【徹底解説】MovableTypeからWordPress移行手順

MovableType7

MovableType(MT)からWordPress(WP)への移行でお困りのことはないでしょうか?

「Web制作業者に委託してMovableTypeでホームページを作ったものの、解約するとなった際にMovableTypeを引き渡してもらえない。
ならいっそのことWordPressに移行しよう!

こんなご相談が弊社にもたくさん寄せられてます。私たちサイト引越し屋さんでは毎月のようにMovableTypeからWordPress移行のご依頼を受けており、困っている方が多くいらっしゃるようです。

そこで本記事では、Webにあまり慣れていない方でも自力でWordPress移行できるよう、MovableTypeからWordPress移行の手順を解説いたします。

当ページでご紹介している方法はWebに慣れていない方でも自力で出来るよう一部の作業を簡略化しております。完全な作業で進めたい場合や、ご自身で作業することに不安を感じる方は無料でお気軽にご相談ください(^ ^)

conrtact-form

STEP1 移行先環境の準備

MovableTypeからWordPress移行するためには、まず移行先の環境を準備します。必要なのは「レンタルサーバー」と「独自ドメイン」です。

レンタルサーバーの契約

xserver
WordPressを使用するためには、サーバーの契約が必要になります。WordPressの使用が可能なサーバーはたくさんありますが、オススメはエックスサーバーです。

エックスサーバーは、ページの表示速度が早くサーバーの安定性も高いこと、独自SSLが無料で使えて月額料金もお手頃であることから、多くのサイトで利用されています。

管理画面がわかりやすく、WordPressを簡単にインストールすることができるのもエックスサーバーをオススメする理由の一つです。

独自ドメインの契約

続いて独自ドメインの契約です。ちなみに、ドメインとはサイトのURLのことです。

MovableTypeからWordPress移行では、元々のドメインを譲ってもらえないケースが多く、新しくドメインを契約してサイトを公開し直します。今回もその前提で話を進めています。

独自ドメインの取得はお名前.comがお勧めです。お名前.comにて独自ドメインを取得できたら、レンタルサーバーにネームサーバーを向けてあげましょう。

稀なケースではありますが、元々の独自ドメインを譲ってもらえる場合には、一旦レンタルサーバーのサーバードメインにてテストサイトを構築し、その後にネームサーバーを新サーバーに向けたうえでWordPressのドメイン変更を行いましょう。

STEP2 MovableTypeデータの取得

移行先環境の準備ができたら、早速MovableTypeのデータを取得します。ここで取得するデータはサイトのバックアップの役割もありますので、WordPress移行が完全に完了するまでしっかり残しておきましょう。

取得するデータは「記事データ」と「画像データ」の2つです。

記事データのエクスポート

MovableTypeでの記事のエクスポートはダッシュボードから対象となるブログを選択後、左のツールバーから「ツール」>「記事のエクスポート」から可能です。ただし、MovableTypeのウェブページに関しては一括でエクスポートが出来ないため、あとで手作業で移行する必要があります。

このとき、あらかじめ対象のブログを選択後にツールを選ばないと記事のエクスポートが出現しませんので、ご注意ください。

画像データのダウンロード

画像データについては、FTPソフトでサーバーに繋ぎ、サイト内の画像を一式ダウンロードします。FTPソフトの使用方法については下記をご参考ください。

※FTPアカウント情報については、現サーバー管理者に確認する必要があります。

STEP3 WordPressのインストール

MovableTypeからデータを取得できたら、次は移行先のWordPressを準備します。まずはサーバーの管理画面からWordPressをインストールしましょう。インストール手順は下記の記事をご参考ください。

STEP4 WordPressの初期設定

WordPressがインストールできたら、初期設定をします。順に見ていきましょう。

一般設定

wordpress1-1

まずWordPressのダッシュボードにログインしましょう。
「設定」→「一般」の順に選択します。

wordpress1-2

一般設定ページでは、以下のものを設定することができます。

  • サイトのタイトル
  • キャッチフレーズ
  • WordPressアドレス
  • サイトアドレス
  • メールアドレス
  • メンバーシップ設定
  • サイトの言語設定
  • タイムゾーンの設定

サイトのタイトルはMovableTypeで使用していたものを入力しましょう。キャッチフレーズは、サイトの内容を表現するものを入れます。狙っている検索キーワードがあれば入れておくと良いです。

WordPressアドレスとサイトアドレスは、基本的に同じURLを設定しておきましょう。(※自動で入力されています)

メールアドレスは、ブログにコメントがついた時などに通知を受け取るためのアドレスです。

メンバーシップ設定は、WordPressを複数のユーザーで使用する際に個別にIDやパスワードを発行したり、編集等の権限を制限したりするためのユーザー管理機能設定ですので必要な場合は設定しておきましょう。

タイムゾーン設定は、外国向けのサイトでない限り、デフォルトのままでOKです。

パーマリンク設定

wordpress1-3

次に、管理画面の「設定」→「パーマリンク設定」からパーマリンク設定を行います。パーマリンクとは、ページごとに個別で設定されるURLのことで、サイトドメイン以下の部分を設定することをパーマリンク設定といいます。

MovableTypeからWordPressに移行する際は、MovableTypeで作成した記事のドメイン評価を引き継ぐためにカスタム構造を選択し、MovableTypeの形式に合わせて設定するようにしましょう。

デフォルトのパーマリンクで対応できない場合には、「Custom Permalinks」というプラグインを使用して自由に設定することも可能です。

テーマ設定

WordPressではテーマを選択することで、サイトを好みのデザインに変更することができます。

WordPressには、無料のものから有料のものまでたくさんのテーマがあります。MovableTypeで作成したサイトのデザインに近いテーマを見つけて、インストールするといいでしょう。

▼ダッシュボードからテーマをインストールする方法

管理画面から「外観」→「テーマ」→「新規追加」を選択します。

wordpress1-4

ここでテーマを選んでインストールすることも可能ですが、既にテーマを他サイトからインストールして持っている場合は「テーマのアップロード」を選択し「ファイルを選択」からローカルフォルダにあるテーマファイルを選び「今すぐインストール」でテーマをインストールします。
※テーマファイルはzip形式でアップロードしてください。

インストール終了後、「有効化」をクリックすればテーマが反映されます。

▼FTPソフトでテーマをインストールする方法
FTPソフトでテーマをインストールする場合は/wp-content/themes/の直下に、解凍したテーマファイルをアップロードしてください。

その後、WordPressの管理画面から「外観」→「テーマ」に移動すると、FTPソフトでアップロードしたテーマが追加されていますので「有効化」をクリックしてテーマを反映させましょう。

なお、この時点でサイトの完成イメージが湧かない場合や、テーマ選定で悩んでしまう場合には、一旦この先の工程に進んでしまっても大丈夫です。テーマは後からでも変更可能です。

ヘッダーバナーの設定

wordpress1-5

「外観」→「ヘッダー」を選択します。

wordpress1-6

「新規画像を追加」→「ファイルを選択」→ヘッダーバナーを選んで「開く」→「選択して切り抜く」→サイズを調整したら「画像切り抜き」→「公開」

使用するテーマによって多少、設定方法は異なりますが、基本的には上記の流れでヘッダーバナーを変更することが可能です。

サイドバーの設定

初期設定のサイドはサイドバーの設定です。サイドバーの設定変更はWordPress管理画面の「外観」>「ウィジェット」から行えます。

STEP5 WordPressへのデータ入れ込み

WordPressの初期設定が完了したら、次はいよいよデータ移行作業です。最初に取得した「記事データ」と「画像データ」、それからMovableType内の「ウェブページ」を移行します。

記事データのインポート

エクスポートが完了したら、次はWordPressへの記事のインポートを行います。

ここでは、MovableTypeからエクスポートしたブログページのデータを使います。

WordPressは親切なことにMovableTypeからのインポートがデフォルトの機能として用意されていますので、管理画面の「ツール」>「インポート」へと進み、MovableTypeとTypePadの下部にある今すぐインストールを選択してください。

無事インストールが完了すると、そのままインポート画面へと進むことが出来ます。

インポート画面では先程ローカルに保存したエクスポートファイルをアップロードし、インポートを行います。

インポート後は記事の作成者を元の記事データに合わせるか、現在インポートを行っているユーザーに統一するかの選択が現れます。特に拘りがなければ、インポートユーザーを選択すれば問題ありません。

画像データのアップロード

次は画像データの移行です。ここでは、MovableTypeの画像データをダウンロードした時と同様、FTPソフトを使って移行先サーバーのドメイン配下にアップロードします。

エックスサーバーの場合のFTP接続方法は下記が参考になります。

エックスサーバーに移行する場合には、「ドメイン名/public_html/」の直下に画像データ一式をそのままアップロードしてください。

ウェブページの手動移行

MovableTypeのウェブページに関しては、一括でエクスポート出来ないため全て手動で移行する必要があります。MovableTypeの管理画面から個々の記事編集画面を開き、WordPressの新規固定ページ追加から移行していきましょう。

移行した固定ページをヘッダーメニューに追加したい場合は、「外観」>「メニュー」から追加可能です。

これにてデータ移行作業は完了です。

STEP6 入れ込みデータの調整

最後に、移行したデータの調整を行います。移行データ内のURLが旧ドメインのままになっているはずなので、置換プラグイン「Search Regex」を使って書き換えます。

「Search Regex」プラグインをインストール後、「ツール」→「Search Regex」を選択。

「Search pattern」の中に古いドメイン名を入力し、「Replace pattern」に新しいドメイン名を入力。下の 「Replace」ボタンを押す。この時点ではまだ保存されません。

置き換わったドメインがハイライト表示されるので、どれか一つをブラウザで開き、表示を確認。問題なければ「確定」する。下の「Replace & Save」ボタンを押す。

これにてデータ調整も完了です。

WordPress移行後はバックアップも忘れずに!

Webサイトを安全に運営していくうえで大事なことの1つにバックアップがあります。バックアップとは、Webサイトのデータを手元に保存しておくことです。

WordPressはWebシステムですから、サーバーの環境によって誤作動が起きたり、間違ってサイトを壊してしまうこともあります。そんな時にバックアップがあればサイトを復旧可能です。

詳しくはこちらを参考にバックアップを行うようにしてください。

まとめ

以上、MovableTypeからWordPressへの移行手順を解説でした。いかがでしたでしょうか?MovableTypeのデータはWordPress側がサポートしているため、他のCMSや無料ブログと比べ、比較的スムーズに移転が可能です。

とはいうものの、初めての作業で不安だったり、本業で作業時間が取れない方も多くいらっしゃることと思います。そんなときは私たちサイト引越し屋さんのような代行業者を利用してみてもよいかもしれません♪

無料ですので、お気軽にお問い合わせくださいませ(^ ^)
conrtact-form

役に立ったと感じたらシェアお願いします!
あなたはWordPressの引越しで
お困りではないでしょうか?!
  • ・WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • ・無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form
SNSにて最新の情報を発信しております。