【IMAP】サーバー移転時のOutlook設定方法
  • メール/メールアドレスの移転
最終更新日:2024年3月11日

【IMAP接続】メールサーバー移転時のOutlook設定手順を解説

  • Outlookのメールのサーバー変更方法が知りたい
  • 独自メールアドレスのサーバーを新しく変えたい
  • 「このメールアドレスは既に追加されています」というエラーが出てしまう。

そんな方に今回はIMAP接続のOutlookメールのサーバー変更の手順を一から解説します。

STEP1:Outlook(メールソフト)の設定変更に必要な情報

設定変更を行う際には以下の情報が必要となります。

  1. 受信サーバーのアドレス (IMAP)
  2. 送信サーバーのアドレス (SMTP)
  3. メールアドレスの新しいパスワード

①②のサーバーアドレスについては、レンタルサーバーを契約した際に送られてくる契約完了通知メールに記載されているケースが多いです。
または、サーバーの管理画面から確認できるところも多いです。

③については、新サーバーでメールアドレスを発行する際に、旧サーバーで使っていたパスワードと同じ内容を登録した場合には今回不要になります。
新しいパスワードを登録した場合は必要になります。

 

STEP2 : メールアドレスをOutlookに設定

Outlookの設定変更の作業をはじめます。

Outlookを開き、右上のアカウントアイコンを押し、「別のアカウントでサインイン」をクリックし、「Outlook.comのメールアドレスを作成します。」を画像の通りクリックします。

設定する独自ドメインのメールアドレスを入力します。
「自分で自分のアカウントを手動で設定」のチェックボックスを選択して「接続」します。

このとき、既に同じアドレス登録がある場合は「このメールアドレスは既に追加されています。」というエラーが表示されます。

STEP2を飛ばし、STEP3から始めてください。

 

ここではIMAPを選択します。

 

 

先ほど契約したレンタルサーバーのメールサーバー情報を入力しましょう。
分からない場合は「レンタルサーバー名+メールサーバー」と検索すると出てきます。

以下の通り、受信メールのポートは993と入力し、送信メールのポートは465を入力します。

暗号化方法はSSL/TLSを選択します。

ポート番号 使用する通信プログラムを識別するための番号
SSL/TLS 通信内容の盗み見を防止するための暗号化プロトコル

 

 

メールアドレス発行時に設定したパスワードを入力し「接続」します。

 

 

このような画面が現れたら追加が完了です。
「完了」を押しましょう。

 

 

引き続き、IMAP特有の設定を進めます。
ファイル」を選択し、「アカウント名と同期の設定」を押します。

 

 

電子メールアカウント」をクリックします。

 

 

最後に「ルートフォルダーのパス」欄に「inbox」と入力します。

 

こちらの設定変更の手順は以上です。お疲れ様でした。

※STEP2が問題なく完了した場合は、STEP3は不要です。

STEP3:コントロールパネルからの設定が必要な場合

次に、以下のような場合はコントロールパネルから設定変更手続きを行う必要があります。

 

  • 前サーバーの登録アドレスと同一のアドレスを追加したい場合
  • STEP2にて「このメールアドレスは既に追加されています。」というエラーが表示される場合

 

まずはコントロールパネルを開きます。

ウィンドウズボタンを押し、コントロールパネルと入力します。

 

「ユーザーアカウント」を選択しましょう。

 

「Mail」をクリックします。

「電子メールアカウント」をクリックします。

「新規」を選択します。

「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする」を選択します。

「POPまたはIMAP」を選択します。

「詳細設定」を選択します。

「詳細設定」から以下の通りポート番号を入力しましょう。

  • 受信サーバー(IMAP):993
  • 暗号化接続の種類:SSL/TLS
  • 送信サーバー(SMTP):465
  • 暗号化接続の種類:SSL/TLS

 

入力後に、OKを押します。

次に、こちらの画面からは以下の情報を入力します。

  1. 任意のお名前
  2. 登録するメールアドレス
  3. IMAPを選択
  4. 受信サーバーのアドレス
  5. 送信サーバーのアドレス
  6. アカウント名
  7. メールアドレスのパスワード

次へを押します。

完了と表示されれば設定変更作業は終了です。お疲れ様でした。

 

 

エラーが起きた場合

作業がの途中で、以下のようなのようなエラーが起きる可能性があります。

その際は、STEP3の入力ミスや、ポート番号などの再度確認しましょう。

 

 

 

本記事のまとめ

以上でOutlook上のIMAPの独自ドメインのメールアカウントの設定変更は終わりです。
最後までお疲れ様でした。

IMAP方式を利用すると複数の端末からメールを閲覧することが可能となりますので、他の端末を利用してログインすることもできます。

なお、今回はIMAP接続の設定方法を解説しましたが、POPでメールを受信する方法も解説しています。そちらもぜひ参考にしてみてください。

\メールソフト設定サポート対応中/

「新規でOutlook設定をしたいのでサポートして欲しい。」
「サーバー移転に伴いメールソフトの設定が必要になった」

そんなときは私たちサイト引越し屋さんにお任せください。
専門のエンジニアとサポートスタッフがご支援いたします。

>>お仕事のご相談はこちらからどうぞ

この記事を書いた人

サイト引越し屋さん編集部

日本で最も利用されているサーバー移転&保守代行サービス『サイト引越し屋さん』の中の人です。 サイト引越しに関わる技術情報をはじめ、WordPressやその他のWebサービスに関するノウハウを発信しています。 全日本SEO協会所属。日本ウェブ解析士協会(WACA)所属。

WordPress保守管理メールセミナー