サーバーの初期ドメインは使わず、独自ドメインを使いましょう。

サーバーの初期ドメインではなく、独自ドメインを使おう!

WordPressをレンタルサーバーの初期ドメインで作ってしまい、困ってはいませんか?

こんにちは、WordPress専門の引越し代行『サイト引越し屋さん』です。
弊社にたまにくるご相談の1つに、初期ドメインに関するものがあります。

初期ドメインとは何なのか?独自ドメインにしたほうがいいのか?
詳しくお話していきたいと思います。

初期ドメインとは

初期ドメインとは、レンタルサーバーと契約した際にもらえるドメインであり、レンタルサーバーの所有物になります。

例えば、エックスサーバーの場合は「●●●.xsrv.jp」ですし、wpXであれば「●●●.wp-x.jp」という初期ドメインがもらえます。
※●●●には自分で決めたIDが入ります。

URLを見ると分かる通り、レンタルサーバーの名称が入っています。
(Web用語でいえば、サブドメイン形式でのURLです。)

初期ドメインでは何が問題なのか?

さて、初期ドメインがどういったものか分かっていただいたところで、次は初期ドメインの問題点について触れたいと思います。

ドメインの権利がレンタルサーバーにある

まずなんといっても一番大きな問題点は、権利(所有権)についてです。

初期ドメインは先ほどもお伝えした通り、レンタルサーバーの所有物です。
そのため、万が一サーバーサービスが終了するようなことになれば、サイトは表示できなくなってしまいます。

また、検索エンジンからの評価(SEO評価)はドメインに対して付くため、サイトが育ってもSEO評価は他人のドメインに付くことになってしまいます。
(SEO評価は資産と同じなので、他人に付くのは勿体ないです。)

サイトイメージ、ブランディングに響く

2つ目の問題点は、サイトイメージやブランディングの点において、初期ドメインでは作り込みが難しいです。

なぜなら、多くの初期ドメインはレンタルサーバーの名称が入ってしまうため、本来付けたいURLと印象が異なる可能性が高いからです。

例えば、もし弊社サイト引越し屋さんのドメインが、現在の「site-hikkoshi.com」ではなく、「site-hikkoshi.xsrv.jp」だとしたら、なんか怪しくないですか?

自分のサイトに合ったURLを付けたいなら、独自ドメインを取得してWordPressに適用すべきです。

サイトを売ることができない

最後の問題は、サイト売却ができない点です。

「え、サイトを売却??」あなたはびっくりしたかもしれません。
ですが、2015年頃からWebサイトの売買は盛んになってきており、特にアフィリエイトサイトは買いたい人が多いです。

ところが、初期ドメインでは所有権がレンタルサーバーにあるため、売却することが出来ません。

せっかくサイトを育てて価値を高めたとしても、売却するという選択肢が使えなくなってしまうのです。

これは勿体ないですよね。

初期ドメインでサイトを作ってしまった場合の対処法

それでは最後に、初期ドメインでサイトを作ってしまった場合の対処法についてお話しておきます。

結論からいうと、
初期ドメインで作ったサイトは独自ドメインに切り替えましょう!

初期ドメインでの運用歴が短ければSEO評価もまだあまり溜まっていません。
また、リダイレクトによってある程度SEO評価の引き継ぎも可能です。

そのまま初期ドメインを使っていては自分の所有物ではありませんし、レンタルサーバーのサービスが終了したらサイトも表示されなくなります。
そんな事態を避けるためには、独自ドメインへの変更がお勧めです。

WordPressのドメイン変更に関する詳しい手順はこちらで解説しています。

または、ドメイン変更作業を外注されたい場合、サイト引越し屋さんで代行することも可能です。お気軽にご相談くださいませ。

conrtact-form

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。