WordPressのPHPバージョンアップ方法と注意点

WordPressのPHPバージョンアップ方法

WordPressを置いているサーバーのPHPをバージョンアップしたい。
でも、いきなり上げると不具合が出る可能性があるので怖い。
そんな悩みを抱えてはいませんか?

PHPとは、WordPressを動かすためのプログラムです。
そのため、急にバージョンアップするとWordPress本体やプラグイン、テーマと干渉が起きて、動作や表示に不具合が起きる可能性があります。

本記事では、WordPressのPHPバージョンを安全に上げる方法と注意点を解説していきます。

\WordPressの「PHPバージョンアップ作業」を代行中/

「WordPressのPHPを最新のバージョンにアップしたい。」
「自分で作業して不具合が出たら不安だ。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
専門のエンジニアがバージョンアップ作業を代行いたします。

>>無料ご相談窓口はこちら

WordPressのPHPバージョンアップの注意点

まず早速ですが、WordPressのPHPバージョンアップの注意点からお話します。

注意点とはズバリ、「いきなりバージョンを上げない」ということです。
多くのレンタルサーバーでは、サーバーの管理画面からボタン1つで簡単にPHPバージョンの変更が出来ます。

簡単に変更できるゆえに気軽にバージョンを変えてしまう方が多いのですが、知らぬ間に不具合が出ている可能性があるのでお勧めできません。

また、一部のレンタルサーバーでは、PHPのバージョンをひとたび上げてしまうと、元の古いバージョンに戻せない仕様のところもあるので注意が必要です。

PHPのバージョンを上げる際は、まずテストを行いましょう。

まずはPHPバージョンアップのテストを行う

PHPのバージョンをアップする前にテストを行うと安心です。
テストで問題ないことが確認できたら本番を実施しましょう。

テストには「PHP Compatibility Checker」というプラグインを使用します。
このプラグインは、現在WordPressで使っているプラグインとテーマについて、新しいPHPで問題なく動くかどうか検証ができる便利なプラグインです。

まずはWordPress管理画面左のメニューから「プラグイン」>「新規追加」に進み、

プラグインの新規追加

新規追加の画面に進んだら、右上の検索ボックス内に「PHP Compatibility Checker」と入力します。すると該当プラグインが表示されるので、インストールしましょう。

プラグインの新規インストール

プラグインをインストールすると有効化というボタンが表示されますので、こちらをクリックしてプラグインを有効化します。

プラグインの有効化

プラグインを有効化できたら、プラグインの管理画面に進みます。
WordPress管理画面左メニューから「ツール」>「PHP Compatibility」を押してください。

プラグインの管理画面

すると、PHPバージョンアップのテスト設定内容が表示されます。

バージョンアップ後に設定したい「PHPのバージョン」と、「有効中のプラグインとテーマのみをスキャン」を選択して「サイトをスキャン」をクリックします。
※今回は最新PHPバージョン「7.3.8」ではなく、テスト環境のエックスサーバーで推奨となっている準最新の「7.2.17」にて進めています。

将来的に動かす予定で現在は一時的に停止中のプラグインがあれば、「すべてのプラグインとテーマ」を選んでください。

テストの実行

スキャンを開始すると、下記のようなスキャニングの表示がされます。
完了するまでしばし待ちましょう。

スキャン中の画像

スキャニングが終わると、テスト結果が表示されます。

スキャン結果

テスト結果の判定には大きく3種類あり、以下の内容になっています。

  • 互換性あり ⇒ 問題なし
  • 警告 ⇒ おそらく問題ないが念のため注意喚起
  • エラー ⇒ エラーが起きる可能性あり

この中で、「互換性あり」と「警告」に関しては多くの場合問題ありません。

「エラー」表記が出た場合でも、右に「更新版を利用可能」が出ていれば、最新版のプラグインに更新することでエラー表記が消える可能性があります。

万が一それでも消えない場合には、そのプラグインが必須でなければ削除を検討する、または、専門の技術者に頼んでPHPのバージョンアップ作業をしてもらうなど検討しましょう。

それでは次に、実際のPHPバージョンアップ作業に入っていきます。

WordPressのPHPバージョンアップの実施

多くのレンタルサーバーでは、管理画面からPHPバージョンを変更することができます。
本記事では、エックスサーバーの管理画面を例に進めていきます。

まずはサーバーパネルにログインします。
すると、一番下のほうに「PHP Ver.切替」があるので、それをクリックします。
※他のレンタルサーバーでも似たような表記で項目があるはずです。

PHP Ver.切替(エックスサーバーの場合)

サイトの一覧が出てきますので、対象サイト選択します。
今回は弊社で運営しているサイト(Webを資産にするブログ)をテストに使いました。

サイトの選択

サイトを選択するとPHPバージョンの設定画面に進むので、変更したいバージョンを選択します。
※テストで試したバージョンと同じものを選択してください。

PHP 7.2.17

「PHPバージョンを「PHP●.●.●」に変更しました。」と表示されたら変更完了です。
最後にサイトの表示・動作確認を行っていきましょう。

PHPバージョンアップ後のWordPress表示・動作確認

PHPのバージョンを変更したら、サイトの表示や動作を確認します。
今回試したサイトでは問題なく今まで同様の表示や動作が確認できました。

テストに使用したサイト

表示や動作を確認する際は、以下のような項目をチェックしておきましょう。

  • サイトが正しく表示されているか?
  • WordPressにログインができるか?
  • 記事投稿で画像がアップロードできるか?
  • 記事投稿ができるか?
  • お問い合わせフォームは送信できるか?

すべてクリア出来ていれば、PHPのバージョンアップ作業は完了となります。
ここまで長い作業お疲れさまでした!!

最後に、PHPバージョンアップのテストで使用したプラグイン「PHP Compatibility Checker」、こちらはもう不要なのでプラグイン一覧から削除しておきましょう。

バージョンアップ実施の際はバックアップを取っておくとなお安心です

今回は、PHPバージョンアップの注意点とバージョンアップ方法について解説しました。
本記事の通りに進めていただければ、PHPのバージョンアップが問題なく出来るかと思います。

ただし、独自でWordPressにカスタマイズを行っている場合や、制限の多いレンタルサーバーを利用している場合には、予期せぬ不具合が起きる可能性もゼロではありません。

さらに安全性を高めるコツとしては、サイトのバックアップを取っておきましょう。
WordPressのバックアップ方法についてはこちらで解説しています。

\WordPressの「PHPバージョンアップ作業」を代行中/

「WordPressのPHPを最新のバージョンにアップしたい。」
「自分で作業して不具合が出たら不安だ。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
専門のエンジニアがバージョンアップ作業を代行いたします。

>>無料ご相談窓口はこちら

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。