ロリポップとエックスサーバーの違いと移行するメリット

ロリポップとエックスサーバーの違い

こんにちは!WordPress専門のサーバー移転代行サービス『サイト引越し屋さん』です。

突然ですが、こんな悩みを抱えてはいませんか?
ロリポップとエックスサーバーって、どっちのほうがいいんだろう?
エックスサーバーのほうが表示スピードが速いと聞くけどどうなんだろう。。。

サイト引越し屋さんでは、こういった質問をよく聞かれます。
結論からお伝えすると、ロリポップからエックスサーバーに移行することで、サイトの表示スピードアップと、その影響によるSEO評価の向上や検索順位アップが見込めます。

本記事では、ロリポップとエックスサーバーを比べるとともに、移行するメリットについて解説しています。是非とも参考にしてみてください。

\ロリポップからエックスサーバーへの移行作業を代行中/

「ロリポップからエックスサーバーへサーバー移転したい。」
「自分で移転作業をするのは間違いそうで不安。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
経験豊富なエンジニアが作業を代行いたします。

>>WordPress引越しプランの詳細はこちら

サーバープランの仕様を比較するだけでは分からない。

まずは手始めに、ロリポップとエックスサーバーのサーバー仕様を比較しておきます。
どちらもWordPressを使える最安値のプランで比較しましょう。

※ロリポップ「ライトプラン」とエックスサーバー「X10プラン」で比較

 

ロリポップとエックスサーバーのプラン比較表
項目ロリポップエックスサーバー
初期費用1,500円3,000円
月額料金250円900円
ディスク容量50GB200GB
独自ドメイン50個無制限
MySQL1個50個
電話サポートなしあり

 

全体的な比較としては、ロリポップよりエックスサーバーのほうが料金が少し高い分、サーバー容量を始め利用できる幅が広くなっており、サポート面でも手厚い形になっています。

念のため個々の項目を説明しておくと、初期費用はサーバー契約時にかかるお金、月額料金は毎月かかるサーバー利用料になります。

ディスク容量とは、サーバーに保存しておけるデータ量です。
50GBと200GBだとかなり差があるように見えますが、実はいずれにしてもこんなに容量は必要ありません。WordPressで作った個人ブログであれば、大体は数GB程度のため、容量としてはどちらも十分と言えます。

独自ドメインはサイトのURLとなるものですが、ロリポップは50個(50サイト分)、エックスサーバーは無制限で設定可能。MySQLはWordPressのインストール上限となり、ロリポップは1個、エックスサーバーは50個となります。

つまり、ロリポップライトプランの場合はWordPressサイトを1つしか作れません。

以上、ロリポップとエックスサーバーのプラン比較です。

先ほども言ったようにサーバー仕様だけでは容量やサポートの違いしか見えてきません。ですが、本当に大事な違いはこの表には載っていない別の部分にあります。

ロリポップとエックスサーバーの違いはサイト表示スピードにあり!

先ほどの比較表からは見えてきませんが非常に重要な違い、それはロリポップとエックスサーバーのサイト表示スピードにあります。

私たちサイト引越し屋さんでも、ロリポップからエックスサーバーへの移行作業を代行することがよくあるのですが、移行前と移行後では表示スピードが速くなっていると感じます。

 

Twitterを覗いてみても、表示スピードの違いを感じている方は多そうです。

 

 

 

 

 

また、表示スピードの違いは読者さん(ユーザー)への影響だけではなく、サイトを運営する側には影響があります。

なぜなら、WordPressの管理画面を編集している時に表示スピードが遅いと作業も遅れてしまうだけでなく、かなりのストレスを感じるからです。エックスサーバーに換えることで、そのイライラも解消できます。

表示スピード遅延は機会損失!数百円の差が大きな成果の違いを生みます。

最初にお見せした機能比較表を見ると、「初期費用がロリポップのほうが安い」「ロリポップのほうが月額料金も数百円安い」など、どうしても料金の部分に目が行ってしまったかと思います。

もちろん、趣味でやっているブログであったり、収益に関係のない企業のホームページであれば、出来るだけコストを抑えてサイト運営するほうが良いでしょう。

ですが、もしあなたがブログやホームページを通じて収益を生みたいのであれば、エックスサーバーへの移行をお勧めします。昨今のSEO事情を見ても、サイトの表示スピードは非常に重要な指標になっています。

ユーザー側は速く表示されるWebサイトに慣れてきたため、サイトの表示が遅いだけでユーザーがサイトから離れてしまうようになったのです。せっかく一生懸命コンテストを作っても、見てももらえないのでは仕方がありません。

エックスサーバーに移行して表示スピードを速くすることで、SEOやユーザー行動に良い影響が出て、検索順位がアップする可能性はあります。そう考えると数百円の違いは小さなコストと言えそうですね。

>>エックスサーバー公式サイト

\ロリポップからエックスサーバーへの移転作業を代行中/

「ロリポップからエックスサーバーへサーバー移転したい。」
「自分で移転作業をするのは間違いそうで不安。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
経験豊富なエンジニアが作業を代行いたします。

>>WordPress引越しプランの詳細はこちら

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。