WordPressの記事(投稿)だけ引越す場合の注意点

wordpress-onlypost-transfer

複数のメディアを運営している方にとって、どのサイトで何の情報発信をしていくかは重要なポイントの1つです。

しかし、管理サイトが増えたり1つ1つのサイト規模が大きくなってくると、当初予定していなかった方向にサイトが成長したり、または、特定分野に特化したサイトに作り変えたくなるケースがあります。管理コストの問題でWordPressを1つにまとめたい場合もあるかと思います。

そんな時にまず検討するのがWordPress内の記事(投稿)のみの引越しではないでしょうか?WordPressは簡単に記事データをエクスポート・インポート出来るので「2つのブログを1つにまとめる」「1つのブログを2つに分散する」といったことが簡単に出来ます。

そんなWordPress記事(投稿)の引越しにおける注意点を見ていきましょう。

デザインが変わる可能性がある

あるWordPressから別のWordPressに記事を引越した場合、使用するテーマが異なるとデザインが変わる可能性があります。具体的には下記のポイントです。

  1. 見出し、リスト、表組み、文字装飾全般、その他CSSカスタマイズ箇所
  2. ウィジェット要素
  3. ヘッダー、フッター等のテーマカスタマイズ箇所
  4. ショートコード、カスタムフィールドなどによるカスタマイズ

①に関して、全く同じデザインで記事を引越したい場合には、引越し前のWordPressと同じテーマを使用しましょう。また、別のテーマに一部元デザインを適用したい場合には、元サイトのCSSをコピーして新サイトに適用する方法もあります。

②③に関しては、ウィジェットまたはテーマカスタマイズから必要な要素を手動で1つずつ引越す形になります。

④に関しては更に厄介で、サイト内の記事内でショートコードを使って記述を吐き出している場合や、カスタムフィールドを使って表示している場合には、記事データだけを移行しても表示されなくなってしまいます。その場合は、該当のカスタマイズ箇所を移転先WordPressでも設定する必要があります。

記事内の画像リンク(パス)、内部リンクの修正が必要

記事データの引越し元と引越し先のWordPressのURLが異なる場合、画像リンク(パス)や内部リンクを引越し先のURLに修正してあげる必要があります。

【画像リンク(パス)修正の例】
旧)https://site-hikkoshi.com/wp-content/uploads/2018/04/wordpress-onlypost-transfer.png
 ↓
新)https://sitemart.jp/wp-content/uploads/2018/04/wordpress-onlypost-transfer.png

【内部リンク修正の例】
旧)https://site-hikkoshi.com/2731/
 ↓
新)https://sitemart.jp/2731/

修正方法について、1つずつ修正するのでは手間と時間がかかり、ミスをする可能性も高いです。そのため、「Search Regex」等の一括置換プラグインを用いて一括で修正してあげると便利です。

>>リンク修正の方法についてはこちらが参考になります。

画像データの引越しも必要

先ほど記事内の画像リンクの修正についてお話しましたが、新しいサイトにて画像を表示させるためには、新しいWordPress内に画像を引越してあげる必要があります(記事の引越しと画像の引越し作業は別物です)。

画像データを引越すにはレンタルサーバーにFTPで接続し、元のWordPress内に入っている画像データと同じディレクト(フォルダ)構成にて新サーバーに移し替えます。

参考)サイト引越しにお勧めの無料FTPソフト「WinSCP」のインストール方法と設定手順

SEO評価の引き継ぎ、リダイレクトが必要(かも)

引越し元の記事が検索上位に位置していて集客している場合、そのSEO評価は新ブログの記事に引き継ぐ必要があります。引き継ぎ方法としては301リダイレクトを使用します。設定には「Redirection」プラグインを使うと便利です。

引越し元のWordPressにRedirectionプラグインをインストール、有効化し、引越し前記事のURLと引越し後記事のURLを入力すれば301リダイレクトが機能します。詳しい使い方については下記記事が参考になります。

外部)Redirectionの使い方ーWordPressプラグイン【初心者向け】

まとめ

本日はWordPressの記事引越しにおける注意点について解説いたしました。いかがでしたでしょうか?必要な要素・データを正しく引越すためにも、是非参考にしていただけると幸いです。

なお、ご自身で記事を引越すのがご不安な場合には、サイト引越し屋さんで代行もしております。是非お気軽にご相談くださいませ。

conrtact-form

役に立ったと感じたらシェアお願いします!
SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form