常に速く表示することができます。

サイトの表示スピードを手軽に高めたい方にお勧めのプラグインです。

その6:WordPress Popular Posts

6つ目にご紹介するのは、「WordPress Popular Posts」です。

WordPress Popular Postsは、サイドバーに人気記事を表示するためのプラグインです。ランキングの要因はPVで決定され、集計期間は最短で1日から最長で全期間など、自由に設定可能です。

また、人気記事をランキング形式で表示する際に、「更新日時」や「閲覧数」、「サムネイル表示」など、見せ方のカスタマイズ自由度が高いのも嬉しいポイントです。

人気記事ランキングはサイト回遊率の向上や、集客記事の内部リンク強化にも一役買うので、入れておいて損はありません。

その7:Google XML Sitemaps

最後にご紹介するのは「Google XML Sitemaps

Google XML Sitemapsは、グーグル向けのサイトマップを自動生成するプラグインです。

実は一口にサイトマップと言っても2種類存在します。サイト上で表示して人間が見るサイトマップと、検索エンジンのグーグルが巡回して見るロボット向けのサイトマップです。Google XML Sitemapsは後者のロボット向けのサイトマップを作成します。

グーグルにサイトデータを正確に伝えるためには入れておいたほうが良いですね。

まとめ

本日は、無料ブログからWordPress移行の際に入れておきたいプラグインを7つご紹介しました。どれも本当に使える機能となっているので、気になるプラグインがあれば是非試してみてください。

役に立ったと感じたらシェアお願いします!