ロリポップからエックスサーバーに乗り換える最大の利点

エックスサーバー

こんにちは!
WordPress専門のサイト引越しサービス『サイト引越し屋さん』です。

弊社では、レンタルサーバーの「ロリポップ」から「エックスサーバー」へのWordPress引越しをよく承ります。お客様の声を見ていただくと分かるのですが、皆さん満足されているようです。

それは何故でしょうか?
お問い合わせに答える意味でも少しお話したいと思います。

数字だけで比較しても分からない

エックスサーバーに使い慣れている方からすると「やっぱりエックスサーバーだよね!」という声をよく聞きます。ですが実は、両社のサービスを数字で比較してみると、そんなに機能面では変わりないことが分かります。

※ロリポップ「スタンダードプラン」とエックスサーバー「X10プラン」で比較

項目 ロリポップ エックスサーバー
初期費用 1,500円 3,000円
月額料金 500円 900円
ディスク容量 120GB 200GB
独自ドメイン 100個 無制限
MySQL 30個 50個
電話サポート あり あり

数字を見ただけで理解できない方向けに解説をしておくと、初期費用はサーバー契約時にかかるお金、月額料金は毎月かかるサーバー利用料になります。

ディスク容量とは、サーバーに保存しておけるデータ量の数字です。120GBと200GBだと結構差があるように見えますが、実はいずれにしてもこんなに容量は必要ありません。試しに10個ほどWordPressが入っているサーバーのアカウントを確認してみましたが、わずかに5GBほどしか使われていませんでした。100GBどころか、10GBも使いません。

独自ドメインはサイトのURLとなるものですが、ロリポップは100個(100サイト分)、エックスサーバーは無制限で設定可能。MySQLはWordPressのインストール上限となりますが、ロリポップは30個、エックスサーバーは50個となります。

つまり、WordPressサイトをたくさん運営したい方でも、30サイト以下であればどちらのサーバーでも良いということです。

このように、最初にかかるお金や月額の利用料に少しの差はあるものの、一見するとどちらのレンタルサーバーでも良いような印象を受けます。では何故、ここまでエックスサーバーに人気があるのでしょう?

肝はサイト表示スピードにあり!

エックスサーバーがこれだけ評価されている理由、それはなんと言ってもサイトの表示スピードにあります。

これは私が実際に2つのレンタルサーバーを利用した感想、クライアント様からも聞いた感想ですが、ロリポップからエックスサーバーに移転するだけで、WordPressの表示スピードが格段に速くなります。

また、ユーザーが見るサイトの表示スピードにばかり目が行きがちですが、実はWordPress管理画面の表示スピードも重要です。なぜなら、管理画面を編集している時に表示スピードが遅いと作業も遅れてしまうだけでなく、かなりのストレスを感じます。エックスサーバーに換えることで、そのイライラも解消できるのです。

表示スピードが遅いことは「機会損失」になる

最初にお見せした機能比較表を見ると、「初期費用がロリポップのほうが安い」とか「ロリポップのほうが月額料金も数百円安い」とか、数字の面だけに意識が向きがちです。

ですが今の時代、そういった小さい数字よりもサイト表示スピードのほうが断然重要な要素となっています。なぜなら、ユーザーは速く表示されるウェブサイトに慣れてきたため、サイトの表示が遅いだけでユーザーに離脱される可能性が高まるからです。

逆に言うと、サイトの表示スピードが速いだけで、ユーザーがあなたのサイトを見てくれる可能性が高くなります。つまり、アクセスが多ければ多いほどサイト表示スピードが影響力を持ちます。

利用料が数百円上がるだけで表示スピードの差は歴然
こぞってエックスサーバーに乗り換える方が多いのも理解できます。

>>エックスサーバー公式サイト

SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form