HTMLサイトからWordPress移行において、独自テンプレート化をお勧めしない理由

お勧めしない

最近ではWordPressを始めとしたCMSがサイト運営の主流となり、HTMLのみで作られたサイトを運営している方は減りました。ですが、中にはホームページビルダードリームウィーバーなどを使ってHTMLサイトを運営している方もたまに見かけます。

こういったHTMLサイトからWordPressに移行しようと考えた場合、1番の課題となるのがテーマ(WordPressではテンプレートのことをテーマと呼びます)です。

結論からいうと、HTMLサイトからWordPressへの移行では、有料無料問わず既存のテーマを使ったほうが良いです。独自のテーマを開発するのはやめたほうがいいでしょう。その理由をお話していこうと思います。

コストがかかる

まず第一の理由として、テーマの制作に余計なコストがかかります。

もし既存のテーマを利用するなら、無料テーマならもちろん無料で使用することが出来ますし、有料のテーマを利用するとしても最初に安価な金額(1,500~10,000円)を払うだけで使いたい放題です。

これがテーマを一から作る場合には、50,000~100,000円、機能や管理画面の作り込みなどもやってしまうともっと高くなってしまうこともあります。

HTMLサイトからWordPressに移行代行を依頼するだけでもお金がかかるのに、それに加えてテーマ作成費だけでこんなにかかるのはコスト高でしょう。

不具合のリスクがある

また、新規でテーマを作る懸念点として不具合のリスクがあります。

新規テーマというのは、当たり前ですが新しくテンプレートを作るということです。そのため、機能や表示のテストを何度も繰り返して、バグや不具合がないか確かめながら進めていきます。

この場合、大方は大丈夫だと思っていても後で不具合が見つかったり、必要な機能が抜けていたというアクシデントの可能性も考えられます。

それに対して既存のテーマを利用する場合はそういったリスクが限りなく低いです。なぜなら、既に多くのユーザーが利用済みであり、そういった方達のレビューを元に細かい不具合やバグなどは改良済みであるからです。多数のユーザーからの利用実績があるほど安心して使うことができます。

アップデートが効かない

最後に、最も厄介な点。それがテーマのアップデートです。

WordPressというのは日々進化しており、その進化に合わせてアップデートをする必要があります(WordPressのアップデート自体は管理画面から簡単にできます)。ただし、これはWordPress本体に限った話ではなく、テーマについても同様です。

WordPressとテーマは連動しているので、WordPressが進化すれば、それに合わせてテーマもアップデートしなければいけません。そうしないと、古いプログラムがエラーを起こし、サイトの表示や機能に影響を及ぼすこともあります。

このテーマのアップデート、もし既存テーマであれば提供元が担当してくれるので、こちらは更新ボタンを押すだけで済みます。ところが、独自に作ったテーマの場合、この先のアップデートも自分たちでやっていかなければいけません。そのたびにコストもかかります。

まとめ

以上の理由から、WordPress移行における独自テンプレート化はお勧めしません。

実際問題、よっぽど奇抜なデザインでない限り、既存テーマの中に似たデザインはあるものです。もし大方気に入ったデザインが見つかれば、細かい部分だけカスタマイズすることも可能です。ですので、お勧めとしては、

  • 既存テーマをそのまま利用する
  • 既存テーマをカスタマイズして利用する

これらどちらかにすべきですね。

以上、参考になれば幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form