サイト引越し屋さん > その他システムからWordPressへの移行 >

Movable TypeからWordPressへ引越す方法

Wordpressのテーマ自作をお勧めできない理由

先日シックス・アパート社が提供するCMSプラットフォーム「Movable Type」からWordPressへ記事データを移行する機会がありました。

ネット上には利用者数の関係からか、あまり情報が落ちていなかったので、備忘録も兼ねて移転の手順を解説しようと思います。

記事データのエクスポート

まずはじめに記事データをエクスポートし、ローカルに保存する必要があります。

Movable Typeでの記事のエクスポートはダッシュボードから対象となるブログを選択後、左のツールバーからツール>記事のエクスポートへ進むことで可能です。

この時予め対象のブログを選択後にツールを選ばないと記事のエクスポートが出現しませんので、ご注意ください。

WordPressへのインポート

エクスポートが完了したら、次はWordPressへの記事のインポートを行います。

WordPressは親切なことにMovable Typeからのインポートがデフォルトの機能として用意されています。

したがってツール>インポートへと進み、Movable TypeとTypePadの下部にある今すぐインストールを選択してください。

無事インストールが完了すると、そのままインポート画面へと進むことが出来ます。

インポート画面では先程ローカルに保存したエクスポートファイルをアップロードし、インポートを行います。

インポート後は記事の作成者を元の記事データに合わせるか、現在インポートを行っているユーザーに統一するかの選択が現れます。こちらはご自身のブログに合わせて選択を行ってください。

固定記事の設定

こちらはサイトのレイアウトにもよりますが、もしトップページに特定の記事を固定して表示したい場合は固定記事の設定が必要となります。

固定記事の設定はWordPressの左のツールバーから設定>表示設定と遷移し、ホームページの表示の固定ページにチェックを入れ、トップページと記事ページでそれぞれどの投稿記事を固定で表示するかを選択してください。

まとめ

ここまでMovable TypeからWordPressへの記事の移転の手順を解説しました。

Movable TypeはWordPress側がデフォルトでインポートをサポートしているため、他のCMSや無料ブログと比べ、比較的スムーズに移転が可能と思われます。

しかし、新しいサーバーへの移転は一定のリスクが伴うため、必ずバックアップや可能であれば事前のテストを行うことをおすすめします。

バックアップとテストサイトの重要性については以下の記事にも詳しく解説してありますので、ご参照ください。

>>サイト引越し(サーバー移転)前にバックアップが必要な理由

>>サイト引越しでテストサイトを用意しておく理由とその重要性

役に立ったと感じたらシェアお願いします!