エックスサーバーからエックスサーバーへの移行は要注意!プロに任せるべき理由

エックスサーバーからエックスサーバー

サイト売買(M&A)をやっている方や、同じサーバー会社を利用していても、サーバー分散のためにサイトを分けて格納したいときがあります。

そういった同じレンタルサーバー内でのサイト引越しでは、データの取り扱いやドメインの切り替え作業を慎重に行う必要があります。特にエックスサーバー(wpXも同様)の場合は注意してください。

エックスサーバー同士のサイト引越し(WordPress引越し)ではデータ消失のリスク、初心者の方が実施した場合には、他のサーバー会社に比べて失敗する可能性が高いです。

その理由と、万が一に事故が起きてしまった場合の対処法をご紹介いたします。

\エックスサーバー間のサーバー移転ならお任せください/

「エックスサーバー間でサイトを引越したい。」
「自分で作業するとデータが消えてしまいそうで不安。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
プロのエンジニアがサーバー移転作業を代行いたします。

些細なご質問などでもお気軽にご相談くださいませ^^
>>無料ご相談窓口はこちら

エックスサーバー同士のサイト引越しで知っておくべき2つの注意点

ここからは少し難しい話になります。できるだけ簡略にご説明しますが、もし分かりにくい場合や不安な場合には、お気軽にお問い合せください。

エックスサーバー同士のサイト引越しで注意するべきポイントは2つあります。

  • FTPソフトでフォルダを移行しなければいけない
  • サイトが表示されない時間が発生する

それぞれ確認していきますね。

1.FTPソフトでフォルダ移動をしないとデータを残せない

早速ですが、エックスサーバー間でのサイト引越しが危険な理由は、普通のサーバー移転のやり方だと「旧サーバーにデータを残したまま新サーバー移行できない」という事情が挙げられます。

通常であれば、旧サーバーにデータを残したままの状態でデータをバックアップし、新しいサーバーにデータを移したうえでサーバーを切り替えます。この場合であれば、もし新しいサーバーで問題が起きても、旧サーバーに切り替えることで復旧が可能です。

しかし、エックスサーバーの場合はそれができません。そのため、移転の際にデータの取り扱いを間違ってしまったり、バックアップを無くしてしまったりすると、最悪の場合サイトが表示できない事態が発生する可能性があります。

※なお、ドメインを切り替える前にFTPソフトを使ってドメイン内データを別のフォルダに移しておけば、旧サーバー内にデータを残しておくことが可能です。データを別フォルダに移した瞬間に旧サイトは表示されなくなるため、新サーバーに切り替える直前に移すとよいでしょう。

2.サーバー切り替え後にサイトが表示されない時間が発生する

また、もう1つの危ない理由としては、旧サーバーから新サーバーへ切り替える際(ドメイン再設定時)にサイトが表示されない時間が発生する点です。

これにつきましては、エックスサーバー社へも確認してみました。下記のやり取りをご覧ください。

エックスサーバー社への質問

エックスサーバー社への確認

エックスサーバーサポート様

お世話になっております。
サーバーID: ○○の彦坂と申します。

ドメインの設定につきまして、
お聞きしたい点がありご連絡いたしました。

いまWordpressで構築したウェブサイトの移管を考えているのですが、
エックスサーバーでドメインの設定をするには、
旧サーバーのドメイン設定を一旦外してからでないと新サーバー側で設定ができないと思います。

これですと、旧サーバーで設定を外してからすぐに新サーバーへ設定したとしても、
エックスサーバー様側での設定作業が完了するまでの間、
ウェブサイトが表示されないと思うのですが、
こちらで新サーバーへの設定を依頼してからエックスサーバー様側で反映まで
どれぐらいのお時間がかかるものでしょうか。

予定としては、本日の14~15時に設定依頼をしようと考えております。

突然のご連絡となり恐縮ではございますが、
ご確認のほどよろしくお願いいたします。

エックスサーバー社からの回答

エックスサーバーからの返事

彦坂 様

平素は当サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
Xserver カスタマーサポート担当 ○○と申します。

サーバーID: ○○
お問合せ番号 : xsvc151026095110

このたびはお問い合わせをいただきありがとうございます。

> これですと、旧サーバーで設定を外してからすぐに新サーバーへ設定したとしても、
> エックスサーバー様側での設定作業が完了するまでの間、
> ウェブサイトが表示されないと思うのですが、
> こちらで新サーバーへの設定を依頼してからエックスサーバー様側で反映まで
> どれぐらいのお時間がかかるものでしょうか。

おっしゃるとおり、当サービスの仕様上、
旧サーバーアカウントから一旦ドメイン設定を削除してから、
新サーバーアカウントに改めてドメイン設定を行っていただく必要が
ございます。

サーバーパネル「ドメイン設定」の追加設定が反映するまで
数十分~24時間程度かかる場合がございます。

※弊社内のDNSが浸透するまで最大24時間程度必要となります。

※弊社内DNSの反映が完了すると
新サーバーでのホームページの表示が行われますが、
反映されるまでの間は、ドメインの追加が削除されている
旧サーバーにアクセスされますため、正常に表示が行われません。
(メールも同様に、正常に送受信が行えなくなります)

ご不便をおかけして申し訳ございませんが、
何卒ご了承いただきますようお願いいたします。

その他ご不明な点がございましたら、気軽にお問い合わせください。

このような事象が起きるのは、エックスサーバーの仕様が原因

ここまでの一連の流れを読んで、エックスサーバー同士だと何故そのような事象が起きるのか気になる方も多いと思います。その理由を簡単にご説明しておきます。

主な理由は「ドメイン設定の仕様」です。

重要なポイントを確認していきますね。

ドメインとサーバーの領域は連動している

エックスサーバーではドメインの割当とサーバーの関係が特殊です。

ドメインをサーバーに割当(登録)してからでないと、そのドメインに対するサーバー領域が作られません。つまり、ドメインの割当とサーバーの領域が連動しているのです。

1つのドメインに対して1アカウントのみが割り当てられる

エックスサーバーにおいては、1つのドメインに対してサーバー全体で割り当てられる領域は1アカウントのみ。ですから、移行先サーバーでドメインを割り当てるためには、旧サーバーからドメインを完全に削除する必要があります。つまり、ドメインとサーバー領域は連動しているので、ドメインを削除することで旧サーバーのデータも連動して削除されるというわけです。

サイトが表示されない時間は必ず発生する

エックスサーバーからエックスサーバーへの移行では、必ずサイトが表示されない時間(ダウンタイム)が発生します。これはサーバーの仕様で避けられません。

たとえば、エックスサーバーAからエックスサーバーBへドメインを移行するには、いったんエックスサーバーAに置いてあるドメインのデータを削除しなければいけません。その後、エックスサーバーBへ、WordPressなどのドメインのデータをアップロードします。

エックスサーバーBへ移行してもネームサーバーの切り替えには、時間が掛かるのでサイトが表示されなくなります。

エックスサーバー社からの回答ではダウンタイムは最大で24時間とされていますが、実際に試してみると数時間で切り替わるケースがほとんどです。

ですので、適切な方法でデータ移行し、なおかつ夜間のアクティブユーザーが少ない時間帯にて作業を行えば、安全にサイトを引越すことが可能です。

エックスサーバーのドメイン設定に関する特徴まとめ

エックスサーバーのドメイン設定に関する仕様を簡単にまとめます。

  • ドメインとサーバー領域が連動
  • エックスサーバー全体で、あるドメインを割り当てられるのは1アカウントのみ
  • 新サーバーにドメインを割り当てるには、旧サーバーからドメインを削除しなければならない
  • ドメインとサーバー領域の連動により、旧アカウント上でドメイン割当解除とともに旧サーバー上のドメイン直下のデータが削除される

ドメインとサーバー領域が連動しているため、エックスサーバー同士を移転するときのダウンタイムは仕方ありません。

もし、ダウンタイムを最小限に済ませたい場合は、他社のレンタルサーバーを使う方法を推奨します。

ダウンタイム無しでエックスサーバーに移行する方法

やや手間ではありますが、他社のレンタルサーバーを間に挟むことでサイトが表示されない期間を最小限に抑えることができます。

サイトの表示確認も行えるので、安全な方法だと言えます。

サイト引越し屋さんでは、経由用のサーバーを経由して確実なデータの移行を実現させています。
Webサイトの規模にもよりますが、短時間のダウンタイムであっても大きな機会損失につながる可能性がありますからね。

確実な方法でサイトを引越したい場合は、ぜひご相談ください。

>>サイト引越し屋さんに相談してみる

エックスサーバーからエックスサーバーへの移転中にデータを消失した場合の対処法

このようにエックスサーバーからエックスサーバーへのサイト引越しは非常にリスクが高いと言えます。

ただ、万が一にデータを消失してしまったり、コピーしたデータに欠損があった場合でも対処法はあります。

エックスサーバーでは、2020年9月よりバックアップ対応が無料になりました。※サーバー領域データとMySQLデータベースのデータどちらにも対応しています。

『自動バックアップ』機能で取得している「サーバー領域データ(Web・メールデータ)」のバックアップデータについて、お客様への提供価格をこれまでの5,000円(税抜)から無料に変更いたしました。これにより、すでに無償で提供している「MySQLデータベースデータ」も含め、『自動バックアップ』からのデータの取得・復元が完全に無料でできるようになりました。引用:エックスサーバーのサポートページより

エックスサーバーには、毎日バックアップを取得してくれる「自動バックアップ」システムがあるので、データ復旧の際に役立ちます。

さらに、すべてのプランに対応しているので安心です。バックアップデータは、サーバーパネル画面の【バックアップ】から申込みが可能。データは48時間以内に、サーバー領域に設置してくれます。

データの扱いは慎重に!困った時はプロに任せよう!

以上、エックスサーバー間でのサイト引越しの危険性と事故が起きてしまった時の対処法をご紹介しました。
ここで大事なポイントをもう一度だけまとめておきます。
エックスサーバー同士のサイト移転では、サイトが表示されない時間が発生する
もう一つレンタルサーバーを挟むとさらに安全に移転ができる
エックスサーバーには自動バックアップ機能がある

エックスサーバーの仕様はやや特殊で、どうしてもダウンタイムが生じます。心配なら、さらに安全策を取るのであれば、一旦別のレンタルサーバーにデータを移し、経由する形でサーバー移転すればダウンタイムをより減らすことができます。

また、エックスサーバーには、自動バックアップ機能が追加されて安心感はあります。ただ、自分1人でサイトの移行作業をすると、

  • 一部のデータだけ何故か移せない…
  • 何度やっても上手くいかない
  • 手順通りにやっているのに失敗する

など、どうしても解決できないトラブルが起きやすいです。そして、相当な時間と労力がかかってしまう可能性があります……。

ただ、もしご自身でサーバーを移転することに恐怖心を覚えた方や不安を感じた方は、弊社までお気軽にご相談くださいませ^^

\エックスサーバー間のサーバー移転ならお任せください/

「エックスサーバー間でサイトを引越したい。」
「自分で作業するとデータが消えてしまいそうで不安。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
プロのエンジニアがサーバー移転作業を代行いたします。

些細なご質問などでもお気軽にご相談くださいませ^^
>>無料ご相談窓口はこちら

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。