PHPMyAdminでMysqlデータベースをエクスポート・インポートする方法とその手順

PHPMyAdmin

WordPressの引越しではサーバーデータとデータベースの移動が必要になります。その2つの作業の内こちらのページでは、WordPressのデータベースとなるMysqlデータベースの移転方法とその手順について解説しています。

データベースを移転するために

WordPressのデータベースとなるMysqlデータベースを移転するためには、PHPMyAdminというデータベース管理ツールを利用します。多くのレンタルサーバーではPHPMyAdminが標準で装備されておりますが、もし無い場合には自力でインストールする必要があります。

インストール手順につきましては、お名前.comさんの記事が参考になります。
外部)1.phpMyAdmin導入の事前準備

PHPMyAdminのログイン方法

この後PHPMyAdminの操作方法について触れていきますが、その前にPHPMyAdminへのログイン方法を確認いたします。

PHPMyAdminへログインするには以下の情報が必要です。

  • Mysqlユーザー名
  • Mysqlパスワード
  • (Mysqlデータベース名)

上記のログイン情報は、レンタルサーバーの管理画面で確認いただくか、または、FTPソフトでサーバーに接続しルートドメイン直下にある「wp-config.php」からも確認できます。ちなみに、「wp-config.php」には以下のように記述されています。

===
/** WordPress のデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘データベース名’);

/** MySQL のユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘ユーザー名’);

/** MySQL のパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘パスワード’);
===

Mysqlデータベースのエクスポート方法

PHPMyAdminにログインしたら左側の項目からデータベースを選択し、データの一覧が表示されている画面上で「エクスポート」をクリックします。

export-mysql-1

エクスポートの設定画面に移動したら、以下の2点を設定してください。

  • 「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加」にチェック
  • 作成するクエリの最大長を「1000」に変更

export-mysql-2

なお、サイトの規模が大きく数百記事~数千記事に及ぶ場合には、圧縮形式を「zip形式」でエクスポートしておくことをお勧めします。

Mysqlデータベースのインポート方法

最後に、先ほどエクスポートしたMysqlデータのインポート方法です。まずは先ほどと同じ要領で移転先サーバーのPHPMyAdminにログインし、今度は「インポート」をクリックします。

import-mysql-1

インポート設定の画面に移動したら画面上部の「参照」ボタンをクリックし、先ほどエクスポートしたファイルを選択します。それが終わったら画面右下の「実行」ボタンをクリックします。

import-mysql-2

実行ボタンを押し、「インポートは正常終了しました。○○○○個のクエリを実行しました」という表示が出たら、正常にインポートが完了です。

import-mysql-3

まとめ

以上、PHPMyAdminでMysqlデータベースをエクスポート・インポートする方法とその手順になります。少しでも参考になれば幸いです。

なお、上記の方法にてうまくいかなかった場合は以下もご参考ください。

>>データベース(MySQL)データをエクスポートできない時の対処法
>>PHPMyAdminによるMysqlデータベースのインポートエラー主要原因5例

役に立ったと感じたらシェアお願いします!
SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form