サイト引越し屋さん > WordPressの引越し >

PHPMyAdminによるMysqlデータベースのインポートエラー主要原因5例

データベースをインポート出来ない

WordPressの引越し作業において、移転先のデータベース(Mysql)にデータをインポートしようとするとエラーを起こすケースがあります。

そういったケースに初めて出くわすと焦ってしまうものですが、実はいくつかの原因で大別されるのがほとんどです。

そこで本日は、PHPMyAdminを使ってMysqlデータベースにインポート出来ない主要原因となる5つの理由をご紹介していきたいと思います。

その1:余計な文字列が入っている

旧サーバーのデータベースからデータをエクスポートし新サーバーのデータベースにインポートする際、データの中身を触るなどして余計な文字列が混入してしまった場合、インポートでエラーを起こすことがあります。文字列の他にも、全角スペースなど。

その他には、旧データベースからエクスポートする際に、自動で不要な構文(データベースに関する記述)が追加されるケースもあります。代表的なのは「CREATE DATABASE」です。

この構文は、「データベースがないなら新しく作りなさい」という指示を出すものです。なので、既にデータベースが存在しているところに上記の構文が混じったデータをインポートしようとすると、エラーを起こします。

その場合には、CREATE DATABASEに続く1文を削除してインポートし直しましょう。

その2:文字コードが識別できていない

古いバージョンのデータベース(Mysql)からデータをエクスポートする場合、データに使われている文字コードが古い可能性があります。その場合、移行先のデータベースと噛み合わずエラーを起こすことがあります。たとえば、以下のようなエラー文です。

Unknown character set: ‘utf8mb4’

この場合には、旧データベースの文字コードを新データベース側の文字コードに合わせるか、または、エクスポートしたデータを直接編集し文字コードを書き換えてあげる必要があります。

その3:データが大き過ぎてアップロード上限にひっかかる

記事数が多いWordPressの引越しに起こりがちなのが、データのアップロード上限に引っかかるパターン。

この場合、サーバー側の設定でアップロード上限の設定を引き上げるか、または、ツールを使用してデータベースをインポートする方法が考えられます。

サーバーの設定に関しては、自由に設定できるサービスとそうでないサービスがあるので、無理そうなら早々にツールを使用することをお勧めします。

その4:データが大き過ぎてタイムアウトを起こす

先ほどのケースに似たケースとして、1つのテーブルに入っているデータ量が多過ぎてタイムアウトを起こすパターンです。

データベースはデータの種類毎に分けられており、その1つ1つをテーブルと呼びます。仮に全体のデータ量がアップロード上限に引っかからずとも、1つのテーブルのインポート上限に引っかかるとエラーを起こします。

この場合には、先ほど同様にサーバーの設定を変更する必要があります。今度はアップロード上限ではなく、サーバーがタイムアウト判定をするまでの時間を長く設定してあげます。

そうすることでタイムアウトせずインポート可能です。

その5:エクスポート時に必要な設定を忘れている

最後はエクスポート時の設定によるエラー例です。

旧データベースからデータをエクスポートする際に『DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドを追加する』という項目があるのですが、こちらをチェックしておかないとインポート時にエラーを起こすことがあります。

その場合には、旧データベースで上記項目にチェックを入れたうえでデータをエクスポートし直してください。

以上、Mysqlデータベースのインポートエラー例5つでした。

役に立ったと感じたらシェアお願いします!