さくらサーバーでWordPressのバックアップを取る方法
  • WordPress
  • バックアップ
公開日:2019年2月5日 | 更新日:2024年7月18日
サイト引越し屋さん編集部

さくらのレンタルサーバでWordPressバックアップを取る方法

本記事では、さくらのレンタルサーバーでWordPressを運営中の方に向けて、プラグインを使わずに手動でWordPressのバックアップを取る方法を解説しています。

さくらサーバーでは、自動でバックアップを取ってくれるサービスがありません。そのため、WordPressのバックアップは自分で取っておく必要があります。

\WordPressの保守管理を代行しています。/

「WordPressの保守やメンテナンスを代行してほしい」
「WordPressをスピーディーに管理運営したい」

そんなときは私たちサイト引越し屋さんにお任せください。
専門のエンジニアが作業を代行いたします。

>>WordPress保守管理サービス詳細はこちら

バックアップ対象はFTPデータとデータベース

WordPressの仕組みは「FTPデータ」と「データベース」の2つから成り立っています。

これら2つのデータを取得することで、ローカル環境(お手元のPC内)にWordPressを丸ごとバックアップ出来ます。

ここからは、それぞれのバックアップの仕方を解説します。

FTPソフトでFTPデータをバックアップ

まずは「FTPデータ」について。
こちらはFTPソフトでさくらに接続してデータをダウンロードします。

FTPソフトの設定についてはこちらをご参考ください。

FTPソフトで設定に用いるアカウント情報は以下の3点になります。

  • ホスト名(FTPサーバー)
  • FTPアカウント(FTP・WebDAVアカウント)
  • パスワード(FTP・WebDAVパスワード)

さくらのFTPアカウントはサーバー管理画面のログイン情報と連動しています。
さくらのログイン画面

>>さくらのレンタルサーバ管理画面ログインページ
ホスト名:ドメイン名と同じ
FTPアカウント名:「.sakura.ne.jp」より前の部分(ここではsite-hikkoshi)
パスワード:サーバー管理画面へのログインパスワードと同じ

FTPソフトにてさくらに接続できたら、該当ドメイン配下のデータを全てダウンロードします。

phpMyAdminでデータベースをバックアップ

データベース」のバックアップについては、さくらのサーバーパネルからデータベース管理ツールである「phpMyAdmin」にアクセスしてバックアップすることが可能です。

手順は以下の通りです。

phpMyAdminのログイン方法

phpMyAdminの操作方法については後ほど解説しますので、まずはphpMyAdminを操作するために必要な下記の情報を調べていきましょう。

  • データベースユーザー名
  • データベースパスワード
  • (データベース名)
  • (データベースホスト名)

上記のログイン情報は、レンタルサーバーの管理画面で確認いただくか、または、先ほどFTPでダウンロードしたデータの直下にある「wp-config.php」からも確認できます。

wp-config-db

テキストエディタで開くと「wp-config.php」の30~50行目辺りに以下の記述があります。
※エディタがない場合はメモ帳アプリでも開けます。


/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', '●●● データベース名 ●●●');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', '●●● ユーザー名 ●●●');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '●●● パスワード ●●●');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', '●●● ホスト名 ●●●');

これらのうち、さくらではユーザー名とパスワード、ホスト名を使います。

上記のログイン情報が確認できたら、さくらのコントロールパネルにログインしてください。
>>さくらのレンタルサーバ管理画面ログインページ

※ログイン情報を忘れてしまった場合には、さくらインターネットと契約時のメールに記載されています。過去のメールで確認しましょう。

 

コントロールパネルにログイン出来たら、左メニュー「アプリケーションの設定」>「データベースの設定」に進みます。

sakura_phpmyadmin2

データベース一覧の中から該当するデータベースを探し、「管理ツールログイン」をクリックしてください。

sakura_phpmyadmin3

最後に、wp-configに書かれた情報を入力してログインします。

sakura_phpmyadmin4

データベースのバックアップ

ここからはphpMyAdminにログイン後の手順です。

まずは左側のメニューからバックアップを取りたいデータベースを選択します。

さくらでWordPressのバックアップ手順6

次に、上のメニューから「エクスポート」をクリックします。

さくらでWordPressのバックアップ手順7

ここからは細かい設定を2点ほど。まず1点目は、「DROP TABLE / ~」にチェックを入れます。

さくらでWordPressのバックアップ手順8

2点目は、「作成するクエリの最大長」の数字を1000に変更します。

さくらでWordPressのバックアップ手順9

ページ一番下にある「実行」をクリックしてデータベースのバックアップ完了です。

以上の作業にて、WordPressの全データを丸ごとバックアップ出来ました。

バックアップを取る最適な頻度

バックアップを取る頻度についても触れておきます。

どれぐらいの間隔でバックアップを取るかはサイトの更新頻度にもよりますが、最低でも1ヵ月に1回は取っておくと良いでしょう。
週に1回以上の更新がある場合は週一で取得することをお勧めします。

また、定期的なバックアップとは別に、もしサイトを大きく変更したりリニューアルする場合には、実施前にバックアップを取っておき、いつでも復元できる準備をしておくと安心です。

WordPressのセキュリティ対策も忘れずに

今回はさくらで運営中のWordPressのバックアップについて解説しましたが、いかがでしたでしょうか?WordPressサイトを運営するにも、サイトを移転するにも、バックアップは非常に重要な役割を担います。

リスクヘッジのためにも、必ず取っておくようにしましょう(^ ^)

また、データのバックアップ以前に大変重要な作業として、WordPressのセキュリティ対策があります。せっかくバックアップを取ってもウィルスに感染したファイルでは意味がありませんから、WordPressを常に安全な状態に保っておくことも大切です。

\WordPressの保守管理を代行しています。/

「WordPressの保守やメンテナンスを代行してほしい」
「WordPressをスピーディーに管理運営したい」

そんなときは私たちサイト引越し屋さんにお任せください。
専門のエンジニアが作業を代行いたします。

>>WordPress保守管理サービス詳細はこちら

この記事を書いた人

サイト引越し屋さん編集部

日本で最も利用されているサーバー移転&保守代行サービス『サイト引越し屋さん』の中の人です。 サイト引越しに関わる技術情報をはじめ、WordPressやその他のWebサービスに関するノウハウを発信しています。 全日本SEO協会所属。日本ウェブ解析士協会(WACA)所属。

本サイトにてご提供している情報については、最新かつ正確な情報を提供するよう努力していますが、情報の正確性や完全性を保証するものではございません。また、コンテンツには一部プロモーションが含まれております。本サイトの情報を利用することによって生じたいかなる損害に対しても、当社は責任を負いかねます。情報をご利用される際は、ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願い致します。