WordPress引越しでリダイレクトが必要な3つのケース

ワードプレスのリダイレクト

WordPress引越しではリダイレクトは必要なの?」そんな疑問を抱えてはいませんか?

ドメイン変更やURLのない通常のWordPress引越しでは、リダイレクトは必要ありません。移転とともにドメインが変更となったり、サイト内の構造が変わる場合にリダイレクトが必要になります。

以下では、更に詳しくケースを見ていきましょう。

リダイレクトが必要なケース

WordPress引越しでリダイレクトが必要になるのはいかの3つのケースです。

  • サイト全体のドメインが変わるWordPress引越し
  • サイトの一部リニューアル(ドメインは同じでも各ページURLに変更がある場合)
  • ディレクトリ転送(カテゴリーのURLが変更になる場合)

上記のような場合に、リダイレクトの設定を行う必要があります。

サイト全体のドメインが変わるWordPress引越し

最も分かりやすいリダイレクトの例は、サイト全体のドメインが変更となるケースです。

サイト全体のドメインが「sample.com」から「exsample.com」に変わるなどの場合、旧ドメインから新ドメインにリダイレクトしてあげる必要があります。

参考)WordPressをドメイン変更する場合の手順

サイトの一部リニューアル(ドメインは同じでも各ページURLに変更がある場合)

WordPressの引越しに合わせて記事のURLも変更したい場合、記事単位でのリダイレクトをしてあげる必要があります。

この場合、プラグインを利用するのが便利です。ドメイン変更などサイト全体に関わるリダイレクトの場合、サーバー全体にリダイレクトの設定をかけたりしますが、個別の記事単位であればプラグインで十分に対応可能です。

ディレクトリ転送(カテゴリーのURLが変更になる場合)

個別の記事だけでなく、カテゴリーURLを変更する場合もリダイレクトが必要です。カテゴリー単位のリダイレクトの場合にも、プラグインがお勧めです。

まとめ

以上、WordPress引越しでリダイレクトが必要な3つのケースでした。

どのケースも共通していることとして、URLが変更になる場合にリダイレクトが必要ということです。これだけを覚えておけば間違いありません。

また、WordPress引越しと聞くとレンタルサーバー自体も変更になるイメージですが、今回ご紹介した3つのケースであれば、同一サーバー上で実施する事例も多いです。

リダイレクトはサイトのSEO評価に関わる重要な作業なので、是非とも忘れないようにしてください。実際のリダイレクト設定についてはこちらの記事をご参考ください。

参考)ドメイン変更やサイト引越しの際に.htaccessで301リダイレクトする方法

SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form