小さな会社に自社サーバーNG!レンタルサーバーとの違い解説

自社サーバー

インターネット上にホームページを公開するには「サーバー」が必要です。サーバーには、自社で管理を行う「自社サーバー」と、専門業者が管理を行う「レンタルサーバー」があります。

どちらを選ぶかは、自分で決めることができますが、中小企業や個人事業などの場合は、自社サーバーよりもレンタルサーバーがオススメです。

今回は、どうして小さな会社に自社サーバーはNGなのかについて、自社サーバーのメリットやデメリットと共に詳しく解説していきたいと思います。

現在、自社サーバーでホームページを運用している方や、これから運用しようと考えている方は、ぜひ本記事を最後まで読んでみてください。

\レンタルサーバーへの移転作業を代行中/

「自社サーバーからレンタルサーバーへ引越したい。」
「自分で作業すると失敗しそうで不安。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
プロのエンジニアがサーバー移転作業を代行いたします。

些細なご質問などでもお気軽にご相談くださいませ^^
>>無料ご相談窓口はこちら

そもそも自社サーバーとは?!用語を解説。

まずは、そもそもサーバーという言葉自体よく分からない方のために、自社サーバーについて解説いたします。

サーバーとは、様々なデータを保管する為のものです。例えば、ホームページをネット上に公開するための「Webサーバー」やメールを配信するための「メールサーバー」、IPアドレスをドメインに変換する「DNSサーバー」などがあります。

社内に「オンプレミス」で構築されているサーバーを、自社サーバーと呼びます。オンプレミスとは、自社でサーバーを購入して、構築や運用を行うことです。

以前は、自社サーバーが主流でしたが、現在は、ネット経由で外部のサーバーを利用する「クラウド(レンタルサーバー)」を利用する企業が増えています。

自社サーバーはあり?メリット・デメリットを比較

ホームページの運用を行うにあたって、自社サーバーはありなのでしょうか。冒頭でも述べましたが、中小企業や個人事業などの小さな会社の場合、自社サーバーは避けるべきです。

ここでは、自社サーバーのメリット・デメリットについて、解説いたします。

自社サーバーのメリット

自社サーバーは、全て自社環境で運用するため、カスタマイズを自由に行うことができます。

レンタルサーバーの既存のシステムでは対応できない、特殊なシステムが必要な企業であれば、自社サーバーの自由度の高さが必要になることもあります。ただし、自社サーバーの構築やカスタマイズには、サーバー管理に関する知識や技術を持った人物が必要です。

また、技術力の高い管理者によって、しっかりと構築された自社サーバーであれば、ネットワーク面でのセキュリティの安全性が高いというメリットもあります。自社のネットワークだけでシステムの運用ができますので、データが外部に漏れる心配がありません。

自社サーバーのデメリット

一方、自社サーバーには、デメリットもあります。

自社サーバーは、導入までのコストが高額です。必要なサーバーや機器を設置するためには、高額な費用がかかるのです。また、サーバーを維持管理するためのコストもかかります。

基本的に24時間365日、可動させる必要があるサーバーでは、光熱費や管理するための人件費も必要です。さらに、自社サーバーにトラブルや障害が起きた時に、全て自社で対応しなければいけないのもデメリットと言えます。

自社サーバーとレンタルサーバー(クラウド)の違い

レンタルサーバー(クラウド)は、自社で設備を購入したり、構築したりする必要がありません。外部の業者が管理しているサーバーを、インターネット経由で利用することができます。

ここでは、自社サーバーとレンタルサーバーの代表的な違いを3つ、ご紹介します。

1.レンタルサーバーは初期費用、ランニングコスト共に安い

レンタルサーバーの場合、導入までの費用が、自社サーバーに比べて圧倒的に安いです。機器を購入する必要もありませんし、サーバー管理知識のある技術者を雇う必要もありません。

つまり、契約すれば、すぐに利用することができます。

また、ランニングコストの面でも、月々の利用料は必要ですが、自社サーバーの維持管理費よりも安いです。レンタルサーバーによっては、月額数百円で利用できる業者もあります。

2.レンタルサーバーはサーバーの障害時や災害時も安心

万が一、サーバーにトラブルや障害が起きた際も、もちろん自社で解決する必要はありません。契約しているレンタルサーバーの管理業者が対応してくれます。

さらに、サーバー本体を業者が保守してくれます。24時間体制で稼働する必要もなければ、災害などでサーバー本体が壊れてしまうリスクも低いです。

3.レンタルサーバーはデータ容量などに制限がある

ほとんどのレンタルサーバーでは、データ容量やメールアドレスの作成数に一定の制限が設けられています。

契約するレンタルサーバーやプランによって、容量や作成数は異なります。

ですが、基本的には中小企業であれば十二分に足りるデータ容量です。

さらに、月額料金は変わらないにもかかわらず、最近では年々利用できる容量は増えています。どんどんコスパが良くなっていることもレンタルサーバーの魅力と言えます。

コストと手間を考えてもレンタルサーバーがお勧めです。

今回は、自社サーバーのメリット・デメリットやレンタルサーバーの違いを解説しました。

多くの中小企業では、サーバーに高額なコストをかけることが難しいでしょう。そういった中小企業はこれからの時代、レンタルサーバーを利用すべきです。

既に、自社サーバーを使っているという企業でも、レンタルサーバーへ移行することで、コストを抑えて安全に運用することができますので、この機会にレンタルサーバーへの移行を検討されてみてはいかがでしょうか。

\レンタルサーバーへの移転作業を代行中/

「自社サーバーからレンタルサーバーへ引越したい。」
「自分で作業すると失敗しそうで不安。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
レンタルサーバーの選定についてもアドバイスさせていただきます。

些細なご質問などでもお気軽にご相談くださいませ^^
>>無料ご相談窓口はこちら

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。