さくらインターネットでのサブドメイン型WordPressインストール手順

さくらインターネットのサブドメイン型WordPressインストール手順

このページでは、さくらインターネットにおけるサブドメイン型のWordPressインストール手順を解説しています。

本体サイトとは別にブログページを設けたいときや、ジャンルの異なるサイトを同じ独自ドメイン上で構築したいときに、サブドメイン型でWordPressをインストールするケースがあります。

サブドメインとは、「https://〇〇.sample.com」のように、独自ドメインの前にURLを追加する形のドメイン形式のことです。

ぜひ、本記事を参考にしながらインストールを進めてみてください。

STEP① サーバーパネルからサブドメインの追加

まずはWordPressをインストールするためのサブドメインを用意していきます。

サブドメインの追加は、さくらインターネットのサーバコントロールパネルから行います。
コントロールパネルにログインし、「ドメイン設定」>「ドメイン/SSL設定」をクリック。

サブドメイン設定画面へ進む(さくらインターネット)

右側にある「新しいドメインの追加」ボタンをクリック。

新しいドメインの追加(さくらインターネット)

ページ下のほうに進み、「ドメインの追加へ進む」を押します。

ドメインの追加に進む(さくらインターネット)

ページ中盤に「他社で取得された独自ドメインのサブドメインを追加」という欄があるので、そこに設定したいドメイン名を入力します。入力できたら「送信する」ボタンを押してください。
※本記事では「test-site-hikkoshi.com」というドメインを使用しました。

サブドメイン名の入力

入力したサブドメインの確認画面が表示されます。
内容に問題なければ、「送信する」を押してください。

サブドメイン追加を送信(さくらインターネット)

「ドメイン追加完了」という表示が出たら、サブドメインの追加は完了です。

次に、サブドメインとサーバーフォルダの繋ぎ込みをします。
完了画面に表示されている「詳細設定にすすむ」をクリック。

サブドメインの詳細設定に進む(さくらインターネット)

ページ中盤に進み、「マルチドメインの対象のフォルダをご指定ください」という欄の中に、サブドメイン型WordPressをインストールしたいフォルダ名を入力してください。
※フォルダ名は任意のため、自分で分かる名称で問題ありません。

フォルダ名を入力したらページ下まで進み「送信」を押してください。

サブドメインのフォルダ指定(さくらインターネット)

「指定されたドメインの設定が完了しました。」と表示されれば設定完了です。

STEP② サブドメインWordPress用のデータベースの作成

サブドメインを設定したら、次は新しいWordPress用のデータベースを用意します。

サーバコントロールパネル左の「データベースの設定」をクリック。

データベースの設定

「データベースの新規作成」を押します。

データベースの新規作成

データベースの作成画面に進んだら、「データベース名」に任意の文字列を入力し、「同意する」にチェックを入れて、「データベースを作成する」を押しましょう。
※その他の項目はそのままで大丈夫です。

データベース情報の入力

この後、データベースを選択する機会があるため、自分が作ったデータベース名は覚えておきましょう。

それから、データベース接続用パスワードは、別の場所から確認する必要があります。
サーバコントロールパネルの左メニュー「ファイルマネージャー」をクリックします。

ファイルマネージャーをクリック

既に存在しているWordPressのフォルダを開きます。
開くとたくさんのファイルが表示されるので、「wp-config.php」にチェック。

wp-configファイルを選択

チェックしたら、左上の「操作」>「編集」を押します。

編集ボタンをクリック

ファイルを開くとたくさんのコードが表示されるので、ページ中盤の「//**MySQL設定」エリアの「データベースのパスワード」をメモをしてください。
※「”」内が対象です。

データベースパスワードのメモ

以上で、サブドメインWordPress用のデータベースの作成は完了です。

STEP③ サブドメインにWordPressインストール

次はいよいよ、サブドメインにWordPressをインストールしていきます。

コントロールパネルのトップに戻り、「運用に便利なツール」>「クイックインストール」をクリックしてください。

クイックインストールに進む

クイックインストール画面に進んだら、カテゴリメニューから「ブログ」を選択します。

ブログを選択

次の画面では、インストールメニューの中から「WordPress」をクリック。

WordPressを選択

するとWordPressの設定欄が表示されますので、赤枠の部分を記入してください。

WordPressインストールにおける記入内容
項目記入内容
確認チェックマークにチェック
インストール先インストールしたいサブドメインを選択
インストール先インストールするフォルダを任意で入力
データベース先ほど作ったデータベースを選択
データベースパスワード先ほど確認したデータベースパスワードを入力

「テーブルの接頭辞」についてはそのままで構いません。
入力できたら「インストール」をクリックします。

WordPressインストール内容の入力

インストール完了の画面が表示されたら、インストール作業は完了です。

サブドメインのWordPressインストール完了

STEP④ 表示確認

最後に、WordPressをインストールしたサブドメインのURLにて表示確認をします。

該当のサブドメインURLにアクセスしてみましょう。
WordPressサイトの表示がされていればインストール成功です。

管理画面(http://〇〇.独自ドメイン/wp-admin/)にアクセスし、WordPress管理画面にログインしてサイトを作り込んでいきましょう。

既存サイトがある場合は事前のバックアップを忘れずに

さくらインターネットでのサブドメイン型WordPressインストール、いかがでしたでしょうか?

インストール作業は、作業手順を見ながら進めれば簡単ではあるものの、やり方を間違えると既存サイトのデータに影響を及ぼしかねません。

いざ事故が起きたときにサイトをすぐに復旧できるよう、念のため、既存サイトのバックアップを取っておくことをお勧めします。バックアップ方法の詳しい解説は下記をご参考ください。

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。