wpXサーバーにWordPressを引越す際の注意点

wpX-wordpress-transfer-caution

エックスサーバー社が提供するWordPress専門の高速レンタルサーバー「wpX」。

表示スピードがとても速く人気なサーバーではあるのですが、実は注意点もあります。それら注意点を知らずに契約したはいいものの、いざ移転作業をスタートしてから「しまった!」となる方も多いです。

そうならないためにも今日は、wpXサーバーにWordPressを引越す際の注意点をまとめておきます。wpXサーバーへの引越しを検討中の方は是非とも参考にしてください。

>>ちなみにwpXサーバーの契約はこちらから

ドメイン直下のフォルダを自由に作れない

他社サーバーからwpXにWordPressを引越す際、まずはサーバー管理画面からドメインを追加し、新規でWordPressをインストールする必要があります(新規でWordPressをインストールするまでサーバー領域が生まれないため)。

その際、wpXでは「wp-admin」「wp-content」「wp-include」のフォルダを自由に作れない仕様になっているため、これらフォルダを残しつつデータ移行する必要があります。

また、「wp-config」ファイルも一度消すとデータベースの接続情報が分からなくなってしまうので、WordPressを新規でインストールしたら一目散にメモしておきましょう!

もちろん、消してしまったからといって移転できなくなるわけではないですが、再度インストールし直す手間がかかります。二度手間にならぬよう注意してください。

サブディレクトリでのインストールができない

先程のコアフォルダを自由に作れないに関連して、WordPressのインストール先の制限もあります。wpXでは、WordPressは必ずドメイン直下にインストールする必要があります。

そのため、もし旧サーバーでサブディレクトリにWordPressをインストールしている場合には、wpX引越しにあたりWordPressアドレスの変更に伴う修正(コアファイル、プラグイン、テーマ、データベース.etc)が必要になります。

標準で使えないプラグインがある

wpXはサーバーの仕様上、標準の状態では使えないプラグインが存在します。たとえば、「EWWW Image Optimizer」プラグインです。「EWWW Image Optimizer」は画像を軽量化するためのプラグインで、活用している方も多いことかと思います。

このプラグインはwpXの初期状態では使うことが出来ません。使用するためには管理画面から「PHP制限設定」に進み、「exec」のチェックを外す必要があります。

wpx.ne.jp_server__action_user_index

secure.wpx.ne.jp_server_

まとめ

このようにwpXへのWordPress移転ではいくつかの注意点があります。初めてwpXへ引越す方はつまづいてしまうこともあるかもしれません。少しでもスムーズな引越しが出来るよう、今回の記事が参考になれば幸いです。

なお、もしご自身でWordPressの引越し作業をするのが不安な場合には、サイト引越し屋さんで作業を代行しております。お気軽にご相談ください。

>>サイト引越し屋さんへのご相談はこちらから

役に立ったと感じたらシェアお願いします!