サーバー代が高いなら、移転してコストを抑えましょう。

高いサーバーから安いサーバーに移転しよう!

毎月数千円のサーバー代を払っていて、「勿体ないなあ」と感じている。

こういった企業さんは意外にも多いです。
へたすると毎月数万円かかっているケースもあったりします。

こんな時、私たちサイト引越し屋さんではサーバー移転をご提案しています。
なぜサーバー移転がお勧めなのか?詳しく見ていきましょう。

そもそもサイトに見合わないサーバーを使っているケースが多い

大きな企業になるほど当てはまるパターンなのですが、サイトのアクセス数や規模に見合っていないサーバーを使っているケースは多いです。

  • 「Web制作会社が言った通りに契約した」
  • 「外部コンサルタントが勧めてきたから」

などの理由で安易にサーバーを選んでしまってはいないでしょうか?

中小企業であったり、月間のアクセス数が100万PV以下の場合には、エックスサーバーなど1ヵ月1000円ほどのサーバーで十分に事足ります。

>>エックスサーバー公式サイトはこちら

高額なサーバーを契約してしまった場合の対処法

とは言うものの、この記事を読んでいるということは、あなたは既に高額なサーバーと契約してしまっている状態かと思います。

その場合の対処法については、サーバー移転をお勧めします。
サーバー移転とはその名の通り、レンタルサーバーを引越すことです。

サイトに見合わない高額な利用料のサーバーから、サイトに見合ったリーズナブルなサーバーに引越すことで、毎月の経費を抑えることが可能です。

サイト引越し屋さんでお付き合いさせていただく企業様では、代表者の方以外にもWeb担当者であったり管理部門の責任者の方も多くいらっしゃいます。

そういった部門では、売上に直結する業務が少ない分、経費はシビアに判断していく必要があります。次に、実際の事例を見ていただきましょう。

サイト引越し屋さんクライアントでサーバー代が安くなった事例

ここでは、サイト引越し屋さんにてサーバー移転を代行し、サーバー代の節約に成功した事例をご紹介します。

ソニーってどう?

サイト名【ソニーってどう?
サイトの概要:ソニーショップサンエイ。大阪のソニーショップです。

 

サーバー代が年間約40,000円⇒約13,000円まで削減

 

上記のクライアント様は、元々WADAXというGMOグループのレンタルサーバーを使っていらっしゃいました。ですが、コストが高いことに悩んでいたようです。

サイトの状況、アクセス数などを考えるとエックスサーバー社が提供するwpXで十分という判断になり、サイト引越し屋さんにて移転を代行させていただき、その結果としてサーバー代を大きく削減することに成功しました。

サーバー代と移転外注費を天秤にかけて検討を

先ほどはサーバー代の削減に成功した事例をお伝えさせていただきました。
ただし、ここには注意点もあります。

それは、「削減できる費用 > 移転にかかる外注費」の関係になっているか、ということです。

サーバー代が数百円削減できるとしても、移転の外注費に数十万もかかったのでは元も子ありません。
向こう何年ぐらいそのサーバーを利用するのかをイメージし、現在使っているサーバーと移転候補のサーバーでコストを比較する。

その結果、移転したほうがコスト削減になるようなら移転する。
これが正しいサーバー移転の検討手順になります。

もちろん、上記で説明したような悩みについて、サイト引越し屋さんで一緒に考えることも可能です。ご相談は無料で受け付けておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

conrtact-form

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。