データベース(MySQL)データをエクスポートできない時の対処法

データベース(MySQL)

Webサイト移転の際にデータベースを使用しているサイトの場合は、そのデータも含めて移転する必要があります。

通常はphpMyAdminのエクスポート機能を使用いたしますが、場合によっては上手くエクスポートが出来ない場合や途中でエラーが発生することもあります。

この記事では代表的なエクスポートエラーについて、その対処法を記載します。

\【PR】サイト引越し屋さんにて「サーバー移転作業」を代行中/

「データベースの取り扱いで行き詰ってしまった。」
「サーバー移転作業を丸ごとお願いしたい。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
プロのエンジニアがあなたに代わって作業を代行いたします。

>>無料お問い合わせ窓口はこちら

不要なデータを削除する

前提としてデータベースのエクスポートでエラーが起きる場合、そのデータベースのデータ容量が大きいほどエラーが起きる確率が上がります。

エクスポート時の処理の負荷や時間がかかる分、通信にも圧迫がかかるなど、様々な要因があります。可能であればなるべくデータの容量を減らしましょう。

まず、エクスポート前にどのようなデータが存在するかを確認しましょう。データベースの設定によっては過去の古いデータがずっと残っていたり、バックアップデータが残っている場合もあります。

非公開にして忘れ去られているようなデータがずっと残っているかもしれません。

基本的に無駄なデータが残っていればそれだけ容量も大きくなりますし、処理にも負担がかかります。どうしてもとっておきたいのであれば、dumpデータなどで保存用データとして保持し、データベース上から消し去ってしまう手法もあります。

テーブルごとにエクスポートする

こちらもデータ容量の問題と関連しますが、一度に全てのデータをエクスポートするとエラーが起きる場合は、テーブルごとに分割してエクスポートすると良いです。

1つのテーブルに多くのデータが集中している場合は別ですが、テーブルで分割してエクスポートすることで一回一回のエクスポートデータのサイズや処理の負荷を減らすことが可能です。

エクスポートファイルをサーバー上に出力する

通常エクスポートする際はそのエクスポートファイルをそのままブラウザでダウンロードする設定でエクスポートすることが多いですが、設定を変更することでサーバー上に直接出力することが出来ます。

サーバー上に出力した後に、FTPツールを使用しサーバーから直接ローカルにダウンロードすることで、エラーを回避できるケースもあります。

まとめ

エラーに気づかずエクスポートが無事にできたと思っていると、いざインポートする際にデータが不完全な状態であったり、壊れた状態になっていることがあります。

エクスポート時には必ずファイルが壊れていないか、サイズがおかしくないかチェックしましょう。

場合によってはphpMyAdminを使用せず、直接サーバーに入り、コマンドを叩かなければいけないケースもあります。

利用しているサーバー環境に合わせて対応していくようにしてください。

\【PR】サイト引越し屋さんにて「サーバー移転作業」を代行中/

「データベースの取り扱いで行き詰ってしまった。」
「サーバー移転作業を丸ごとお願いしたい。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
プロのエンジニアがあなたに代わって作業を代行いたします。

>>無料お問い合わせ窓口はこちら

SNSでシェア!
\【PR】WordPressに関するお困りごとはないですか?/
サイト引越し屋さんでは、WordPressのサーバー移転をはじめ、
WordPressに関わる様々なお困りごとを解決しています。

  • ・WordPressの表示スピード改善
  • ・WordPressの常時SSL化
  • ・WordPressのセキュリティ対策
  • ・WordPressのバージョンアップ

その他、WordPressに関するお困りごとがございましたら、
こちらからお気軽にご相談くださいませ。

conrtact-form
SNSにて最新の情報を発信しております。