ドメイン変更やSSL化の際に.htaccessで301リダイレクトする方法

301リダイレクト

サイトのドメインが変更になった
サイトを引越しした

そんな時はリダイレクトが必要です。なぜ必要なのかは下記の記事をご参考ください♪

>>サイト引越しでドメイン変更した時にリダイレクトが必要な理由

さて、本記事では、.htaccessを使った301リダイレクトの方法について解説いたします。

301リダイレクトとは

あるドメインから違うドメインに自動転送することをリダイレクトと呼びますが、実はリダイレクトには種類があります。

  • 301リダイレクト
  • 302リダイレクト
  • メタリフレッシュ

これらのリダイレクトは機能としてはさほど変わりませんが、SEO的な視点で言えば301リダイレクトが最適です。

なぜなら、301リダイレクトは恒久的なアドレス変更時に使用するリダイレクトとされているため、Googleにも適切にドメイン変更を伝えることができるからです。

また、この301リダイレクト自体も色々な方法で設定が出来るのですが、その中でも今回は「.htaccess」を使った方法をご紹介いたします。

「.htaccess」を使ったリダイレクト方法

.htaccessのダウンロード

.htaccessの設定をするために、まずはFTPソフトを使いサーバーから該当ファイルをダウンロードしてきます。

FTPソフトによっては.htaccessを隠しファイルとして非表示にしている場合があるので、その場合は「FTPソフト名 .htaccess 表示」などで調べていただき、.htaccessが表示されるように設定しましょう。

すると、こんな感じで表示されます。

ftp-htaccess

また、.htaccessの設定については、レンタルサーバーの管理画面から編集できる場合もあります。その場合には、FTPソフトを使う必要はありません。

.htaccessの編集

.htaccessをダウンロードしたら、エディタソフトを使ってファイルを開きます。開いたのち、最終行に以下の記述を追加し、「旧ドメイン」と「新ドメイン」の部分を書き換えてください。

トップドメインに設定する場合
===ここから===
RewriteEngine on
RewriteBase /
RewriteRule (.*) http://www.新ドメイン/$1 [R=301,L]
===ここまで===

サブディレクトリでの引越しの場合
===ここから===
RewriteEngine on
RewriteBase /
RewriteRule ^(.*) http://www.新ドメイン/ディレクトリ名/$1 [R=301,L]
===ここまで===

ちなみに、wwwなしのドメインの場合、2行目の「www\.」と3行目の「www.」も消してください。

また、レンタルサーバーが貧弱な場合は上記の設定が効かないことがあるので、その場合には下記の記述に置き換えてください。

===ここから===
Redirect permanent / http://www.新ドメイン.com
===ここまで===

こちらも先ほど同様、wwwなしのドメインの場合、2行目の「www\.」と3行目の「www.」を消してください。

httpからhttpsへのSSL化の場合
===ここから===
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
===ここまで===

.htaccessの編集については以上です。

.htaccessのアップロード

.htaccessの編集が終わったら、先ほど同様FTPソフトを使ってサーバーにアクセスし、アップロードにて上書きします。最後は念のため旧ドメインにアクセスし、新ドメインに自動転送されるかどうかお確かめください。

無事に転送されていれば、.htaccessの設定および301リダイレクトの設定は完了です。

役に立ったと感じたらシェアお願いします!
SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form