お名前.com共用SDからRSへのWordPress引越し
  • WordPress
最終更新日:2024年2月27日

お名前.com共用SDからRSへのWordPress引越し手順

こんにちは、日本でもっとも利用されているWordPressのサーバー移転代行&保守管理サービス『サイト引越し屋さん』です。
本記事では、お名前.com共用サーバーSDからRSへのWordPress引越し手順を合計45枚におよぶキャプチャ画像を用いて詳細に解説しています。

作業は大きく8個のステップに分かれています。

  1. SDにてFTPデータのダウンロード
  2. SDにてDBデータのエクスポート
  3. RSサーバーにて各種初期設定
  4. RSサーバーにてFTPデータのアップロード
  5. RSサーバーにてDBデータのインポート
  6. hostsによる事前の表示・動作確認
  7. SDからRSへのサーバー切り替え
  8. WordPress引越し完了

1つずつ順を追いながら解説していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

\お名前SDからRSへのWP引越し作業を代行してます/

「お名前SDからRSへのWP引越し作業を代行してほしい」
「自分で移管作業して失敗するのが怖い、、、」

そんなときは私たちサイト引越し屋さんにお任せください。
専門のスタッフが作業を代行いたします。

>>WordPress移転引越しプランの詳細はこちら

ステップ1:SDサーバーにてFTPデータのダウンロード

WordPressはFTPとDBの2種類のデータで構成されています。
まずはFTPデータから作業していきます。

FTPデータをダウンロードするためには、FTPソフトが必要です。
まだお持ちでない場合は下記の記事を参考にご用意ください。

FTPソフトに設定するためのFTPアカウント情報はお名前.com共用SDサーバーの管理画面から確認が可能です。

まずはこちらのページからお名前.comにログインします。

管理画面上のメニュー「レンタルサーバー」内の「利用レンタルサーバー一覧」をクリックしてください。

利用レンタルサーバー一覧

利用中のレンタルサーバーが表示されるので、該当ドメインの「ログイン」を押してください。

該当ドメインのサーバーをクリック

するとサーバー管理画面に進むので右上の「FTPアカウント」を押します。

FTPアカウント

その先のページにてFTPアカウント情報が表示されるので、この内容をどこかにメモしておいてください。

FTPアカウント情報

FTPアカウント情報が分かったら、FTPソフトでサーバーに繋いでデータをダウンロードしていきます。
お名前.com共用SDサーバーの場合、移転対象ファイルは「該当ドメインフォルダ配下」のファイルになります。WordPress以外のサイトも運用している場合には、適宜精査しましょう。

ご自身のPCにダウンロード出来たら、FTP内のファイル数とPCにダウンロードしたファイル数が一致しているか確認してください。
FTPソフトやPCは、ファイル群を選択して右クリック「プロパティ」からファイル数を表示できることが多いです。

SDサーバーのFTPデータ数

ファイル数が一致していればFTPのダウンロードは完了です。
次は、DBデータのエクスポート作業です。

ステップ2:SDサーバーにてDBデータのエクスポート

通常DBデータのエクスポートはレンタルサーバー提供のphpMyAdminを利用して行います。
ですが、お名前.com共用SDサーバーにはphpMyAdminが標準装備されていないため、自身で設置する必要があります。

まずは。下記の参考記事を元にphpMyAdminを設置してください。

また、phpMyAdminにログインするためには以下の情報が必要になります。

  • データベース名
  • データベースのユーザー名
  • データベースのパスワード
  • データベースのホスト名

これら情報を確認するためには、先ほどダウンロードしたFTPデータの中から「wp-config.php」というファイルを探し、

wp-config.phpファイル

Windowsスタートメニューの「アクセサリ」から「メモ帳」で開くか、「秀丸」や「SublimeText」などのテキストエディタで開いてください。wp-config.php内には下記のように記されています。

使用するのは「○○」「☓☓」「△△」「□□」の箇所です。
後ほど使用するのでメモしておいてください。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘○○○○○○○○○○’);

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘☓☓☓☓☓☓☓☓☓☓’);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘△△△△△△△△△△’);

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', '□□□□□□□□□□');

上記の情報が手に入ったら「https://ドメイン名/phpmyadmin/」にアクセスしてください。
下記のログイン画面が表示されますので、先ほどのDBユーザー名とDBパスワードでログインしてください。

phpMyAdminへのログイン

phpMyAdminにログインすると上部のメニューにある「エクスポート」を押してください。

エクスポート設定の一覧が表示されるので、各種設定を調整してからエクスポートを行います。
まずは冒頭のエクスポート方法を「詳細-可能なオプションをすべて表示」にしてください。

次に生成オプションを「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT / TRIGGER コマンドを追加する」にチェックを入れてください。

最後に作成するクエリの最大長を「1000」に変更しましょう。

以上の設定ができたら、一番下までいき「エクスポート」ボタンを押してください。
PCに○○○○○.sqlと名の付くファイルが保存されるはずです。

エクスポートしたファイルが完全なデータであるか念のため確認をします。
メモ帳やテキストエディタ等で該当ファイルを開いてください。

ファイルを開くと大量のコードが表示されるので、最終行を見てください。
下記のようなコードが最後に3行書かれていれば完全なDBデータと言えます。

完全なDBデータ

ここまでの作業でWordPressのデータバックアップは完了です。
ここから先は移転先であるRSサーバーでの作業になります。

ステップ3:RSサーバーにて各種初期設定

RSサーバーにデータ移行する前に、まずはサーバー内の各種設定を2つ行います。

  • PHPバージョン設定
  • DB設定

PHPバージョン設定

まずはPHPバージョン設定からです。PHPとは、WordPressを動かすためのプログラムです。
PHPにはバージョンがいくつかあり、使用しているレンタルサーバーやWordPressのバージョンに応じて使い分ける必要があります。

WordPress移転の場合、移転元と移転先のレンタルサーバーでPHPのバージョンを揃えないと不具合が起きるリスクがあります。

そのため、下記の手順にて移転先のPHPバージョンを調整してください。
まずは移転元のお名前.com共用SDサーバーにログインし「PHPバージョン変更」に進みます。

PHP設定

PHP設定の管理画面が表示されるので、PHPバージョンを確認しメモしてください。

PHPバージョン確認

次に、移転先であるお名前.com共用RSサーバーにログインします。
こちらのページからお名前.comにログインしてください。

お名前.com管理画面上のメニュー「レンタルサーバー」内の「利用レンタルサーバー一覧」をクリックしてください。

利用レンタルサーバー一覧

利用中のレンタルサーバーが表示されるので、該当ドメインの「ログイン」を押してください。

RSサーバーへログイン

RSサーバー管理画面の右下「高度な設定」の中にある「PHP」に進みます。

RSサーバーのPHP設定

PHP設定の管理画面が表示されるので、PHPバージョンを先ほどのSDサーバーと同じ数値に変更してください。

RSサーバーのPHP設定変更

これにてPHPバージョン設定は完了です。

もう一つ移転先サーバーの初期設定として、DB設定があります。

DB設定

ここからは移転先のお名前.com共用RSサーバーにおけるDB設定について解説します。
ちなみに、DBとはデータベースの略称です。サイトの情報や投稿データを保存する場所です。

まずはサーバー管理画面の「データベース」内にある「データベース」に進んでください。

データベース管理画面

契約したての場合はまだDBが一つもないと思うので「はじめる」を押します。

新しいデータベースを作成する

新しいDBの設定画面が表示されるので、下記画像の赤枠箇所に任意の内容を記入して「確認する」を押します。

新規DBの確認画面へ進む

新規DBに入力した内容の最終確認画面が表示されるので「完了する」を押します。
※作成したDBの情報はこのあと使用するのでメモしておいてください。

新規DB追加の最終確認

データベースを追加しました!」と表示されたらDB設定は完了です。

これにてRSサーバーでの各種初期設定は完了です。

次はいよいよWordPressデータの移行作業をしていきます。

ステップ4:RSサーバーにてFTPデータのアップロード

次は、WordPressのデータ移行作業です。
移転元のときと同様、FTPデータから作業します。

お名前.com共用RSサーバーのFTPアカウントは下記の手順にて作成します。
まずはサーバー管理画面の「ファイル管理」内の「ファイル管理」に進みます。

ファイル管理に進む

契約したての場合はまだFTPアカウントが無いかと思うので「はじめる」を押してください。

FTPアカウントの新規追加

FTPアカウントの設定画面が表示されるので、下記画像の赤枠箇所に任意の内容を記入して「確認する」を押してください。

入力した内容の最終確認が表示されるので「完了する」を押しましょう。

いま登録した内容をFTPソフトに設定して、お名前.com共用RSサーバーに繋ぎましょう。
FTPでサーバーに繋いだら、該当ドメイン直下にファイルをアップロードします。

ファイルアップロード後、念のためPC内とRSサーバー内のファイル数が一致しているか確認しておくと安心です。

ファイル数が一致していれば、FTPデータ移行は完了です。

ここで、FTPデータ移行に付随してwp-config.php(WordPressのDB情報などを管理しているファイル)の修正もまとめて行います。

wp-config.phpの修正

まずはPC内にあるwp-config.phpファイルをメモ帳やテキストエディタ等で開いてください。
開いたら、下記4ヵ所を先ほど作成した新規DBの内容に書き換えます。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘○○○○○○○○○○’);

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘☓☓☓☓☓☓☓☓☓☓’);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘△△△△△△△△△△’);

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', '□□□□□□□□□□');

書き換え終わったら、wp-config.phpファイルを上書き更新します。
上書きできたら、RSサーバー内のwp-config.phpファイルに上書きアップロードしてください。

これにてwp-config.phpファイルの修正も完了です。
次はDBデータの移行作業に進みます。

ステップ5:RSサーバーにてDBデータのインポート

SDサーバーにはDBデータの管理ツールであるphpMyAdminが無かったのに対して、RSサーバーには標準搭載されているため、手軽にDBデータを取り扱うことが可能です。

RSサーバー管理画面のメニュー「データベース」にある「phpMyAdmin」に進んでください。

phpMyAdminに進む

下記のphpMyAdminログイン画面が表示されるので、先ほど追加したDBの情報にてログインします。

phpMyAdminログイン画面

phpMyAdminの管理画面が表示されるので「インポート」を押してください。

インポート

インポート設定画面に進むので「ファイル選択」にてSDサーバーからエクスポートしたDBファイルを選択してください。

DBファイルの選択

それ以外は特に設定の必要はないのでページ最下部まで進み「インポート」を押します。

下記の「インポートは正常に終了しました。」が表示されたらDBのデータ移行は完了です。

インポート完了

以上でWordPressのデータ移行は完了になります。
次はサーバー切り替え前の表示・動作確認についてです。

ステップ6:hostsによる事前の表示・動作確認

WordPressのサーバー移転では、データが問題なく移行できていても表示・動作がうまくいかずなんらかの調整が必要になることがあります。
そのため、サーバー切り替え前に表示・動作を確認しておくと安心です。

サーバー切り替え前に表示・動作を確認する方法については下記記事をご参考ください。

上記記事で使用するサーバーIPアドレスの調べ方は下記になります。

RSサーバー管理画面のメニュー「サーバー」内の「サーバー」に進みます。

サーバー情報ページの下のほうにあるタイプ「A」、ホスト名「@」の右にある「」がRSサーバーのIPアドレスになります。

なお、ここでご紹介した事前の表示・動作確認は、下記2つのケースでのみ有効です。

  • SSLを導入しておらずWebサイトのアドレスがhttpである場合
  • 有料SSLを契約しており既にRSサーバーに実装している場合

上記に当てはまらないケースは、無料SSLを利用している場合です。

SDサーバーにて無料SSLを利用しておりRSサーバーでも無料SSLを利用する場合には、サーバー切り替え前の表示・動作確認ができません。

なぜなら、RSサーバーではサーバー切り替え前に無料SSLの実装ができないためです。
参考)【レンタルサーバー RSプラン】 SSLの申し込みができない、利用できない

そのため、無料SSLを利用する場合はサーバー切り替え後のSSL実装となり、切り替え後一時的にhttpsでのアクセスが出来なくなります。

それを踏まえたうえでサーバー切り替えを実施するようにしてください。

ステップ7:SDからRSへのサーバー切り替え(SSL実装)

データ移行と事前確認が済んだら、サーバーを切り替えます。

ドメインの契約管理をしているサービスにログインし、該当ドメインのネームサーバーを下記RSサーバーのものに変更しましょう。

プライマリ:ns-rs1.gmoserver.jp
セカンダリ:ns-rs2.gmoserver.jp

なお、ネームサーバーの変更申請をしてから完全に切り替わるまでに、数時間~24時間ほどかかります。

そのため、SSLダウンタイムの影響を小さくしたい場合には、夜間や営業時間外などアクティブユーザーが少ない時間帯に切り替えることをお勧めします。

無料SSLを利用する場合には、ネームサーバーが切り替わったらお名前.com共用RSサーバーの管理画面から申請しておきましょう。

ステップ8:WordPress引越し完了

ネームサーバーが切り替わって、WordPressの表示・動作が問題なければお名前.comの共用SDサーバーからRSサーバーへのWordPress引越しは完了です。

お名前.com共用RSサーバーへ移転する際の注意点

最後にお名前.com共用RSサーバー特有の注意点についても触れておこうと思います。

リダイレクトループの回避

SDからRSへWordPress移転する際、httpからhttpsへの301リダイレクト設定を.htaccessへ記述している場合、書き方によってはリダイレクトループが起きることがあります。

その場合は、FTPソフトで.htaccessをダウンロードし、既存のリダイレクトコードを削除。
下記の新しいリダイレクトコードを追加して上書きアップロードしましょう。

SetEnvIf X-Forwarded-Proto "https" HTTPS=on
SetEnvIf X-Forwarded-Proto "http$" HTTPS=off

本記事の解説は以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

\お名前SDからRSへのWP引越し作業を代行してます/

「お名前SDからRSへのWP引越し作業を代行してほしい」
「自分で移管作業して失敗するのが怖い、、、」

そんなときは私たちサイト引越し屋さんにお任せください。
専門のスタッフが作業を代行いたします。

>>WordPress移転引越しプランの詳細はこちら

この記事を書いた人

サイト引越し屋さん編集部

日本で最も利用されているサーバー移転&保守代行サービス『サイト引越し屋さん』の中の人です。 サイト引越しに関わる技術情報をはじめ、WordPressやその他のWebサービスに関するノウハウを発信しています。 全日本SEO協会所属。日本ウェブ解析士協会(WACA)所属。

WordPress保守管理メールセミナー