Import any XML or CSV File to WordPressの使い方※WordPressにデータをインポートできるプラグイン
  • プラグイン
最終更新日:2022年12月22日

Import any XML or CSV File to WordPressの使い方※WordPressにデータをインポートできるプラグイン

こんにちは。サイト引越し屋さんです。

  • WordPressサイトへCSVのデータを移したい
  • WordPressサイトに記事データをインポートできるプラグインを探している

こういった方のために、今回はCSVやXMLから記事を一括でインポートすることができるプラグイン「Import any XML or CSV File to WordPress(WP All Import)」について解説します。

少しでも参考になれば幸いです。

\WordPressの移転でお困りの際はご相談ください/

「WordPressを自力で移転しようとしたが失敗した。」
「自分で作業するのは怖いので代わりに代行して欲しい。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
プロのエンジニアが作業を代行させていただきます。

>>無料ご相談窓口はこちら

Import any XML or CSV File to WordPressの特徴

Import any XML or CSV File to WordPress公式

Import any XML or CSV File to WordPressは、任意のXMLあるいはCSVファイルをWordPressへインポートできます。

日本語対応で操作画面がとても見やすいプラグインです。

姉妹プラグインとして、記事データをエクスポートできる「Export any WordPress data to XML/CSV」があり、他のWordPressサイトからデータを出力したい場合に活躍してくれます。

そのため、WordPressサイトのデータを他のWordPressサイトへ引越したいときには、「Import any XML or CSV File to WordPress(WP All Import)」と「Export any WordPress data to XML/CSV(WP All Export)を組み合わせて使用すると、非常に便利です。

Import any XML or CSV File to WordPress( WP All Import )のインストール

ここからはImport any XML or CSV File to WordPressのインストール手順を説明します。

管理画面から「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。

プラグインの新規追加

検索フォームに「Import any XML or CSV File to WordPress」あるいは「 WP All Import 」を入力して検索します。

Import any XML or CSV File to WordPressの検索

「今すぐインストール」をクリックしてインストールします。

Import any XML or CSV File to WordPressのインストール

インストール後、「有効化」をクリックして完了です。

Import any XML or CSV File to WordPressの使い方

Import any XML or CSV File to WordPressは以下の通りに設定します。

  • ExcelでCSVファイルを作成
  • Import any XML or CSV File to WordPressでデータのインポート
  • ドラッグ&ドロップで設定

ExcelでCSVファイルを作成

インポートする際に必要となるCSVファイルをExcelで作成します。

csvファイルの内容は自由に記載して問題ないですが、titleやcategory等わかりやすい英語にしておきます。

最後にExcelファイルの拡張子をCSV形式に指定して保存します。

WP All ImportでCSVデータをインポート

管理画面から「すべてのインポート」→「New Import」をクリックします。

Import any XML or CSV File to WordPressのすべてインポート

インポートするファイルを選択します。

今回はCSVデータを用意しているので「ファイルをアップロード」を選択、反映先を選んだら「ステップ2に進みます」をクリックします。

Import any XML or CSV File to WordPressの新規インポート

ステップ2でインポートしたCSVデータの内容が反映されているか確認します。

※画像の通り、項目とそれぞれ入力した内容が反映されています。

Import any XML or CSV File to WordPressのインポート画面

データを全て確認し(今回はデータを3つ作成)、問題なければ「ステップ3に進みます」をクリックします。

ドラッグ&ドロップで設定し、インストール完了

次は読み込んだ内容を各場所に反映していきます。

右の部分にCSVの内容が表示されているので、カーソルを合わせてドラッグ&ドロップ(項目をクリックしたまま、引用したい位置まで移動)をします。

Import any XML or CSV File to WordPressのインポート2

プレビューで内容を確認できます。

最初の内容だけでドラッグ&ドロップをすれば、他のデータも反映されているのが確認できます。

Import any XML or CSV File to WordPressのインポート3

また、このステップ3では投稿時のステータスを設定できます。

※今回は「下書き」にチェックを入れました。

Import any XML or CSV File to WordPressiのインポート4

ちなみに、一番下の「設定をテンプレートとして保存します」にチェックすると、

次回以降「テンプレートを読み込みます」→リスト選択で、今回設定した項目が反映されます。

問題無ければ「ステップ4に進みます」をクリックします。

Import any XML or CSV File to WordPressiのインポート6

「インポート設定」で「自動検知」をクリックすると、Unique Identifierに追加した項目が反映されます。

次に続行をクリックします。

Import any XML or CSV File to WordPressのインポート5

問題無ければ「インポートの確認&実行」をクリックします。

Import any XML or CSV File to WordPressiのインポート完了

「インポート完了」の表示が出たら設定は完了です。

最後に投稿を確認すると反映されています。

まとめ

今回は、WordPressの無料プラグイン「Import any XML or CSV File to WordPress(WP All Import)」について解説しました。

同じくCSVでの投稿に使用されるプラグインとして「Really Simple CSV Importer」があり、検索するとこちらのプラグインの解説ページをよく見かけます。

しかし、Really Simple CSV Importerの最終更新日を確認すると、約7年前から止まっています。

最新のWordPressのデータベースでの互換性、セキュリティやサポート面を考慮すると、互換性確認済で2022年11月頃に更新済みのImport any XML or CSV File to WordPressの導入をおすすめします。

\WordPressの移転でお困りの際はご相談ください/

「WordPressを自力で移転しようとしたが失敗した。」
「自分で作業するのは怖いので代わりに代行して欲しい。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
プロのエンジニアが作業を代行させていただきます。

>>無料ご相談窓口はこちら

この記事を書いた人

サイト引越し屋さん編集部

日本で最も利用されているサーバー移転代行サービス『サイト引越し屋さん』の中の人です。 サイト引越しに関わる技術情報をはじめ、WordPressやその他のWebサービスに関するノウハウを発信しています。 全日本SEO協会所属。日本ウェブ解析士協会(WACA)所属。

WordPress保守管理メールセミナー