GoogleへXMLサイトマップが送信できる『Google XML Sitemaps』の使い方

Google XML Sitemapsの使い方

WordPressサイトにおいて、Google向けサイトマップを簡単に作りたくないですか?

サイトマップには種類あります。Googleの検索エンジン向けに送信するサイトマップと、サイトを閲覧するユーザー向けに公開するサイトマップです。

前者のGoogle向けサイトマップについては、『Google XML Sitemaps』というプラグインを利用することで簡単に作成できます!

本記事では、Google XML Sitemapsの使い方について解説しています。

Google XML Sitemapsのインストール

まずはWordPress管理画面からGoogle XML Sitemapsをインストールします。

WordPress管理画面の左メニュー「プラグイン」>「新規追加」をクリック。

プラグインの新規追加をクリック

プラグインの一覧画面が出てきますので、右上の検索窓に「Google XML Sitemaps」と入力。
すると、左上に該当プラグインが表示されるので、「今すぐインストール」をクリックします。

Google XML Sitemapsのインストール

インストールすると「有効化」というボタンに表示が変わるので、そのまま「有効化」ボタンをクリックします。

Google XML Sitemapsの有効化

これにてGoogle XML Sitemapsのインストール作業は完了です。

Google XML SitemapsのサイトマップURLを確認

Google XML Sitemapsがインストール・有効化できたら、Google向けサイトマップである「XML Sitemap」のURLを調べていきます。

WordPress管理画面から「設定」>「XML-Sitemap」へ進みましょう。

Google向けサイトマップの設定画面へ進む

サイトマップの管理画面に進むと、一番上のエリアに「あなたのサイトマップのインデックスのURL:」という所があります。これがGoogle向けサイトマップのURLです。

後で使うためここでメモしておきましょう。

XML SitemapのURL

サイトマップURLは「https://ドメイン名/sitemap.xml」という形式になっているかと思います。

サーチコンソールへのサイトマップ登録

サイトマップのURLが確認できたら、サーチコンソールへ登録します。

サーチコンソールとはGoogleが無料で提供しているツールで、Webサイトの集客キーワードを分析したり、セキュリティやペナルティの確認など、サイトの健康状態をチェックできます。

まだアカウントを持っていない場合には、下記記事を参考に登録を進めましょう。

サーチコンソールが用意できたら、こちらから管理画面へログインします。
ログインしたら左上の「プロパティ検索」から対象のドメインをクリックします。

プロパティ検索

左側のメニュー一覧から「サイトマップ」をクリックします。

サイトマップの登録へ進む

「新しいサイトマップの追加」という箇所に、先ほど調べたサイトマップURLを入力。
入力したら「送信」を押します。

新しいサイトマップの追加に入力

「サイトマップを送信しました」と表示されたら、送信完了です。

サイトマップの送信完了

送信が完了したら、念のため正常に受け取られているか確認します。
「送信されたサイトマップ」の「ステータス」欄を見てみましょう。

「成功しました」と表示されていれば、無事Googleに受け取られています。

サイトマップ送信の成功

登録して終わりにせず、継続的にチェックしましょう。

以上、GoogleへXMLサイトマップが送信できる『Google XML Sitemaps』の使い方でした。

サイトマップに限らず、サーチコンソールでは様々な情報が確認できます。
Webサイトの運用、改善において大事なことは、作って終わりにせず継続的に改善を重ねていくことです。

是非、定期的にデータの確認や収集、分析などをする機会を設け、Webサイトの改善に取り組んでみてください。

本記事は以上になります。最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。