無料ブログからWordPressにSEO評価を引き継いだ状態で引越しする方法

seo-freeblog-wordpress

無料ブログからWordPressに移行したいけれど、SEOの面で分からないことが多く困っている。また、「検索順位が下がってしまうのでは?」「今のアクセスはどう変化するのだろう?」などの不安を抱えてはいませんか?

無料ブログからWordPress移行に関しての情報は、単純に移行方法について触れた記事はあるものの、SEOの観点から考察された記事は少ないです。

そこで本記事では、日頃から無料ブログからWordPressへの移行を数多く代行している業者(サイト引越し屋さん)として、無料ブログからWordPress移行に関するSEOへの影響と、移行のポイントを解説いたします。

ちなみに、FC2ブログからWordPressへの引越しに関しては別途で記事を用意しています。(詳しくはこちら

無料ブログからWordPress移行でSEO評価は引き継がれるのか?

それではまず、肝心なSEO評価のお話から始めます。
結論からいえば、SEO評価の引き継がれ方は3通りあり、以下のように引き継がれます。

  1. 既に独自ドメインで運用中の場合 ⇒ 約100%引き継ぎ
  2. 無料ドメインで運用中の場合   ⇒ 約80%引き継ぎ
  3. 独自ドメインから独自ドメインへの変更 ⇒ 約50~80%引き継ぎ

SEO評価と言っても様々な指標がありますが、無料ブログからWordPress移行において最も注目すべきは「ドメイン評価」です。ドメインとは分かりやすくいえばURLのことであり、このURLさえ変わらなければ以前と変わらぬSEO評価を保つことができるわけです。

逆にいうと、無料ブログ時代にブログサービスで提供される無料ドメインを使用していた場合には、SEO評価を完全に引き継ぐことはできません。ただし、後述するリダイレクト設定を加えることで80%程度は引き継ぎが可能です。

また例外として、今まで使用していた独自ドメインAから新しい独自ドメインBに変更してWordPress移行する場合、さらにSEO評価の引き継ぎは弱くなります。この場合、およそ50%~80%程度の引き継ぎとなります。

SEO評価を引き継いでWordPress移行する方法

では次に、SEO評価を引き継いでWordPress移行するための方法について触れていきます。

コンテンツの移行

まず大前提として、コンテンツはありのままの状態で移行する必要があります。記事や画像の移転がしっかり行われなければ、コンテンツの内容が変わってしまうことになりますので、SEOへ影響が出る可能性があります。

特に、画像の移転には注意が必要です。

記事の内容は目視でチェックしても確認が取れるので分かりやすいですが、画像の場合は正常に表示されていても無料ブログ側の情報を読み取っている場合があり、新サーバーに画像を移したうえで新サーバーの画像ファイルに繋ぎ直してあげる必要があります。

たとえば、記事内での画像リンクが下記のようになっている場合、無料ブログの画像ファイルに繋がったままとなっています。

【Livedoorブログ画像リンクのサンプル】
http://livedoor.blogimg.jp/アカウントID/imgs/b/d/画像ファイル名

これをWordPress内の画像データに繋ぎ直すためには、下記のような画像リンクに直す必要があります。

【WordPressの場合の画像リンクのサンプル】
https://site-hikkoshi.com/wp-content/uploads/2017/10/画像ファイル名

記事数や画像リンクが少なければ全て手作業で修正してしまっても構いませんし、エディタの一括置換でURLを置き換える、またはWordPressプラグイン「Search Regex」等でまとめて修正することも可能です。

記事URLの引き継ぎ

SEO評価を引き継いでWordPress移行するための2つ目のポイントは、記事単位のURLです。ウェブサイトのページというのは、それぞれの記事で固有のURLを持っています。

たとえば、いくつかの無料ブログの記事URLを挙げてみます。

【livedoorブログの例】http://blog.livedoor.jp/アカウント名/archives/○○.html
【fc2ブログの例 】   http://アカウント名.blog.fc2.com/blog-entry-○○.html
【seesaaブログの例】 http://アカウント名.seesaa.net/article/○○.html

これら記事URLを、無料ブログ時代とWordPress移行後で揃えることでSEO評価を引き継ぐことが可能です。そのためには、WordPressの設定項目の1つである「パーマリンク設定」を編集する必要があります。

※パーマリンク設定とは、記事URLを自由にカスタマイズできる機能です。

パーマリンク設定

たとえば、先ほどの無料ブログの記事URLをWordPressに引き継ぐ場合のパーマリンク設定は以下となります。

【livedoorブログ用のパーマリンク】/archives/%post_id%.html
【fc2ブログ用のパーマリンク 】   /blog-entry-%postname%.html
【seesaaブログ用のパーマリンク】 /article/%post_id%.html

ただし、パーマリンクを設定して記事をWordPressにインポートしたとしても、使用していた無料ブログによっては自動で反映されない場合があります。その場合には、全ての記事のURLを手作業で修正しなければいけません。

リダイレクト設定

記事や画像等のコンテンツ移行、それから記事URLの引き継ぎが完了したら、最後はリダイレクト設定をします。このリダイレクト設定によりSEO評価が引き継がれるため、絶対に忘れないようにしてください。

※リダイレクトとは、サイトAにアクセスすると別のサイトBに自動で飛ぶ設定のこと

無料ブログからWordPressにリダイレクトする場合、この記事の序盤で解説したSEO評価の引き継がれ方のパターンによって、いくつかのケースに分かれます。

1.既に独自ドメインで運用中だった場合のリダイレクト設定

既に独自ドメインで運用中だった無料ブログをWordPress移行する場合、実質上リダイレクト設定の必要はありません。

ドメイン管理会社にてネームサーバーを新サーバー(WordPress側)に切り替えることで、自動的に今までの独自ドメインを引き継いだ状態で運用を再開できます。

2.無料ドメインで運用中だった場合のリダイレクト設定

無料ブログのドメインで運用していた場合、まずは無料ブログ側に移転先の独自ドメインを設定する必要があります。そうすることで移転先サイトと無料ブログ側のドメインを揃えることができ、先ほどの方法同様に自動でリダイレクトされるためです。

無料ブログに独自ドメインを設定したら、ネームサーバーを移転先サーバーに切り替えて完了です。

3.独自ドメインから独自ドメインへ変更する場合のリダイレクト設定

こちらのケースだけは特殊で、無料ブログ側にリダイレクト機能があればそれを使うのが望ましく、無い場合には、テンプレートをカスタマイズして強引にリダイレクトするしかありません。

詳しくはこちらをご参考ください。
>>無料ブログからWordPressへ移行する際のリダイレクト方法

まとめ

本記事の冒頭でもお伝えした通り、無料ブログからWordPressへの移行では、SEO評価を引き継ぐことは可能です。無料ドメインから独自ドメインに変わる場合でも約80%、独自ドメインのままWordPressに移行する場合はほぼ100%引き継いだ状態で移行できます。

WordPressのメリットやレンタルサーバーの性能を考慮すると、むしろSEO評価が高まった事例も多いです。もちろん、アクセスアップを保証するものではありませんが、現状維持または向上の可能性がある以上、移行するメリットのほうが大きいと言えます。

無料ブログからWordPress移行において、もしSEOの面で躊躇されているとしたら、その点は安心して移行に踏み切ることをお勧めいたします。

ご自身での移行作業が不安な場合は弊社にお気軽にご相談くださいませ(^ ^)

conrtact-form

役に立ったと感じたらシェアお願いします!
SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form