プラグイン?FTP?WordPress引越し方法2パターンを解説

2paturns-to-transfer-wordpress

WordPressを引越しする方法は大きく分けて2つあります。1つは「プラグインを使用して移転する方法。もう1つはFTPソフトとphpMyAdminを使用し、手動で移転する方法です。

本記事では、それぞれの移転方法について触れるとともに、両者のメリット・デメリットついても解説いたします。

プラグインを使用したWordPress引越し方法

WordPressは様々なプラグインをインストールして機能を拡張できる点が特徴です。そんなプラグインの1つに、WordPress引越しに使用できるプラグインがあります。

詳細なプラグインの内容についての解説は省きますが、有名なプラグインとして「All-in-One WP Migration」「duplicator」が挙げられます。

これらプラグインを使用するメリットは、移転が簡単に行える点です。基本的には、ファイルのエクスポート→インポートで移転が完結し、余計な手間がかかりません。

ただし、デメリットとして移転先のサーバーによってプラグインが上手く動作しなかったり、有料プランを使用しないと容量や移転する形式などの制限に引っ掛かる可能性があります。

特にDB容量が重いサイトではプラグインを使用しても上手く移転できないケースが多く、別途で手動対応が必要になる場合もあります。こちらも合わせてご参考ください。

参考)WordPress引越しは「プラグイン」と「FTP・PHPMyAdmin」どちらがいい?

FTPソフト、phpMyAdminを使用したWordPress引越し方法

もう1つの方法として、プラグインを使用せずに手動でWordPressを引越す方法があります。具体的にはFTPソフトとphpMyAdminを使用し、サーバーから直接WordPressのファイルをダウンロード(エクスポート)し、移転先のサーバーにアップロード(インポート)する方法です。

手動で行うメリットは、プラグインのデメリットで挙げたサーバーの問題や容量の問題が発生しないことです。また、サーバーの設定を自分で確認しながら行えるため、予期せぬ設定が勝手に行われてしまう事態を防ぐことが出来ます。

ただしデメリットとして、手動で行うため時間や手間がかかること、設定ファイルの修正など自分で行わなければいけないため、それ相応の知識が求められることです。WordPress引越しの基本系としては、下記の記事が参考になります。

参考)【基本】WordPress引越し手順を画像付きで解説

まとめ

今回は、WordPress引越しの方法を2パターン解説しました。どちらの方法もメリット・デメリットが存在するため、移転対象のサイトの容量やサーバーによって適切な方法を選ぶ必要があります。

もしご自身で引越し作業を行うことに不安がある場合は、サイト引越し屋さんにて代行することも可能です。お気軽にご相談くださいませ(^ ^)

conrtact-form

役に立ったと感じたらシェアお願いします!
SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form