ロリポップとエックスサーバーを比較!違いを解説します【移行するメリットは?】

ロリポップとエックスサーバーの違い

こんにちは!WordPress専門のサーバー移転代行サービス『サイト引越し屋さん』です。

突然ですが、こんな悩みを抱えてはいませんか?

ロリポップとエックスサーバーって、どっちのほうがいいんだろう?

エックスサーバーのほうが表示スピードが速いと聞くけどどうなんだろう。。。

今運営しているブログを他のサーバーに引越しすることはできるのかな?

サイト引越し屋さんでは、こういった質問をよく聞かれます。
結論からお伝えすると、ロリポップからエックスサーバーに移行することで、サイトの表示スピードアップと、その影響によるSEO評価の向上や検索順位アップが見込めます。

本記事では、ロリポップとエックスサーバーを比べるとともに、移行するメリットについて解説しています。是非とも参考にしてみてください。

\ロリポップからエックスサーバーへの移行作業を代行中/

「ロリポップからエックスサーバーへサーバー移転したい。」
「自分で移転作業をするのは間違いそうで不安。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
経験豊富なエンジニアが作業を代行いたします。

>>WordPress引越しプランの詳細はこちら

ロリポップとエックスサーバーの比較

まずは「どちらのサーバーがあなたに向いているのか」先にまとめておきますね。

ロリポップが向いている人|安さ重視!

  • とにかく安い利用料金のサーバーを使いたい人
  • サイトの表示速度はそれほど気にしない人
  • 小規模なWebサイトを作成する予定の人
  • 1サイトのみを運営する予定の人

「利用料金のコストを数百円でも抑えておきたい」といった人はロリポップが向いています。

また「お店のホームページを作るだけなので、運営するWordPressサイトは1つだけ」という人も、ロリポップのほうがコストを抑えられます。

エックスサーバーが向いている人|機能性重視!

  • 少しでも評判が良いサーバーを使いたい人
  • Webサイトのページ表示速度を速くしたい人
  • スペック重視で安定感があるサーバーを使いたい人
  • いずれは商業目的で大規模なサイトを作りたい人
  • 複数のサイトを運営したい人
  • サポートの対応が丁寧

エックスサーバーは評判の良さだけではなく、セキュリティや容量などスペック面でも申し分ありません。

「将来的に多くのサイトを運営したい」「規模が大きいサイトを目指したい」といった人は、最初からエックスサーバーを使ったほうが良いでしょう。

サーバープランの仕様を比較してみた※大きな差はない

次にロリポップとエックスサーバーのサーバー仕様を比較しておきます。
どちらもWordPressを使える最安値のプランで比較しましょう。

※ロリポップ「ライトプラン」と「スタンダードプラン」、エックスサーバーの「X10プラン」で比べています。

ロリポップとエックスサーバーのプラン比較表
項目ロリポップ(ライトプラン)ロリポップ(スタンダードプラン)エックスサーバー
初期費用1,500円~1,500円~3,000円~※0円キャンペーンあり
月額料金250円500円900円
ディスク容量100GB120GB200GB
サイト数(WordPress)1個50個50個
サイト数(独自ドメイン)100個200個無制限
電話サポートなしありあり
バックアップ※有料※有料無料
詳細>>ロリポップの公式サイトで確認する>>ロリポップの公式サイトで確認する>>エックスサーバーの公式サイトで確認する

(※)ロリポップでバックアップを定期的に取る場合は、月額300円が発生します。

もう少し具体的にそれぞれの項目を説明していきますね。

運用コストの違い|バックアップ費用を入れると差がほぼない

項目ロリポップ(ライトプラン)ロリポップ(スタンダードプラン)エックスサーバー
初期費用1,500円~1,500円~3,000円~※0円キャンペーンあり
月額料金250円500円900円
バックアップ有料(月額300円)有料(月額300円)無料

初期費用はサーバー契約時にかかるお金、月額料金は毎月かかるサーバー利用料になります。

初期費用に関しては、ロリポップよりもエックスサーバーのほうが高めですね。ただし、キャンペーン期間に申し込みができれば、初期費用を無料に抑えられる可能性があります。

>>エックスサーバーの公式サイトで確認してみる

また、バックアップを依頼する場合は、エックスサーバーとロリポップ(スタンダードプラン)で、コストの差がほぼ出ないことになりますね。

万が一のトラブルで、サイトのデータが消えてしまうリスクを考慮するなら、やはりバックアップはつけておいたほうが安心ですね。

ディスク容量(ストレージ)の違い|両サーバーとも十分!

項目ロリポップ(ライトプラン)ロリポップ(スタンダードプラン)エックスサーバー
ディスク容量100GB120GB200GB

全体的な比較としては、ロリポップよりエックスサーバーのほうが料金が少し高い分、サーバー容量を始め利用できる幅が広くなっており、サポート面でも手厚い形になっています。

ディスク容量とは、サーバーに保存しておけるデータ量のことで、ストレージとも呼ばれています。

ロリポップとエックスサーバーでかなり差があるように見えますが、本来ここまでの容量は必要ありません。WordPressで作った個人ブログであれば、大体は数GB程度のため、容量としてはどちらも十分と言えます。

作成できるサイトの数の違い|各サーバーに差あり

項目ロリポップ(ライトプラン)ロリポップ(スタンダードプラン)エックスサーバー
サイト数(WordPress)1個50個50個
サイト数(独自ドメイン)100個200個無制限

独自ドメインはサイトのURLとなるものですが、ロリポップはスタンダードプランで200個(200サイト分)、エックスサーバーは無制限で設定可能。WordPressのサイトを作成できる数は、ロリポップのライトプランは1個、エックスサーバーは50個となります。

バックアップに関しては、ロリポップは有料になります。ですから、スタンダードプランにバックアップを追加すると、ほぼ料金面でもエックスサーバーと同じになりますね。

つまり、ロリポップライトプランの場合はWordPressサイトを1つしか作れません。

サポートの違い|ロリポップにはチャットサポートあり

項目ロリポップ(ライトプラン)ロリポップ(スタンダードプラン)エックスサーバー
メールサポート
チャットサポート
電話サポート

エックスサーバーは、現在(2021年2月時点)は電話サポートとメールサポートしかありませんが、ロリポップにはチャットサポートがあります。

両サーバーともスペック自体に大きな差はない

ロリポップとエックスサーバーの違いについて、もう一度簡単にまとめておきますね。

  • ロリポップよりもエックスサーバーはコストがやや高め
  • ロリポップのライトプランはWordPressサイトを1つしか作れないが安い
  • ロリポップのバックアップは有料(300円かかる)
  • ディスク容量はエックスサーバーの方が多くて安心
  • Webサイトを開設できる数に大きな差はない
  • サポート面に大きな差はない

将来的に、複数のブログやサイトを運営するのであれば、エックスサーバーのX10やロリポップのスタンダードプランを選んだほうが良いでしょう。

以上、ロリポップとエックスサーバーのプラン比較です。

先ほども言ったようにサーバー仕様だけでは容量やサポートの違いしか見えてきません。ですが、本当に大事な違いはこの表には載っていない別の部分にあります。

ロリポップとエックスサーバーの違いはサイト表示スピードにあり!

先ほどの比較表からは見えてきませんが非常に重要な違い、それはロリポップとエックスサーバーのサイト表示スピードにあります。

私たちサイト引越し屋さんでも、ロリポップからエックスサーバーへの移行作業を代行することがよくあるのですが、移行前と移行後では表示スピードが速くなっていると感じます。

Twitterを覗いてみても、表示スピードの違いを感じている方は多そうです。

 

 

 

 

 

また、表示スピードの違いは読者さん(ユーザー)への影響だけではなく、サイトを運営する側には影響があります。

なぜなら、WordPressの管理画面を編集している時に表示スピードが遅いと作業も遅れてしまうだけでなく、かなりのストレスを感じるからです。エックスサーバーに換えることで、そのイライラもきっと解消できるはずですよ。

表示スピード遅延は機会損失!数百円の差が大きな成果の違いを生みます。

最初にお見せした機能比較表を見ると、「初期費用がロリポップのほうが安い」「ロリポップのほうが月額料金も数百円安い」など、どうしても料金の部分に目が行ってしまったかと思います。

もちろん、趣味でやっているブログであったり、収益に関係のない企業のホームページであれば、出来るだけコストを抑えてサイト運営するほうが良いでしょう。

ですが、もしあなたがブログやホームページを通じて収益を生みたいのであれば、エックスサーバーへの移行をお勧めします。昨今のSEO事情を見ても、サイトの表示スピードは非常に重要な指標になっています。

ユーザー側は速く表示されるWebサイトに慣れてきたため、サイトの表示が遅いだけでユーザーがサイトから離れてしまうようになったのです。せっかく一生懸命コンテストを作っても、見てももらえないのでは仕方がありません。

エックスサーバーに移行して表示スピードを速くすることで、SEOやユーザー行動に良い影響が出て、検索順位がアップする可能性はあります。そう考えると数百円の違いは小さなコストと言えそうですね。

>>エックスサーバー公式サイト

評判で比較!ブロガーにはエックスサーバーが人気

SNSのTwitterで、レンタルサーバーに関するアンケートが取られていたので、参考に紹介しておきます。
やはり個人的なサイト作成では、エックスサーバーが人気のようですね。


エックスサーバーは、ユーザーからの評価も高く、信頼が厚いことが分かりました。

まとめ:ロリポップからエックスサーバーへ引越しができる

以上、ロリポップとエックスサーバーの違いについて簡単に確認してきました。両者とも素晴らしいサーバーだと分かりましたね。

ただ、すでにロリポップのサーバーを使っている人で、サイト表示スピードなどに不満を持っているなら、エックスサーバーに移転してみると大きく改善される可能性があります。

「ロリポップのサーバーで複数のサイトを管理しているけど…移行するにはどうすればいいか分からない…」と困っていませんか。

ご自身で移行作業をすると、手間もかかりますし大事なサイトのデータが消えてしまうリスクもあります。

弊社のサービスであれば、ロリポップサーバーからエックスサーバーへの引越しが可能です。あなたの代わりに面倒な作業は、すべて代行します。

\ロリポップからエックスサーバーへの移転作業を代行中/

「ロリポップからエックスサーバーへサーバー移転したい。」
「自分で移転作業をするのは間違いそうで不安。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
経験豊富なエンジニアが作業を代行いたします。

>>WordPress引越しプランの詳細はこちら

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。