サイト引越し屋さん > サイトのSSL化 >

SSL導入が特に必要な企業、業種、サイトとは?!

現在WebにおいてSSLは重要なキーワードとなっています。多くのサイトが全ページSSLを導入し、GoogleもSEOにおいてSSL化されているかどうかを評価基準とするなど、ますます重要性が増しています。

現在は「SSL 3.0」がバージョンアップし「TLS 1.0」となったため、TLS(Transport Layer Security)の名称も聞くようになりましたが、基本的には同じものを指していると思って問題ありません。

この記事ではどういったサイトでSSLが必要なのかを解説したいと思います。

そもそもSSLとは「Secure Socket Layer」の略で、通信時に使われる暗号の一つなります。
SSLを利用することで第三者からの通信データの盗み見や改ざんから守ることができます。

そのためSSLの利用が特に求められるサイトとしては「名前や住所など個人の情報がやりとりされるサイト」「カード情報などデータが盗まれた際に重大な被害が発生する可能性があるサイト」があげられます。

サイトのジャンルとしては

  • 申し込みフォームがあるなどユーザーの情報を入力させるサイト
  • ECサイトなどカード情報のやり取りがあるサイト
  • 会員制のサイト

などがあげられるでしょう。

またSSLのもう一つの目的として「サイトの運営者が正当であることの証明」があります。

SSL証明書を発行する際には予め信頼できる認証局を通す必要があります。信頼されていない認証局を利用した場合も、証明書を見れば一発で分かるので、ブラウザ側で証明書が信頼できない旨のエラーが表示されます。

また証明書を発行する際に、運営者の情報や企業名を入れることができ、ユーザーもブラウザから確認することが出来るので、サイトの運営者の信頼を上げることができます。

更に現在はHTTP/2プロトコルという、安全性と高速化を実現した通信方式があるのですが、この通信方式を使用するはSSLを利用した接続である必要があります。

こういった背景もあり、Googleも検索において常時SSL(サイト全体がSSL通信を利用しているかどうか)かどうかが検索の優位性に影響すると明確に発言しました。

したがってSEOの観点からも、SSLの利用はこれからますます必要になると思われます。

SSLの導入に遅れた場合のリスクとしては、今まで述べてきたメリットの裏返しとなりますが、

「ユーザーの情報を第三者に盗まれる危険性が上がる」「接続したユーザーの通信の改ざんなどが行われる可能性がある」「なりすましサイトなどへの対策が遅れる」「GoogleSEOにおけるサイト評価が下がる」といったデメリットがあります。

サイトを運営している方は可能であれば、安全性の面からもSEOの面からもSSL導入を検討するべき時代になっていると思います。

自分でのSSL導入が難しい方は弊社でも代行を行っておりますので、ぜひ気軽に相談からでもしていただけたらと思います。

役に立ったと感じたらシェアお願いします!