サイト引越し屋さん > サイト引越し全般 >

サイト引越しでサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)の再設定が必要なケース

サーチコンソールの再設定

サイト引越しでは、その種類によってツールや広告の再設定が必要なケースがあります。その内の1つがサーチコンソール(旧ウェブマスターツール)です。

今日は、サイト引越しでサーチコンソールの再設定が必要なケースを見ていきます。

再設定が必要なケースは2パターン

結論から先に言うと、サーチコンソールの再設定が必要なのは以下の2パターンです。

  • ドメインが変更となる場合
  • 無料ブログからWordPressに移行する場合

ドメインが変更となる場合

無料ドメインから独自ドメインに変更となる場合、独自ドメインから独自ドメインに変更となる場合、どちらの場合においてもドメインが変更となる時点でサーチコンソールの再設定が必要です。

サーチコンソールの計測は固有のドメイン単位で行われています。そのため、ドメインが変わったのに旧ドメインの解析用コードを利用していると、データが正しく収拾されません。

サイト引越しとともにドメインが変更となった場合には、改めてサーチコンソールにサイト登録するとともに、解析用コードも入れ替えておきましょう!

無料ブログからWordPressに移行する場合

サーチコンソールの再設定が必要な2パターン目は、無料ブログからWordPressに移行するケースです。

グーグルアナリティクス等のアクセス解析はまだしも、無料ブログでサーチコンソールを導入している方は少ないですが、もし導入している場合は、WordPress移行のタイミングでサーチコンソールの再設定が必要です。

たとえば、無料ブログ内の設定欄で解析コードを設定していたり、テンプレートのhead部分に解析コードを直接挿入しているケースです。これらのケースでは、WordPress移行の際に解析コードが自動で引き継がれないため、自分で再設定する必要があります。

WordPress移行時にサーチコンソールの設定で迷ったら、以下のプラグインによる実装がお勧めです。
>>All In One SEO Pack
>>All in One SEO Pack の設定方法と使い方

以上、サイト引越しでサーチコンソールの再設定が必要なケースでした。

役に立ったと感じたらシェアお願いします!