WordPress引越しにおける3つのリスク

WordPress移転のリスク

なにか物事を進める時は何でもそうですが、事前にリスクを想定しておくことが大事です。WordPressの引越しも例外ではありません。WordPressの引越しを検討される方は、以下の3つのリスクを考慮しておくと良いでしょう。

  • データ損失リスク
  • SEOへの影響
  • URL構造変更リスク

※前提
ここでのWordPress引越しとは、A社のサーバーからB社のサーバーに移転すること。かつ、ドメインの変更は行わない前提での話になります。

データ損失リスク

WordPressで作られたウェブサイトというのは、サーバー上にあるWordPressを稼働させることで動いています。そのため、新しいサーバーでウェブサイトを移すにはWordPressをそっくりそのまま移す必要があるわけです。

ですが、WordPressは「サーバーデータ+Mysql」の2つで構成されており、これらを新しいサーバーに移行する際に扱いを間違えるとデータを損失する恐れがあります。

ただ移行用のデータが損失するだけならマシですが、旧サーバーの元データごと無くなってしまては一大事です。WordPressを引越しするどころか、サイトを復旧できなくなってしまいます。それを防ぐためには、必ずバックアップを取っておきましょう!

いくつかのレンタルサーバーのバックアップ方法はこちらを参考に。
参考)エックスサーバーでWordPressのバックアップを取る方法
参考)ロリポップでWordPressのバックアップを取る方法

SEOへの影響

WorPress移転で考慮すべきリスクの2つ目にSEOへの影響があります。

基本的にWordPressを引越しされる方というのは、現在のサーバーに不満を持っていて、もっと良い環境を求めて移転するケースがほとんどです。その場合、サーバーの性能(サイト表示スピード.etc)が上がることでサイトのSEO評価も上がる可能性があります。

気を付けなければいけないのが、逆のケース。

たとえば、現在のレンタルサーバーの利用料が高く、もっと安いレンタルサーバーに乗り換えしたい場合など。この場合には、サーバーの性能が下がる可能性があるので、それに伴ってサイトのSEO評価も下がってしまう危険性があります。

単純にお金だけで決めないほうがいいですね、、、

参考)WordPressをサーバー移転するとアクセス数は減る?増える?

URL構造変更リスク

WordPress3つ目のリスクは、URL構造変更リスクです。

このリスクは、WordPressをサブディレクトリ(例:http://sample.com/wp/)に設置している方が主な対象になります。ですので、ドメイン直下にWordPressを設置している方は気にしなくて構いません。

旧サーバーでWordPressをサブディレクトリで設置していた場合、当たり前ですが新しいサーバーでも同じサブディレクトリに移す必要があります。そうしないとWordPressが稼働しません。

もちろん、WordPressの設置場所を変更したい場合には、WordPressアドレスを変更することで変えることもできます。その場合は、正しい手順で進めてから違う場所に移すようにしましょう。

まとめ

本日はWordPress引越しの3つのリスクをお話しました。

どのリスクも、サイト運営に多大な影響を与える大きな課題です。WordPressを引越しする前には、必ずこれら3点のリスクを知ったうえで進めるようにしましょう。

もし自身での移転作業が不安な場合はサイト引越し屋さんにご相談を!

conrtact-form

SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form