WordPress引越しの際、ネームサーバー変更前に”特定”のPCでのみ移転後の表示確認を行う方法

ネームサーバー変更前のWordPress確認

WordPressの引越しをする際、移転後のサーバーにおいて正常に稼働するかどうか不安になることはありませんか?「出来れば引越し後の表示確認をしてからネームサーバーを切り替えたい」そう感じる方も多いと思います。

実は、ネームサーバーサーバー切り替え前に特定のPCでだけ表示を確認する方法があるんです。今日はその方法をご紹介していこうと思います。

動作確認URLのによる表示確認

まずは、ネームサーバー切り替え前に表示確認するための最も簡単な方法として「動作確認URL」を挙げておきます。

動作確認URLとは、サイト引越し前に仮のURLを発行し、そのURLにて表示の確認を行う機能です。本番のURLとは違いますが、本番用のデータを反映しています。たとえば、以下のようなURLです。

【本番用URL】http://site-hikkoshi.com
【動作用URL】http://site-hikkoshi-com.check-xserver.jp

動作確認用URLはレンタルサーバーによって機能を備えているところと、そうでないところがあります。ちなみに、先ほど例を挙げたURLはエックスサーバーによるもので、エックスサーバーには動作確認用URLの機能があります。

動作確認URL

WordPress引越しの際、まずは移転先サーバーにこの機能があるかどうか確認し、あるようなら是非引越し前の表示・動作確認に役立ててください。

“特定”のPCでのみ表示確認を行う方法

先ほどは動作確認URLによる事前の表示確認方法をお伝えしましたが、それが無理な場合はこちらの方法を試してください。ここでご紹介するのは「hostsファイル」による表示確認方法です。

通常私たちがサイトを見る場合、そのサイトに設定されたネームサーバー先のサーバーデータを表示します。たとえば、sample.comというドメインのネームサーバーにロリポップが設定されていたら、ロリポップ上のデータを表示するなどです。

ですが、PC内にあるhostsファイルを編集することによって、表示するサーバーを自由に設定することができます。この機能により、ネームサーバーがロリポップに向いていたとしても、あなたのPCだけはエックスサーバー上のデータを見に行くことが可能になるのです。

hostsファイルの場所

hostsファイルは以下の場所にあります。

Windows 10 / 8 / 7 / Vista / XP C:\WINDOWS\system32\drivers\etc\hosts
Mac OS X /etc/hosts/

hostsファイルの設定方法

PC内でhostsファイルを見つけたら、一番下の行に「サーバーのIPアドレス+半角スペース+ドメイン名」を入力し、上書き保存します。なお、サーバーIPアドレスは各社レンタルサーバー管理画面のサーバー情報ページに載っていますので、そちらをご確認ください。

ドメイン「sitemart.jp」の場合 ○○○.○○○.○○○.○○○ sitemart.jp
サブドメイン「test.sitemart.jp」の場合 ○○○.○○○.○○○.○○○ test.sitemart.jp

hostsファイルが上書きできたら、該当ドメインは移転先サーバーに繋がった状態となります。アクセスして表示や動作の確認をしてみましょう。そして、確認が済んだ後に今回記述した箇所を消し改めて上書きしておくことも忘れずに。

以上、ネームサーバー変更前に表示確認する方法でした。

SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form