バージョンアップを伴うWordPress引越しの注意点

バージョンアップを伴うWordPress移転

WordPress引越しを依頼される方の中には、バージョンアップも合わせて希望されるケース方もいらっしゃいます。

サーバー会社によっては環境(PHP)が古く、WordPressがバージョンアップ出来ないという報告もあります。そういったケースの場合、WordPressがバージョンアップ出来ないからサーバーを移転し、その後でバージョンアップもお願いしたい、と言ったほうが適切かもしれません。

いずれにしろ、サーバー移転とWordPressのバージョンアップが同時に起こるケースがあるのですが、バージョンアップを伴うWordPress引越しでは通常とは違う注意点があります。

本記事ではバージョンアップを伴うWordPress引越しの注意点をご紹介いたします。

WordPressをバージョンアップすることで動作しないプラグインが存在する

1番よく起こる問題は、プラグインが動かなくなるというものです。

WordPressのプラグインは種々ありますが、全てがちゃんと管理されているわけではありません。中には数年以上も更新がされていない場合もあります。

その場合、古いバージョンのWordPressでは動作していたが、新しいバージョンのWordPressでは動作しない、なんて事も起こります。

WordPressをバージョンアップしてみて、今まで使っていたプラグインが急に動かなくなったら焦りますよね。

バージョンアップしないほうがいいの?

「バージョンアップすると動作しないプラグインが出るなら、いっそのことバージョンアップしないほうが良いんじゃないの?」そんな声も聞こえてきそうですが、もちろんそんなことはありません。

バージョンアップして動かないプラグインというのは、そもそも最新の環境に適していない状態ということなので、セキュリティ面から考えても使用を控えるべきです。

(古いプラグインは不正アクセスの原因にもなります。)

また、動作しなくなったプラグインについては、ほとんどの場合、他に同様の機能を備えたプラグインが存在します。ですので、この機会にプラグインの整理を行い、古くなって時代にそぐわないものは削除のうえ、適したプラグインを追加するなどしておきましょう。

古いPHPコードのエラー

WordPressの根幹をなすプログラミング言語であるPHP、これも日々新しくなっています。そのため、昔のWordPressで使われていたPHPコードが、現在のWordPressのバージョンにおいても有効であるとは限りません。

古いPHPコードを使っていた場合、WordPressが正しく動作しなかったり、サイトの表示が崩れる、表示されないなどの問題が起こる可能性もあります。

その場合、古いPHPコードを新しい形に書き換えたり、不要なコードは削除するなどの対応が必要となります。

まとめ

WordPressのバージョンアップ1つ取っても、どのバージョンから最新状態にするかで現象も変わってきます。

あまりに古いバージョンのWordPressでは、自動でバージョンアップできず、手動で行う必要が出ることもあります。そうなってくると、いよいよ素人の方では手に負えないのではないでしょうか。

また、ボタン1つでバージョンアップできるからといって、気軽に実行してみたら英文で書かれたエラーが表示されたり、管理画面にログイン出来なくなったり、突然のエラーが起こることも。その場合にも、すぐに専門家に相談することをお勧めします。

以上、バージョンアップを伴うWordPress引越しの注意点でした。その他、レンタルサーバー毎の注意点についてもご参考ください。

参考)エックスサーバー内でのサイト引越しには注意!プロに任せるべき理由
参考)お名前サーバーからのWordPress引越しは素人には難しい!PHPMyAdminの自力インストール?!

conrtact-form

役に立ったと感じたらシェアお願いします!
SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form