WordPressのバージョンが古いとどうなる?!リスクをまとめてみた。

wordpress-versionup-risk

WordPressのダッシュボードを開くと、時々「WordPressXXが利用可能です!更新してください。」といったようなバージョンアップの通知が来ることがあります。
ユーザーの中には「下手にバージョンアップしてプラグインが動かなくなってしまったらどうしよう…」「バージョンアップをして何か効果があるの?」と思って放置している方も多いのではないでしょうか。

しかしバージョンアップをせずにWordPressの運用を続けることは大変危険です。

この記事では具体的にどのようなリスクがあるのかを解説していこうと思います。

脆弱性が放置されることにより、不正侵入を許してしまう

まず一番にバージョンアップをしないことのリスクとして、セキュリティの脆弱性が放置されることにより、外部からの不正侵入のリスクが残ったままとなってしまう、といったことがあげられます。

基本的にWordPressのバージョンアップの目的は大きく分けて2つあります。

  • 新機能の追加・既存機能の修正
  • 脆弱性の対応・バグの修正

イメージとして、バージョンアップと聞くと、どうしても機能追加のイメージが先に来てしまいますが、割合としては脆弱性対応やバグ修正のためのアップデートがかなりを占めます。

技術やインターネットを取り巻く環境が変化していくにあたって、今までは見つかっていなかった脆弱性などがあとから発見されることもあります。

こういった脆弱性への対応のためのアップデートを放置するということは、それだけサイト全体のセキュリティのリスクが上がるということです。

ユーザーの個人情報やお金を扱っているサイトでは情報が外部に流出するだけでも大問題ですし、そうでなくてもサイトが乗っ取られたり悪意のある第三者にめちゃくちゃにされてしまう危険性もあります。

新しいプラグインやテーマが使えなくなる可能性がある

WordPress本体だけでなく、インストールしているプラグインやテーマ等も日々アップデートされていきます。

プラグインのアップデートも基本的には最新のWordPressを基準にして行われるため、あまり古いバージョンのままですと、ある時突然インストールしているプラグインが動作保証対象外になってしまう危険性があります。

もちろんある程度古いバージョンへの互換性は保っているものも多いですが、WordPressがアップデートされ続ける以上、いつかはプラグインのバージョンとの乖離が起きてしまいます。

また新しく使用したいプラグインやテーマが現れても、自分の使っているWordPressのバージョンが古いため、インストールできず泣く泣く諦めるといったことにもなりかねません。

まとめ

ここまでWordPressのバージョンが古いまま運用し続けるリスクを述べてきました。

しかし、冒頭でも触れたようにうかつにアップデートをすると、逆に新しいバージョンに現在のプラグインがついていけず動作しなくなってしまう危険性もあります。

そのため、アップデートする際は現在インストールしているプラグインやテーマを把握し、アップデート先のバージョンと比べて問題ないかといった検証を行ってからアップデートを行う必要があります。

とはいえ、慣れていないと大変な作業ではありますし、もし万が一アップデートに失敗しサイトが破損してしまった場合は自分で修復しないといけません。

そこでおすすめしたいのが、専門の業者にアップデート作業を依頼することです。

WordPressに精通しているプロに任せることにより、自身で煩わしい作業行うことなく安心してアップデートができます。

弊社でもアップデート作業の依頼は受け付けておりますので、まずは気軽に相談からでもお声がけください。

conrtact-form

SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form