Z.comやConoHaWINGのWordPress簡単移行機能ってどうなの?

easy-wordpress-transfer-tool

WordPressのサーバーを移転(引っ越し)するには、WordPressを構成している「ファイル(PHPや画像)」と「データベース(MySQL)」を現在のサーバーから、新しいサーバーに移す必要があります。

WordPressのサーバー移転は技術的な知識が必要になりますので、人によっては難しいと感じるでしょう。そこで最近は、Z.comConoHaWINGなど、WordPressの簡単移行機能を備えたレンタルサーバーが出てきています。

 

費用も技術も不要!
ワンクリックでWordPressを移行
バックアップなどの面倒な作業はおまかせ

Z.comConoHa WINGの公式サイトには上記のようなことが書かれており、一見すると初心者でも簡単にWordPressのサーバー移行ができる画期的なツールに思えます。

しかし、WordPressの引っ越しは一筋縄ではいかないことも多く、場合によってはWordPressの表示や動作がおかしくなったり、エラーが出たり、最悪の場合は表示すらされなくなったりすることもあります。

本記事では、WordPressの移行がうまくいかない場合の原因についてまとめています。知っておくことで回避できるリスクもありますので、サーバー移転を検討中の方は、ぜひ最後までお読みください(^ ^)

WordPress簡単移行機能とは

そもそもWordPress簡単移行機能とは、どういったものなのでしょうか。
まず、従来の方法でWordPressを移転する場合、以下の手順が必要になります。

 

  • 旧サーバーからデータファイルをローカル環境にバックアップ
  • データベース(MySQL)をエクスポート
  • WordPressの設定ファイル(wp-config.php)を書き換え
  • バックアップをとっておいたデータファイルを新サーバーにアップロード
  • 新サーバーに旧サーバーのデータベース(MySQL)をインポート
  • DNS情報を変更する

 

WordPress簡単移行機能を使うと、上記のような手順は必要なくなるのです。

WordPress簡単移行機能では、現在のサーバーから必要なデータファイルをダウンロードしておき、引っ越ししたいWordPressサイトのURLやユーザー名、パスワード等を入力して新しいサーバーにデータを移行します。

その後、DNS情報の変更をするだけでWordPressサイトの移転ができるという流れです。

Z.comWPでは「かんたん引っ越し機能」、ConoHaWINGでは「WordPressかんたん移行」という名前のWordPress簡単移行ツールが利用できます。サーバーによって名前は異なりますが、基本的な手順はほとんど同じです。

WordPressの移行がうまくいかない原因は?

WordPress簡単移行機能を使えば、誰でも簡単にサーバーの移行ができるような気がしますが、中には、WordPress簡単移行機能を利用したのにサイトがうまく反映されないということもあるようです。

ここではWordPressの移行がうまくいかない場合に考えられる原因について、ご紹介します。

旧サーバーと新サーバーでPHPのバージョンが大幅に違う

まず考えられる原因としてPHPのバージョンがあります。旧サーバーと新サーバーでPHPのバージョンが大幅に違うということです。

サーバーで利用しているPHPのバージョンに大きな差があると、エラーが表示されたり、画面が真っ白になったりすることがあります。そのため、移行元・移行先、どちらのサーバーでも事前にPHPのバージョンを確認しておく方がいいでしょう。

ちなみに、公式ホームページの情報では、Z.comWPはPHP5.6.21が利用可能で、ConoHaWINGはPHP「5.6」「7.0」「7.1」「7.2」から選択することができます。

また、ConoHaWINGの「WordPressかんたん移行」では、PHPのバージョンが5.3より古いバージョンを利用しているサイトは移行できないとなっています。
(2018年10月19日時点)

移行元WordPressのバージョンが古すぎる

現在利用しているWordPressのバージョンをアップデートしていない場合、新しいサーバーに移行した際にプラグインやテーマがエラーを起こし、表示が崩れるという可能性もあります。

Z.comWPではサーバー側で、WordPressが自動アップデートされますので、古いバージョンのWordPressを移行する際は注意が必要です。

またConoHaWINGでは、3.8.5より古いバージョンのWordPressサイトは移行できません。
(2018年10月19日時点)

MySQLのバージョンが違う

WordPressはファイルとデータベースから構成されていますが、そのデータベース管理システムがMySQLです。

MySQLにもバージョンがあり、旧サーバーと新サーバーでMySQLのバージョンが異なると、正常にデータがインポートされないことがあります。

MySQLのバージョンを変更するにはphpMyAdminやwp-config.phpをいじる必要があるので、プログラミング等の知識があまり無いという方は難しいかもしれません。

ちなみにConoHaWINGのMySQLのバージョンは5.7.22です。
(2018年10月19日時点)

まとめ

Z.comやConoHaWINGなど、WordPressの簡単移行機能は、確かに従来のWordPress移行方法に比べわかりやすく利用しやすいといえるでしょう。条件さえ合えば非常に便利な機能と言えます。

しかし、今回ご紹介したように、WordPress簡単移行機能を使ったからといって、どんなサイトでも必ず問題なく移行できるというわけではないのです。

サーバーの環境やWordPressのバージョン等によって、サイトの表示が崩れたり、エラーが表示されたり、真っ白な画面で何も表示されなくなってしまったりと、最悪の状態に陥る可能性もあります。

エラーやサイト非表示などのリスクを避けたい
安心できるプロに任せたい

上記のような方は、弊社でWordPressのサーバー移転対応をすることも可能です。
ぜひ一度、ご相談ください。

conrtact-form

役に立ったと感じたらシェアお願いします!
SNSにて最新の情報を発信しております。
WordPressの引越しでお困りではないですか?!
  • WordPressを新しいサーバーに引越したいけどやり方が分からない
  • 無料ブログをWordPressに移行したいけど自分でやるのは不安
などのお悩みはないですか?

私たちサイト引越し屋さんは、日本初のWordPress専門サーバー移転業者として、毎月たくさんのサイトを引越しさせていただいております。

もしあなたもお悩みの場合は下記フォームよりお気軽にご相談ください。

conrtact-form