サイト引越し屋さん > WordPressの引越し >

エックスサーバーでWordPressのバックアップを取る方法

エックスサーバー

このページでは、エックスサーバーでWordPressを運営中の方に向けて、バックアップを取る方法を解説しています。

※エックスサーバーでは、自動でバックアップを取ってくれるサービスがありますが、そのサービスは有料のため、今回は自力でバックアップを取る方法をご紹介しています。

バックアップ対象は「サーバーデータ」と「データベース」

WordPressの仕組みは「サーバーデータ」と「データベース」の2つから成り立っているため、バックアップする際はこれら2つのデータを取る必要があります。

それぞれ取り方を見ていきましょう。

FTPからサーバーデータをバックアップ

まずは「サーバーデータ」について。こちらはFTPソフトでエックスサーバーに接続してデータをダウンロードします。

FTPソフトの設定についてはこちらを参考に。
>>サイト引越しにお勧めの無料FTPソフト「WinSCP」のインストール方法と設定手順

FTPソフトで設定に用いるアカウント情報は以下の3点になりますが、

  • ホスト名
  • FTPアカウント
  • パスワード

これらはエックスサーバー申込時に送られてくるメールに「FTP情報」として記載されています。

または、エックスサーバーのサーバーパネル「FTPアカウント設定」から新規のFTPアカウントを追加することもできます。

エックスサーバーのFTPアカウント設定

FTPソフトにてエックスサーバーに接続できたら、「対象ドメイン/public_html/」配下を全てダウンロードします。これがサーバーデータになります。

エックスサーバー管理画面「サーバーパネル」からデータベースをバックアップ

データベース」のバックアップについては、エックスサーバーのサーバーパネルから取ることが可能です。手順は以下の通りです。

まずはサーバーパネルから「Mysql設定」に進み、

エックスサーバーのデータベースバックアップ1

次に「Mysqlバックアップ」をクリック、

エックスサーバーのデータベースバックアップ2

最後に、対象のデータベースから「エクスポート実行」を押してください。

エックスサーバーのデータベースバックアップ3

どのデータベースか分からない場合

中にはサイトをたくさん運営しており、「どのデータベースがどのサイトのデータなのか分からない」という方もいるかと思います。

その場合には「wp-config.php」を頼りに対象サイトのデータベース名を調べます。「wp-config.php」ファイルについては、先ほどのサーバーデータの「public_html」直下に保存されています。

その中のデータベース名という所が今回調べたい箇所になります。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘●●●●●●●●●‘);
 ↑
●●●●●●●●●の部分がデータベース名になります。

まとめ

今回はエックスサーバーで運営中のWordPressのバックアップについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

WordPressサイトを運営するにも、サイトを移転するにも、バックアップは非常に重要な役割を担います。

リスクヘッジのためにも、必ず取っておくようにしてください。

役に立ったと感じたらシェアお願いします!