【徹底解説】独自ドメインの決め方、選び方

ドメインの選び方

「自分のサイトを運営する」となった時、レンタルサーバーと並んで重要なインフラの1つに「独自ドメイン」があります。

ドメイン名はあなたのサービスや商品、サイトの顔となる名称になりますので、慎重に決めるようにしてください。

本記事はドメイン名について、ドメインの種類から決め方まで解説いたします。

独自ドメインとは

独自ドメインとは、インターネット上の住所のようなものです。全てのウェブサイトには、何かしらのドメインが割り当てられています。

その中でも、他人が所有するドメインの中でサイトを運営するのではなく、自分のオリジナルの住所を「独自ドメイン」と呼びます。

http://ブログ名.seesaa.net ← シーサーブログ内のドメイン
http://ameblo.jp/ブログ名/ ← アメーバブログ内のドメイン
http://ブログ名.com ← 独自ドメイン

ドメインの種類

それではまず、ドメインの種類から見ていきます。ドメインは一般的にオリジナルで決められる部分と初めから決められた部分に分かれています。

http://original.com
http://original.net

上記の例で言えば、「original」の部分が自由に決められるオリジナルの部分で、.(ドット)以降はあらかじめ固定されたドメイン部分となります。

※なお、http(s)://の部分は全てのサイト共通で、ドメイン取得の際は表示されません。また、//の後に「www」を付けるかどうかは、サイトの構築方法で決まるため、ドメイン取得の段階では決まりません。

以下ではまず、ドメインの固定部分となる.(ドット)以降の決め方について見ていきます。固定部分で選べるドメインの種類は、主に以下のようなものがあります。

ドメインの種類 主な意味
.co.jp 法人
.jp 日本
.com 営利サイト
.net ネットワーク関連サイト
.biz ビジネスサイト
.info 情報サービスサイト
.org 非営利組織

実はそれぞれのドメインに意味や使用目的が定められています。パッと見てあなたのサイトに当てはまるものがあれば、そのドメインに決めてしまいましょう。

「.co.jp」は法人しか取得できない

ただし、一部のドメイン種別には制約があり「.co.jp」は法人でなければ取得できません。取得の際は登記簿などの書類が必要となります。

その反面、取得しているサイトは「法人であると認められたサイト」になりますので、信用度が一気に高くなります。

法人かつ会社の事業に関わるサイトを始めるのなら、このドメインが最もお勧めです。

資金に余裕があるなら「.jp」がお勧め

法人運営のサイトでない場合(サービスサイト、情報サイト、アフィリエイトサイト.etc)、資金的に余裕があるなら「.jp」がお勧めです。

なぜなら、jpドメインは日本国内にいる人間しか取得できないため、信用度が高くなるからです。

特に、メルマガ配信やクライアントとのメールなど、メールでのやり取りが発生する場合にも、メールの到達率の面からもjpドメインはお勧めです。

迷ったら「.com」にしておこう!

もしドメインの種類で迷った場合には、「.com」にしておきましょう。

comドメインは営利用のサイトという広義的な意味を持ちつつも、「ウェブサイトの定番型」というイメージも強いです。

そのため、あまり考え込んでドメインの種類が決められないぐらいなら、皆が慣れ親しんでいるcomドメインにしておけば問題ありません。

ドメインに使える文字列

ドメインに使用できる文字列は一般的に、

  • 英字(a、b、c…)
  • 数字(1、2、3、4…)
  • ハイフン(-)

の3種類です。

実際のところ、上記以外の文字列も使うことができますが、機能面やSEOを考慮するとこの3種類に絞っておくほうがお勧めです。

ドメインの中で単語や文字を繋げたいときは「_」(アンダーバー)や「 」(スペース)などではなく-(ハイフン)を使うようにしましょう。Googleが勧めています。

また、ドメイン名において大文字小文字の区別はありません。たとえば、「sample.com」と「SAMPLE.com」は同じドメイン名として扱われます。基本的には小文字で申請を出しておくといいでしょう。

ドメイン名の決め方

ドメインの決め方において最も大事なポイントは、「あなたが読者に最も伝えたい(知ってほしい)ことをドメイン名に込める」ということです。

また、長過ぎる文字列のドメインは覚えづらいため、出来るだけ短いドメイン名にしましょう。SNSなどで拡散される際も、見栄えが良いです。

以下では、より具体的な例をご紹介いたします。

【決め方その1】サービス名(商品名)

独自ドメインの決め方1つ目としては、「サービス名」や「商品名」にちなんだ命名です。あなたがこれから運営するサイトで何か特定のサービスや商品を打ち出しているのなら、その名称をそのまま独自ドメインにしてしまうと良いでしょう。

【例】プレミアム・モルツ
http://the-premium.jp/

【決め方その2】ブログ名

サービスや商品はないけれども、「サイトで達成したいこと」や「発信していく内容」、「読者の方になって欲しい姿」にちなんだ独自ドメイン名も素敵です。

あなたが発信する内容はビジネスに関するものなのか、それとも美容に関するものなのか、コンテンツや目的によって決めていくと良いでしょう。

【例】バズ部
https://bazubu.com/

【決め方その3】会社名

会社の公式ホームページや、公式情報サイト(オウンドメディア)としてサイトを運営していくなら、会社名をそのまま独自ドメイン名にしてしまうケースも多くあります。

その場合、名称が長くなってしまう場合や、既に同じドメイン名で取得されている場合には、短縮名称で取得する方法も考えられます。

【例】会計ソフト「弥生会計」
http://www.yayoi-kk.co.jp/
【例】ソニーマーケティング株式会社
http://www.sony.jp/

【決め方その4】人物名

会社名で独自ドメインを取得するケース以外にも、特定の人物名で独自ドメインを取得するケースもあります。特に、個人でビジネスをやっているコンサル業の方などに多く見られます。

【例】ホリエモンドットコム
http://horiemon.com/

日本語ドメインってどうなの?

先ほどドメインに使用できる文字列を解説しましたが、実はドメイン名の中に日本語を入れることもできます。「SEOに有利」とのことで、一時期流行った時期がありました。

ですが、現在ではSEOへ特段有効というわけでもなく、逆に、「SNS拡散時に文字列が非常に長くなってしまう」「ユーザーがURLを見た時に違和感を感じる」などの理由から、あまりお勧めできなくなっています。メールアドレスを使う方は尚更です。

そのため、今後長く運営予定のサイトには、日本語ドメインはお勧めしません。

ドメインはどこで取得すればいい?

ドメインを取得しようと思った時にお世話になるのがドメインレジストラです。ドメインレジストラとは、私たちが申請する独自ドメインの取得をしてくれる業者です。

レジストラはどこを選んでも大きな変わりはないのですが、「価格」や「知名度」の点、また将来的に同レジストラ内でのドメイン移動が容易な『お名前.com』が特にお薦めです。

>>お名前.com公式サイト

役に立ったと感じたらシェアお願いします!
SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form