無料ブログからWordPressへ移行する際のおすすめテーマ7選
  • 無料ブログ
最終更新日:2022年11月7日

無料ブログからWordPressへ移行する際のおすすめテーマ7選

無料ブログからWordPressへ移行する時、どんなデザインにしようか迷っていませんか?

無料ブログのデザイン(テンプレート)は著作権がサービス側にあるため、WordPressにそのまま持ち込めません。

そのため、WordPressへの移行と同時に新しいテンプレートを使う必要があります。

WordPressでは、デザイン(テンプレート)のことをテーマと呼びます。

無料、有料問わず多くのテーマがありますが、本記事では無料ブログからWordPressへ移行する際に前もって決めておきたいテーマをいくつかご紹介いたします。

最後まで読んでいただければ、あなたが求めているWordPressテーマと出会えるはずです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

※独自テーマの作成はコスト面や手間を考えてもオススメしておりませんので、既存のテーマを使うことが圧倒的にオススメです!!
詳しくは以下をご参照ください。

WordPressのテーマ選びのポイント

テーマのご紹介に入る前に、まずはテーマ選びのポイントについて解説します。

既存デザインとイメージがかけ離れすぎていないか

まず1つ目のポイントは、無料ブログ時代のデザインとかけ離れていないことです。

あまりに以前のブログとデザインが異なるテーマを選ぶと、訪問者さんが混乱して見づらいと感じるかもしれません。

たとえば、次の要素はなるべく合わせると印象が変わりづらいと思われます。

  • カラムの数(サイドバーの数)
  • コンテンツ

見た目や機能に関わる要素が変化する場合は注意しましょう。

サイトのコンセプトに合っているか

もう1つの大事なポイントは、サイトのコンセプトとデザインが合っているかどうかです。

デザインは何となく気に入ったものを使うのではなく、そのデザインを使う意味や目的が論理的に説明できなければいけません。

たとえば、高級感のあるサイトを作りたいのにポップなデザインにしてしまっては方向性がズレます。

また、女性向けのサイトであるのにダークトーンが強すぎるデザインを使うなど、コンセプトにマッチしていないとユーザーに違和感を与えてしまいます。

次の項目から紹介するWordPressテーマは、いずれも使いやすく評判も良好なものをピックアップしてみました。

無料ブログからWordPressへの移行でお勧めできるテーマ7選

無料ブログからWordPressへの引越しで推奨するWordPressテーマを紹介します。

WordPressテーマの比較表
テーマ名 料金(税込) 機能面 ブログ型
デザイン
サイト型
デザイン
複数サイト利用
Cocoon 無料
Lightning 無料
Luxeritas 無料
STORK19 11,000円
JIN:R 19,800円
SWELL 17,600円
TCD 7,980円~49,800円

※テーマにより異なる

紹介したテーマは、ブログ型デザインのサイトに向いているので、無料ブログから引越しをしてもデザイン面の満足度は高くなりやすいです。

CocoonやLightning、Luxeritasはデザイン面はシンプルですが、無料にもかかわらず機能面はとても優秀です。

STORK19は、手ごろな価格でデザイン面も美しいテーマですが、ライセンスの関係で1サイトのみでしか使えません。

JINやSWELLはバランスが取れていて、アフィリエイターやブロガーに人気のテーマです。

TCDはテーマの数がかなり豊富(80種類以上)で、デザイン性も高いです。価格はテーマによって幅があります。

それぞれテーマの説明をしていきます。

①Cocoon(コクーン)※無料テーマ

cocoon

まず1つ目にご紹介するのは、Cocoon(コクーン)です。

Cocoonは、無料テーマにもかかわらず機能が有料テーマにひけを取らないほど充実しています。

SEOに適した形で設計されているので、アクセスアップにも繋げやすい無料テーマです。

デザインはとてもシンプルですが、カスタマイズ性に優れているので、ある程度のデザインは実現できると思います。

無料ブログのテンプレートはシンプルなものが多いので、Cocoonに変えても違和感はそこまで無いでしょう。

>>Cocoonのダウンロードはこちらから

②Lightning※無料テーマ

lightning

Lightning(ライトニング)は、個人ブログから商用サイトまで柔軟にカスタマイズできる無料テーマの一つです。

Cocoonと同じく、シンプルで扱いやすいテーマで、ブロックエディターにも対応しています。

ページの投稿機能では、カスタム投稿タイプを選べ、細かく記事を投稿タイプ別に管理できる機能が備わっている点が特徴です。

>>Lightningをダウンロードしてみる

③Luxeritas(ルクセリタス)※無料テーマ

luxeritas

無料テーマのLuxeritasもブログ初心者に使いやすいテーマです。

デザインがシンプルであっさりした印象になりやすいですが、そこまでデザインにこだわりがない場合は十分だと思われます。

機能面も充実しているので、WordPressをまずは無料テーマから始めてみたい人に最適なテーマです。

まとめブログ形式(3カラム)の無料ブログからWordPressへ移行するときのテーマにもお勧めです。

>>Luxeritas(ルクセリタス)を見てみる

④STORK19※有料テーマ

STORK19

次にご紹介するのは、STORK19(ストーク19)です。

STORK19はデザインが売りの有料テーマ。

サイト全体のカラー設定はもちろん、要素単位でカラー設定したり、グローバルメニューに説明を加えたり、装飾が施されたボタンや吹き出しなどが簡単に表示できます。

また、STORK19はブロックエディタへの対応や表示スピードの改善が施され、今までのSTORKシリーズの中でもアップグレードされたテーマです。

Web制作の詳しい知識がなかったとしても、素晴らしいデザインのブログが簡単に作れてしまうのが特徴です。

デザインにこだわった有料テーマは、価格も高い(15,000~50,000円)ことが多いのですが、STORK19は1.1万円と手ごろな料金設定になっています。

ただし、ライセンスの関係でSTORK19が使用できるのは、購入したライセンス1つにつき1サイトのみ。

複数のサイトを立ち上げる予定がある場合は、要注意です。

>>STORK19を確認してみる

⑤JIN:R※有料テーマ

JIN:R公式ページ

次にお勧めするテーマは有料テーマのJIN:R(ジンアール)です。

JIN:Rはデザインのカスタマイズ機能を合わせ持ったバランスの良いテーマです。

シンプルなデザインでそのまま使うこともできますし、ボタン1つで簡単にデザインを切り替えることも可能です。

また、トップアフィリエイター”ひつじ”さんが監修したテーマだという点も人気の理由の一つ。

旧JINは、ClassicEditor特化でサイト型のサイト作成を苦手としていましたが、JIN:Rはブロックエディタ特化でブログ型はもちろんサイト型のサイト作成にも適しています。

さらに加えて旧JINのプログラム構造をすべてイチから作り直し、最適化を重ねてサイト表示の高速化が実現されています。

価格は19,800円なので、WordPressテーマの中では標準~若干高めな設定だといえます。

CVボタンやランキング作成機能、広告一括管理機能など、アフィリエイトで成果を出すための仕組みはしっかり備わっています。

⑥SWELL※有料テーマ

SWELL
最後にお勧めするのがSWELL(スウェル)です。

SWELLはブロックエディターに完全対応されており、独自のカスタマイズブロックを使用できる点が魅力的です。

ブログ型デザインだけでなく、サイト型デザインにも対応していて、あらゆるサイト/ブログに対応できる万能テーマといえます。

価格は17,600円ですが、デザインと機能の充実ぶりを考えるとかなりのコストパフォーマンスになるはずです。

また、SWELLには他テーマからの乗り換えをサポートしてくれる専用プラグインがあり、機能面の修正を実行することなくSWELLの機能へ変換してくれます。

プラグインの対象になるテーマは、Cocoon、JIN、STORK、SANGO、AFFINGERなどです。

>>SWELLを確認してみる

⑦TCD※有料テーマ

MAG

TCDはテーマの種類が非常に多く、美しいデザインのサイトを作りやすいのが特徴です。

サイトをカスタマイズする際には「TCDテーマオプション」や独自機能の「コンテンツビルダー」を使用します。

ブログのアクセスアップを重視し、広告収入を底上げするための機能が多く備わっているテーマです。

価格は10,000万円~50,000万円の幅があり、テーマによって大きく異なります。

>>TCDでWordPressテーマを見てみる

今までの無料ブログのデザインをWordPressに引き継ぎたい人へ

無料ブログと同じような「ブログレイアウト」を実現できるテーマは、Cocoon、Lightning、JIN、SWELLなどです。

そのため、あなたが「今までの無料ブログのデザインをなるべく引き継ぎたい」と考えているなら、4テーマの中から選ぶのがお勧めです。

逆に「今までの無料ブログのレイアウトにこだわらず、ガラッとリニューアルさせたい」と考えているなら、STORK19やJIN、SWELLなどでサイト型のデザインを適用させれば、新鮮な気分になれるかもしれません。

まとめ

今回は、無料ブログからWordPress移行の際にお勧めのテーマを5つご紹介いたしました。

どれもデザイン性、機能性、SEO的に優れたテーマになっていますので、是非すべてご覧になってから検討してくださいね。

WordPressへ移行した後にどんなデザインのブログ/サイトを運営したいのか、じっくり検討しておきましょう。

気になるWordPressサイトがあって、どんなテーマを使っているか調べたい場合は、下記をご参考ください。

WordPressのテーマが決まったものの自力で移行することができないそこのアナタ、弊社にお気軽にお問合わせくださいませ(^ ^)
もちろん、移行する際はWordPressのテーマが決まっていても、決まっていなくても、お気軽にお問合わせ頂いて結構です♪

conrtact-form

この記事を書いた人

サイト引越し屋さん編集部

日本で最も利用されているサーバー移転代行サービス『サイト引越し屋さん』の中の人です。 サイト引越しに関わる技術情報をはじめ、WordPressやその他のWebサービスに関するノウハウを発信しています。 全日本SEO協会所属。日本ウェブ解析士協会(WACA)所属。