WordPressと無料ブログの違い。結局、どっちがいいの?

最近(といっても数年前からですが)「自分のメディア作るならWordPress一択!」とか「無料ブログは削除される恐れがあるから危険」みたいな流れが強くなっていますね。

WordPressという言葉もかなり浸透してきていますし、クライアントさんと話していても知っている方が増えているように感じます。実際、グーグルトレンドを見ても、注目度は年々増加の傾向にあるようです。

Google Trends - Web Search interest_ WordPress

そんなWordpressですが、無料ブログに比べて全て勝っているかというと、実はそんなこともありません。弊社でサイトを制作する際はWordpressを使って構築することがほとんどですが、無料ブログにもメリットはあると感じています。

要は使い方の問題であり、どちらかを絶対視するとかそういう話ではありません。

WordPressと無料ブログの大きな違い

無料ブログの中でもアフィリエイターが多く存在し、最近話題の有名ブロガーも多いはてなブログを例にお伝えします。

まず、Wordpressとはてなブログでの最も大きな違いは、「運営の自由度」でしょう。

自分でレンタルサーバーを借りて独自ドメインでWordpressを構築すれば、基本的に運営はフリーダムです。アフィリエイトしたからとか、出会い系の記事を書いたからといって、勝手に削除されたりすることはありません。

ですが、無料ブログを使っていた場合には、各ブログの規約に従う必要があります。実はかく言う私も、過去にいくつもの無料ブログを削除されています。自分では規約に従ったつもりでも、運営側が規約違反と判断すれば、削除される可能性はあるのです。

そもそも、規約といっても具体的に分かりやすく書かれているブログサービスはあまりなく、解釈を変えればどうとでも取れるような内容のものも多くあります。そのため、100%規約に沿ってブログ運営することは、事実上、難しいと感じています。

無料ブログ(はてなブログ)の利点

『じゃあ、Wordpressの方が絶対に良いじゃん!』と思うかもしれませんが、絶対にそうとは言えません。というのも、無料ブログには独特のコミュニティ要素が含まれているためです。

たとえば、はてなブログでいえば「はてなブックマーク」がそれにあたります。「はてなブックマーク」とは皆さんご存知の通り、インターネット上のお気に入りを作れるサービスです。もちろん、これもはてなが提供しています。

この「はてなブックマーク」がアクセスを集めるうえでなかなか強力なのです。このサービス自体は外部のブログでも利用できるのですが、はてなブログ利用者は外部ブログよりもブックマークを集めやすい傾向にあります。

まずはてなブログを利用していることではてな民から読者登録をしてもらえたり、はてなブログ利用者の方がはてなブックマークの新着・人気エントリーに表示されやすいという特徴があるのです。そのため、はてな自体からの被リンク効果に加え、ソーシャル拡散によるアクセスアップ、それに応じた更なる被リンク獲得も狙えます。

ここでははてなブログに限った話を出しましたが、他のブログサービスでも拡散の機能はあります。各社の無料ブログではポータルサイトがあり、そこでブログの更新情報が流れることでアクセスが拾えるのはよくある例です。

ブログ削除のリスクとは?

でも、ブログ削除されたら終わりでしょ?
実はそうとも限りません。

無料ブログであろうがWordpressであろうが、どこのサーバーにデータを保存しているかの違いであって、ブログ削除のリスクを下げることは可能なのです。もちろん、しっかり独自ドメインでの運用に加え、バックアップを取っていた場合の話に限りますが。

独自ドメイン運用に加え記事と画像のバックアップさえ取っておけば、無料ブログが削除されたとしても、ドメイン要素(下層記事も含めて)を引き継いだまま、Wordpressに移行ができるのです。

ネットメディアの集客(SEO)において大事なことはドメイン評価です。下層記事のURL含め、トップドメインを変更せずにドメイン評価を引き継げる以上、データがどこに入っているかはそれほど重要なことではありません。

移行の際の注意点

ただし、バックアップだけでは実現できないこともあります。各ブログサービスでは独自の機能も実装されているため、Wordpressでは同じことが実装できないケースも多いのです。

たとえば、はてなの人気機能としてブログカード機能がありますが、あれはWordpressにそのまま引き継ぐことはできません。記事中にたくさん使っていた方は削除するか、別の形式で表示する必要があります。無料ブログは各社それぞれ特徴や機能が違うため、移行の際は「何が実現可能で何が不可能なのか知っておくこと」が重要です。

>>無料ブログからWordPressに移行できる要素・できない要素

ちなみに、グーグルが提供しているBlogger、FC2ブログ、Livedoorブログ、Seesaaブログなどは、Wordpressへの移行が非常に楽です。

結局どっちがいいの?

結論は、「最終的にはWordpressを使いましょう!!」です。
最終的にはというのは、サイトの収益基盤やアクセスが整ったらという話です。

WordPressは自分で所有するブログ(サイト)なので、自由に扱うことができます。デザインのカスタマイズも、記事の内容も、広告も好きなように編集できます。ですが、自由な分、サイトを成長させるまでに時間と労力がかかります。

初めてメディアを持つ人がいきなりWordpressでサイト構築しても、機能を使いこなせない、数ヶ月アクセスが来ない。これでは挫折してしまう方が多いのも事実です。ですから、最初はアクセスのサポート要素のある無料ブログから始めてみるのもありです。

あとは、最初は「無料ブログ」+「独自ドメイン」でスタートし、サイトに被リンクが付いてドメイン評価が高まったり、アクセスが増えてきた段階でWordpressに移行するのが得策ですね。サイトの成長に合わせて環境も変えてあげましょう。

サイトの移行でお困りの際は、お気軽にご相談くださいませ(^ ^)
conrtact-form

役に立ったと感じたらシェアお願いします!
SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form