サイトを引越しする理由とは?~1、アクセス過多(503エラー)~

このページでは、サーバー移転(サイト引越し)の事例を紹介するとともに、同じ状況に置かれた方に向けて対策を示しています。

今回のサーバー移転事例は、アクセス過多によるサーバーの移転です。

急激なアクセスアップで503エラーの表示が

サイトも順調に育ってきて、アクセスも右肩上がりで増えてきた。「これはイケるぞ!」そう思った矢先、サイトが急に表示されなくなり、

503エラーの表示が、、、

このエラーは、あなたのサイトに訪れたユーザーの数がサーバーの限界値を超えたために、一時的にサイトを表示できない状態を意味しています。

各サーバーにはそれぞれ、さばけるユーザーの数やデータ量が定められており、それを超えると503エラーが起こります。

503エラーは一時的な現象ではあるものの、このエラーが起きている時間帯はサイトが表示出来なくなるため、その分、機会損失することになります。

アフィリエイトサイトであれば本来獲得できたはずの紹介報酬、ECサイトであれば販売の売上、企業のHPであればお問い合わせ件数など、ビジネスチャンスを逃すことになります。

一時的なものか、頻繁に起こるか

そんな503エラー、できることなら避けたいものですが、一度503エラーが起きたからといって「もっと良いサーバーに換えなきゃ!汗」と焦るのは早計かもしれません。

なぜなら、通常時のアクセス数に対しては優に耐えれるにもかかわらず、一時的なアクセスアップのために503エラーが起きた可能性もあるためです。

たとえば、公開した記事が異常にバズって同時閲覧数が急激に高まった、というケースも考えられます。この場合、サーバー復旧後に何日か様子を見て、問題なければそのままでも大丈夫です。

ただし、将来的にサーバー移転が必要になることも考えられるので、「サーバーがどれ程まで耐えられるのか」調べるために、503エラーが出た当日のアクセス解析を確認して、その時間帯のユーザー数をチェックしておくと良いかと思います。

上位プランへの変更で対策できる場合も

また、常時のアクセス数が増加して503エラーが頻繁に起こるような場合でも、サーバー移転が必ず必要というわけではありません。

各サーバー会社では複数の契約プランを用意しているのが一般的ですので、もしあなたが下位プランに契約しているのならば、上位プランに変更することでサーバーの容量を増やし、503エラーを解決できる可能性があります。

たとえば、エックスサーバーのX10プランは月間100万PV程度なら普通に耐えられるのですが、X20プランに換えれば更に限界PV値は高まります。過去に拝見したクライアントさんでは、X30プランで約月間500万PVまでいけた方もいました。

※上記はあくまで一事例です。同じPV数でもデータの転送量や、ユーザーの同時接続数により状況は変わってきます。

ですので、もし503エラーが頻繁に起き、現在契約しているサーバー会社に上位プランがあるのなら、一度上位プランを検討してみると良いかと思います。

表示スピードにも不満がある場合

ただ、中にはユーザーの同時接続数の限界値はとても高いけれど、その代わりサイトの表示スピードが遅いサーバーも存在します。

その場合、確かにサイト自体は表示されますが、常に表示スピードが遅い状態になってしまうため、503エラー時と同じとは言わないまでも、少なからず機会損失している可能性は高いです。

現在Webの世界では、「表示に3秒以上かかるサイトは見られない」と言われるほど、サイトの表示スピードは重視されています。そのため、サイトが表示できる状態にあっても、表示スピードが遅いのであれば、表示できていないのと変わりません。

そういった場合、503エラー対策とサイト表示スピードの改善も兼ねてサーバー移転を検討する必要が出てきます。

参考)WordPressの表示スピードが遅くて移転する場合にお勧めのレンタルサーバー

SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form