【徹底解説】WordPressドメイン変更の手順と注意点

ドメイン変更

どうも!WordPress専門のサーバー移転サービス『サイト引越し屋さん』です。WordPressを運用していると、思わぬ出来事でドメイン変更したくなるときがありますよね?!

たとえば、下記のようなケースが考えられます。

  • 無料ドメインから独自ドメインに切り替えたい
  • サイト名やサービス名を変更したい
  • 質の悪いオールドドメインから乗り換えたい …等々。

そんなWordPressのドメイン変更について、WordPress専門のサーバー移転業者の視点から手順を徹底解説いたします。日頃弊社で行なっている方法を公開しますので、是非とも参考にしてください。

※当ページでは作業手順を解説しておりますが、作業の代行を依頼されたい場合は下記のご相談窓口からお問合わせください。
conrtact-form

前提条件

今回のWordPressドメイン変更は以下のような方を対象としています。

  • WordPress内の全てのデータを保持したままデータのドメインのみを変更したい方
  • 同レンタルサーバー内または別サーバーへ移転したい方

一部のネット記事で見られるような、WordPressドメイン変更作業の情報として「WordPressアドレス(URL)とサイトアドレスの変更」がありますが、その記事には十分にご注意して下さい。

上記の方法ではサーバー内データや記事内のドメイン情報は変更とならないため、表示が崩れたりリンク切れを起こす可能性があります。最悪の場合、サイトが表示できなくなる可能性もあるため、大変危険です。

なお、これからご紹介する方法はWordPressに関わる全てのドメインデータを変更できる方法になるので、ご安心ください。

STEP1 ドメイン設定 / ネームサーバー設定

まずはじめに、ドメイン変更後のWordPressを設置するサーバーに新しいドメインを追加・設定してください。その際、ネームサーバーも設定しておきましょう。

なお、WordPressを設置するサーバーは、現状のWordPressが設置されているサーバーでも良いですし、別のサーバーでも問題ありません。

STEP2 現サーバーデータとデータベースの取得

WordPressドメイン変更と聞くと管理画面から簡単にできそうですが、正しくドメイン変更するためには、全体のデータをご自身のパソコンにダウンロードし、ツールを使ってドメインデータを書き換え、新しいドメインが適用された環境に設置し直す作業が必要です。

そのため、まず最初の手順としては現在のサーバーデータ(FTP)データベース(MySQL)をダウンロードしてください。サーバーデータはご自身のFTPソフトにて、データベースはレンタルサーバー提供のPHPMyAdminでダウンロードすると良いでしょう。

現サーバーデータのダウンロード

サーバーデータをダウンロードするには、FTPソフトをPCにインストールしておく必要があります。FTPソフトとは、パソコンとサーバーを繋ぐためのツールです。もしまだインストールされていない場合には、こちらの記事を参考にしてください。

参考)サイト引越しにお勧めの無料FTPソフト「WinSCP」のインストール方法と設定手順

サーバーにアクセスできたら「public_html」や「www」「docs」等のドメインルート配下をすべてダウンロードしていきます。あなたのパソコン上にサーバーデータというフォルダを作り、そこにまとめて格納しておくと良いでしょう。

all-data

サブドメイン型やサブディレクトリ型のWordPressの場合、この領域には「index.php」や「.htaccess」しかありませんが問題ありません。同じようにすべてダウンロードしましょう。サーバーデータのダウンロードが完了したら、念のためサーバー上のデータ数とあなたのパソコン上のデータ数が同じであるか確認しましょう。

参考)FTPソフトでのデータダウンロードが正しく出来ているか確認する方法

現データベースのダウンロード

データベースのダウンロードには、PHPMyAdminというデータベース管理ツールを使用します。

これは多くの場合レンタルサーバーに標準で付いていますので、現在お使いのレンタルサーバー管理画面から探してください。見つからない場合は、「レンタルサーバー名+PHPMyAdmin」で検索するとヘルプページが見つかるかと思います。

なお、PHPMyAdminにログインするためには以下の情報が必要になります。

  • データベース名
  • データベースのユーザー名
  • データベースのパスワード

これら情報を確認するためには、先ほどダウンロードしたサーバーデータの中から「wp-config.php」というファイルを探し、

wp-config.php

Windowsスタートメニューの「アクセサリ」からメモ帳で開くか、エディタソフトなどで開いてください。wp-config.php内には下記のように記されています。

使用するのは「○○」「☓☓」「△△」「□□」の箇所です。

=====
/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘○○○○○○○○○○’);

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘☓☓☓☓☓☓☓☓☓☓’);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘△△△△△△△△△△’);

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘□□□□□□□□□□□‘);
=====

上記の情報をメモしたらPHPMyAdminにログインし、まずは左側のメニューから取得したいデータベースを選択します。

ロリポップでWordPressのバックアップ手順6

次に、上のメニューから「エクスポート」をクリックします。

ロリポップでWordPressのバックアップ手順7

ここからは細かい設定を2点ほど。まず1つ目は、「DROP TABLE / ~」にチェックを入れます。

ロリポップでWordPressのバックアップ手順8

2つ目は、「作成するクエリの最大長」の数字を1000に変更します。

ロリポップでWordPressのバックアップ手順9

以上の設定が終わったら、ページ一番下にある「実行」をクリックしてデータベースの取得は完了となります。

STEP3 データベース(MySQL)を新規追加

ここからドメイン変更作業に入っていきます。まず注意点として移転先サーバーに新規でWordPressをインストールする必要はありません。先ほどダウンロードしたサーバーデータがWordPress本体になりますので、そちらを(後ほど)アップロードすれば問題ありません。

ただし、データベース(MySQL)は新規で立てる必要があります。といっても、レンタルサーバーの標準機能で簡単に作成することができます。ドメイン変更後のWordPressを設置するサーバーの管理画面にて、まずはMySQLデータベースを作成してください。

以下、エックスサーバーとロリポップ、さくらインターネットの場合の管理画面を記載しておきます。その他のレンタルサーバーでも似たような表記になります。

ex xserver
エックスサーバーの場合
ex lolipop
ロリポップの場合
ex sakura
さくらインターネットの場合

また、データベースを作成した際、以下の4点は後で使うのでメモしておいてください。

  • データベース名の設定
  • データベースユーザ名の設定
  • データベースパスワードの設定
  • データベースホストの設定

データベースのインポート

ここからは、先ほど新規で追加したデータベースに移転元からエクスポートしたデータベースを入れ込んでいきます。

まずはエックスサーバーのサーバーパネルから「phpmyadmin」をクリック。

phpmyadmin

するとログイン情報の入力を求められるので、先ほど追加したユーザー情報を入力してOKを押します。

phpmyadmin_login

ログイン出来たら、左側のデータベース一覧から今回データを入れ込むデータベース名をクリックします。

db_choose

データベースが選択できたら、上のタブから「インポート」をクリック。

db_import

インポート画面に進んだら、移転元から取得したデータベース(sqlファイル)を選択し、「実行する」を押します。

db_import_jikkou

インポートが完了しましたと表示されたら元データベースの移行は完了です。

STEP4 サーバーデータの修正とFTPによるデータアップロード

新しいデータベースが用意できたら、新しいサーバーデータの準備です。ここではSTEP2で取得した現サーバーデータに2点修正を加えていきます。それが「wp-config.phpの編集」と「ドメイン修正」です。

wp-config.phpの編集

今回ドメインを変更するにあたり新規でデータベースを立てています。そのため、wp-config.phpに書いてあるデータベース接続情報を修正しておく必要があります。

ここではSTEP3でメモした4つのデータベース情報に基づき、wp-config.phpの以下の部分を書き換えていきましょう。

=====
/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘○○○○○○○○○○’);

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘☓☓☓☓☓☓☓☓☓☓’);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘△△△△△△△△△△’);

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘□□□□□□□□□□’);
=====

ドメイン修正

サーバーデータ全体のドメイン修正作業を行います。サーバーデータの中には現ドメインが記述されているファイルが残っている可能性がありますので、新しいドメインに置換(書き替え)する必要があります。

例)「old-domain.com」を「new-domain.com」に置換(書き換え)

方法はツールを使うことが最も効率的です。例えば、こちらの置換ツール「Devas」を使えば、素早く正確に進めることができます。

>>置換ツール「Devas」のダウンロードはこちらから

Devasとは・・・

あるフォルダ以下のテキストファイルを一括で検索・置換したいときWindows標準の機能がいまいち使えなくて困っている人は多いと思います。「Devas」はそのような場合に使える、多機能で強力なテキスト検索・置換ツールです。

ソフトアンテナブログ様より

ちなみに、「Devas」の使い方についてはこちらの動画が参考になります。

FTPにてサーバーにデータをアップロード

サーバーデータの修正が終わったら、いよいよ新しいサーバーに修正済みのデータをアップロードしていきます。ここではFTPソフトを使って一括アップロードしていきましょう。

アップロード先のフォルダはSTEP2でダウンロードした時同様、「public_html」や「www」「docs」等のドメインルート配下になります。

STEP5 データベースのドメイン修正

それでは最後にデータベースのドメイン修正です。データベースもサーバーデータ同様、現ドメインの記述が残っていますので、それを新しいドメインに置換してあげます。

ただ、ここでの注意点として、ドメインの修正だけでは機能しない点です。データベースに記載されているドメイン情報には、その文字列の長さによって番号が振られています。そのため、sqlファイルをエディタで開いて一括置換する方法は適切ではありません。

それらの点も踏まえ、ツールを使ってドメイン部分と番号部分をまとめて置換します。今回ご紹介するデータベース置換ツールは「Search and Replace for WordPress Databases Script」です。

ダウンロード方法や使い方については、こちらのサイトが参考になります(2番までは既に終わっていますので、「3. 置換ツールのダウンロード」から進めてください)。

>>WordPress移行時にURLをSQLで直接一括置換はダメ!「Search and Replace for WordPress Databases Script」を使おう

STEP6 表示の確認

サーバーデータとデータベースの設置が完了したらWordPressのドメイン変更作業は完了です。最後に新しいドメインにアクセスして表示を確認しましょう。

ここでもしエラーの表示が出る場合、どこかの行程で間違ってしまったか、または「.htaccess」ファイルに余計な記述があって表示を乱している可能性があります。

ドメイン直下にある「.htaccess」を見てたくさんの記述がされている場合には、まずは下記の最低限必要な記述だけにして表示を確認してください。

=====
# BEGIN WordPress
RewriteEngine On

RewriteBase /

RewriteRule ^index\.php$ – [L]

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d

RewriteRule . /index.php [L]

# END WordPress
=====

上記のエラー以外には、データベース接続確立エラーもあります。このエラーが出てしまった場合には「wp-config.php」に記入したデータベース情報が誤っている可能性があります。

その場合には、STEP4サーバーデータの修正「wp-config.phpの修正」を確認してみてください。

リダイレクトをしたほうが良いケース

最後は、ドメイン変更後のリダイレクトについてです。

WordPressのドメイン変更においてリダイレクトするかどうかの基準として、旧ドメインの質が悪い場合にはリダイレクトは辞めておきましょう。悪い評価まで引き継ぐ可能性がありますので、過去のサイトは消したうえで新しいドメインで再スタートするのが安全です。

逆に、旧ドメインの質には問題なく、ただドメインを変える必要があっただけであれば、リダイレクトしておいたほうが良いです。過去のドメイン評価を引き継げるだけでなく、旧サイトのアクセスも新サイトに流すことができます。

リダイレクトによるSEO評価の引き継ぎについて

リダイレクトについては個別記事単位まで設定することで、約80%のSEO評価を引き継ぐことができます。

また、新ドメインに評価が引き継がれるまでの時間は早くて2週間、通常は1ヶ月ほどです。数千記事におよぶ大規模サイトの場合は2ヶ月ほどかかります。

リダイレクトの設定方法についてはこちらを参考に。
>>ドメイン変更やサイト引越しの際に.htaccessで301リダイレクトする方法

WordPressドメイン変更における注意点

WordPressのドメインを変更する際、意外に忘れがちな注意点をいくつか触れておきます。

WordPress以外のページについて

サーバー内にWordPress以外のページ(HTML、PHP、CGIなど)を作っている場合、それらのデータも新しいドメインの適切なフォルダに移動する必要があります。

URL変換ツールに関わるリンク修正

中には、WordPress内の投稿ページや固定ページにおいて、特定リンクのURLを換えてクリック計測をしている場合があるかと思います。その場合には、ツール側のリンク飛び先も新しいドメインに設定しておきましょう。

メールアドレスの引き継ぎ

ドメインが変わるということはメールアドレスも変わりますので、新しいドメインにてアドレスを発行し、メーラー等の設定もしておきましょう。

各種グーグル系ツールの再設定

WordPressのドメイン変更後は、グーグルアナリティクスやサーチコンソールの設定更新または新しいドメインの登録が必要になります。

広告コードの再設定または張替え

サイト内にアフィリエイトコードや外部システムのコードを貼っている場合、ASPやツール側の設定を更新するか、またはコード自体の張替えが必要となります。

まとめ

本日はWordPressのドメイン変更についてお話しましたが、いかがでしたでしょうか?

WordPressのドメイン変更では、旧サイトのデータを残した状態で作業ができるので安心です。いざ作業でミスをしてもデータが残っているので、何度でもチャレンジできます。

ただ、初心者の方には進め方が分かりづらく、作業に不安を感じたかもしれません。そんな時はWordPress専門のサーバー移転サービスである『サイト引越し屋さん』にお気軽にご相談くださいませ。

conrtact-form

役に立ったと感じたらシェアお願いします!
SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form