ロリポップにおけるDNSとレコード設定方法

ロリポップにおけるDNSとレコード設定方法

ロリポップにはネームサーバーが存在していますが、DNSレコード編集は許可されていません。

そのため、ロリポップでWebサイトを公開しつつDNS設定をするには、ロリポップ以外のネームサーバーを経由する形での設定が必要となります。

本記事では、既にロリポップにネームサーバーが向けられている方向けに、DNS設定する方法を解説しています。

ロリポップを利用しつつDNS設定が必要なケース

実際のネームサーバー変更やDNS設定の解説に入る前に、まずはどのような場面においてロリポップを利用しつつDNS設定が必要になるかの例を挙げておきます。

  • サーチコンソールでドメイン所有権の確認にTXTレコードを使用する
  • Webサイトとメールアドレスを別々のサーバーで運用したい
  • メールアドレスの使用に際してspf設定したい
  • SSL証明書の新規発行にTXTレコードが必要

このような場面において、ロリポップを利用しつつDNS設定が必要となります。

ロリポップを利用しつつDNS設定する方法

それでは、ここからは具体的なDNS設定手順に入っていきます。
DNSを細かく設定するためにはロリポップ以外のネームサーバーを使用する必要があります。

ここでは、お名前.comというドメイン管理サービスのネームサーバーを経由する方法にて解説していきます。

ちなみに、ムームードメインなど他のドメイン管理サービスを経由する場合も手順は同じです。あなたがお使いのドメイン管理サービスにて設定を進めていきましょう。

まずはお名前.comのログインページから管理画面にログインします。

お名前.com Naviログイン

管理画面にログインしたら、「ドメイン設定」に進みます。

ドメイン設定に進む

たくさんメニューが表示されるので、左側のメニュー内から「DNS設定 / 転送設定」に進みます。

DNS設定 転送設定に進む

ドメイン一覧が表示されますので、DNS設定したいドメインにチェックマークを入れて、一番下にある「次へ」ボタンを押しましょう。

ドメインの選択

すると、DNSの設定画面に進みます。必要なレコードを追加していきましょう。

まずはWebサイトをロリポップで表示するためのAレコードです。
下記のように「www」の有り無しの両方で登録します。登録内容は下記です。

DNSで設定するAレコードの内容
ホスト名TYPETTLVALUE
無記入AレコードそのままWebサーバーのIPアドレス
wwwAレコードそのままWebサーバーのIPアドレス

なお、WebサーバーのIPアドレスが分からない場合、下記記事を参考に調べてみてください。

Aレコードの記入

サブドメインAレコードの記入

上記のAレコード2つを追加できれば、Webサイトの表示は出来ます。
それ以外に必要なレコード(サーチコンソール用のTXTレコード追加など)も合わせて行うようにしてください。

必要なレコードが全て追加できたら、一旦「転送用のネームサーバー(01.dnsv.jp / 02.dnsv.jp / 03.dnsv.jp / 04.dnsv.jp)に変更する」にはチェックを付けずに、「確認画面へ進む」を押して完了されます。

なぜなら、DNSゾーン設定は反映までに約1時間ほどかかるため、いきなりお名前.comのネームサーバーに変更してしまうと設定したDNS情報が反映されず、サイトが表示されなくなる可能性があるからです。

DNSの変更

ネームサーバーを変更せずDNSだけ変更して1時間以上経過したら、また同じ画面に進んで「転送用のネームサーバー(01.dnsv.jp / 02.dnsv.jp / 03.dnsv.jp / 04.dnsv.jp)に変更する」にはチェックを付け、確認画面へ進んで完了させます。

ネームサーバー変更確認

これにてネームサーバーの切り替え及びDNS設定は完了です。

Webサイトの表示確認および各種設定の確認

ネームサーバーを切り替えたあとは、念のためWebサイトの表示確認をします。
万が一サイトが表示されない場合には、レコード設定を見直すか、またはネームサーバーを元に戻せば表示できるようになります。

また、サーチコンソール等の認証でレコード設定をした場合には、合わせて認証作業も進めておきましょう。

以上、ロリポップにおけるDNSとレコード設定方法の解説でした。
最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。