ホームページリニューアルでドメインはそのままにするべきか※注意点も解説します

ホームページリニューアル ドメイン そのまま

ホームページをリニューアルする際には「今のドメインをそのまま使い続けるか」迷うことがあります。

  • 今のドメインをそのまま引き継いでも問題ないのか
  • サイトの中身はそのままでドメインだけを変更できるか知りたい
  • どのようなときにドメイン変更したほうがいいのか教えてほしい

今回の記事では、2000件以上のご相談を受けてきたサイト引越し屋さんが、ホームページのリニューアルにおいて「ドメインをどうするべきか」解説していきます。

これからホームページのリニューアルを控えている人の参考になれば幸いです。

ホームページのリニューアルでドメインの引き継ぎは可能(そのまま使えます)

まず前提として、リニューアルの内容を確認しておきます。

  1. サイトの中身はそのままで、周りのデザインだけを変更する
  2. サイトに新しい機能を追加する
  3. 社名やサービス名を変更して別の事業を行う

などによって、ドメイン変更の必要性は変わってきます。

①と②の場合は、基本的にホームページのリニューアルでドメイン名を変更する必要はありません。今までの独自ドメインをそのまま使用できます。③の場合は、ドメイン名の変更も検討したほうが良いケースです。

※ちなみにホームページの管理会社やレンタルサーバーを変更する際は、ドメインまで変更する必要はありません。

ホームページのリニューアルでドメインを引き継いで使う3つのメリット

ホームページのリニューアルにおいて、ドメインをそのまま引き継いで使用するメリットは次の通りです。

  • 現在のドメインやメールアドレスが使用できる
  • SEO評価をそのまま引き継げる/li>
  • コストを削減できる

それぞれ確認していきます。

1.現在の独自ドメインやメールアドレスをそのまま使用できる

一つ目のメリットは、WebサイトのURLをそのまま使い続けられるところです。

https://〇〇〇.com

独自ドメインとは、上記URLの太字になっている部分を指します。

〇〇〇のところは、ドメインを購入する際に好きな文字列を指定できます。※すでに取得時に使用されている文字列だった場合は、使用できません。

たとえば、サイト引越し屋さんのURL(https://site-hikkoshi.com/)で説明すると、

site-hikkoshi.com:独自ドメイン

https://site-hikkoshi.com/:サイトURL

こういった形になります。

また、メールアドレスは以下のように独自ドメインを引用するケースが多いです。

〇〇〇@site-hikkoshi.com

したがって、独自ドメインを変更するとメールアドレスも併せて変更しなければいけません。メールアドレスを使用していたサービスやビジネスでの取引先への連絡が必要になりますね。

さらにメールアドレスの移行では、メールサーバーの切り替え作業が必要になります。メールアドレスの移行に関しては、こちらの記事で紹介しています。

もちろん、そのまま同じ独自ドメインを使い続けていればそういった作業は発生しません。

2.SEO評価をそのまま引き継げる

SEO評価をそのまま引き継げる点も大きなメリットです。

ドメインを変更してホームページのリニューアルすると、今までせっかく積み重ねたドメインの評価を受け継げません。ドメインを継続して使っていれば、余程のことがない限りSEO評価がリセットされることはありません。

もし、現在のホームページにコンテンツ(ページ)を多く追加していて一定のアクセス/集客がある場合は、ドメインはなるべくそのまま使い続けたほうが良いでしょう。

3.作業コストを削減できる

ドメインをそのまま使っていれば、余計な作業コストがかかりません。

  • 取引先やユーザーへの連絡
  • URLが記載されている書類の更新
  • メールアドレスの再設定
  • 登録内容の変更
  • ホームページ内で使用しているツールの再設定

などの面倒な作業が不要になります。金銭的コストだけでなく、時間的コストも節減できます。

ホームページのリニューアルでドメインを変更する場合(ドメイン名だけの変更も可能)

ホームページのリニューアルに伴って、ドメイン名を変更するケースは次のような場合があります。

  • 社名を変えたい
  • サービス名を変えたい
  • 事業内容を変えたい

いずれの場合も、ドメイン名の変更が検討されるはずです。

もちろん、現在のサイトの中身はそのままで、ドメイン名だけを変更することは可能です。ただし、面倒な作業が発生するので、内容については事前に調べておきましょう。

こちらの記事では、WordPressを使ったサイトのドメイン変更の手順や注意点を解説しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

注意点①:ドメイン名を変えるとドメインパワーもリセットされる

ドメイン名を変えると、新規のドメインで運営をスタートすることになります。そのため、今までのSEO評価(ドメインパワー/ドメインエイジ)がリセットされます。

新しくGoogleに認識してもらうためには、一定の時間がかかります。

旧ドメインからのSEO評価を引き継ぐには、リダイレクトという方法があります。新しいドメインへ評価が引き継がれるまで2週間ほどの時間がかかります。

注意点②:被リンクの効果がなくなってしまう

変更する前の旧ドメイン名でもらっていた被リンクの効果がなくなる可能性があります。

ドメインを変更すると、URLが今までと異なるのでうまくリンクできなくなるからです。せっかくの被リンク効果が無くなってしまいます。

もし、外部からの効果的な被リンクをもらっているのであれば、先ほど紹介したリダイレクトの対応は済ませておいたほうが良いでしょう。

注意点③:ドメイン変更するとGoogleのツールを再設定する必要がある

Googleアナリティクスやサーチコンソールを使用しているなら、各ツールの再設定が必要になります。

再設定の手順については、こちらの記事を参考になるはずです。

いずれもそこまで面倒な作業ではありませんので、忘れずに済ませておきましょう。

ホームページリニューアルでドメイン移管する必要性

ホームページをリニューアルするタイミングで、ドメイン移管の必要性を確認しておきましょう。

ドメイン移管とは、現在のドメインを管理している会社(ドメインレジストリ)を他の会社へ移すことを言います。

代表的なドメイン管理会社には、お名前.com、ムームードメイン、バリュードメイン、ウルトラドメイン、スタードメインなどがありますね。

ドメイン移管することで得られるメリットは、「年間の管理費を抑えられる」、「他のドメインと一括して管理できる」などが挙げられます。

ドメイン移管に興味がある場合は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

ホームページリニューアルでサーバーを移転する必要性

ホームページをリニューアルで、サーバーの乗り換えを考えても良いかもしれません。

サーバーを移転することで得られるメリットは、「年間のコストを抑えられる」「ホームページの表示スピードがアップする」「サポートが充実している」などが挙げられます。

現在契約しているレンタルサーバーで、

  • サイトの表示スピードが遅い
  • 管理画面がわかりづらい
  • サポート体制に不安がある
  • 頻繁にサーバーが落ちる(メンテナンスが多い)

などの不満がある場合は、ホームページのリニューアルのタイミングで新サーバーへの引越しを考えてみても良いと思います。

サーバーの移転は自力で行うことも可能ですが、手間や時間がかかります。ご自身での作業に不安がある場合は、弊社までご相談くださいませ。
>>サイト引越し屋さんに相談してみる

まとめ:ホームページリニューアルでドメイン移管やサーバーの見直しも

サイトのリニューアルでは、ドメイン変更するかどうかで作業の負担は大きく変わってきます。

基本的にサイトの設計を変更する場合は、ドメイン変更は不要です。

  • サイトのデザインを変える
  • 新しい機能を追加する

それに対して、サイトリニューアルでドメインの変更が必要な場合は次のようなケースです。

  • 社名を変える
  • サービス名を変える
  • 事業内容を変える

ドメイン変更の必要性はサイトリニューアルの内容によって違います。
やはり社名やサービス名変更など会社の事業内容を大きく変えていく場合は、ドメインの変更も一緒に検討するケースが多いでしょう。
また、ドメイン移管やサーバー移転に関しては、コスト削減やサイトの表示速度を上げたい場合に一緒に検討すると良いですね。

\サイト引越し屋さんでは「ドメイン移管」「サーバー移転」を代行中/

「サーバー移転やドメイン移管を自力で行うのが不安」

「会社の公式サイトなので失敗できない」

「自分たちで作業を行う余裕がない」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。経験豊富なエンジニアがあなたに代わって面倒な作業を代行します。

>>無料ご相談窓口はこちら

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。