【初心者向け】WordPressバックアップ方法まとめ

wordpress-backup-flow

WordPressのバックアップ方法が分からず困ってはいませんか?
「いざという時に備えてWordPressのバックアップを取っておきたい」、「サーバーを移転するのでWordPressのデータが必要」など、バックアップが必要となる機会は多くあります。

その反面、正しいバックアップ手順を踏まないと、「データに抜けや漏れがあった」なんてこともあり得ます。そこで本記事では、WordPressのバックアップ手順を解説いたします。

 

※サイト引越し屋さんで作業を代行することも可能です。
conrtact-form

 

WordPressバックアップの方法は3種類あります。

WordPressのバックアップ方法は、大きく3種類あります。

  • レンタルサーバーによる自動バックアップ
  • プラグインによるWordPressバックアップ
  • 手動でのWordPressバックアップ

これら3つは、一番上ほど簡単にバックアップが取れます。下にいくほど難易度が上がるため、もしご自身で行うのが難しいと感じたときは、専門家に依頼することをお勧めします。

【その1】 レンタルサーバーによる自動バックアップ

お使いのレンタルサーバーによっては、自動でバックアップを取っておいてくれるサービスもあります。自動でバックアップを取ってくれるレンタルサーバーを利用している場合には、自分でバックアップせずとも後で復旧可能です。

WordPressのデータ(Webサーバー+データベース)を自動でバックアップしてくれる有名どころのレンタルサーバーは下記になります。

※クリックすると公式サイトのバックアップ方法手順のページに飛びます。

※ちなみに、さくらインターネットは一切のバックアップサービスを提供していません。さくらのレンタルサーバーをお使いの場合は、バックアップに注意してください。

【その2】 プラグインによるWordPressバックアップ

2つ目の方法として、WordPressのプラグインを利用したバックアップがあります。「BackWPUp」というプラグインを使うと、定期的に自動でバックアップが可能です。

プラグインによる自動バックアップを行う場合は、事前にプラグインを導入のうえ設定が必要になります。設定方法はバズ部さんの記事が参考になります。

外部)BackWPUpで確実にWordPressのバックアップを取る方法

ただし、場合によってはプラグインではバックアップを取れないケースもあります。その場合は、【その3】 をご参照ください。

【その3】 手動でのWordPresバックアップ

WordPressのバージョンが古かったり、レンタルサーバーのPHPバージョンが古いなど、環境によってはバックアッププラグインが正常に動作しないことがあります。その場合は手動でバックアップする必要があります。

各レンタルサーバーのバックアップ方法は下記のページでそれぞれ解説しています。

これらの手順ページを見ても分からない」「自分で行うのは手間なので代行してほしい」そういった場合は、サイト引越し屋さんにお気軽にご相談ください(^ ^)

conrtact-form

役に立ったと感じたらシェアお願いします!
SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • ・WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • ・無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form