グーグルアナリティクスで再設定が必要なケース
  • サイト引越し全般
公開日:2017年10月11日 | 更新日:2019年6月5日
サイト引越し屋さん編集部

サイト引越しでアドセンスやASP広告の張り替えが必要なケース

サイト引越しでは、サーバーを移転する際にアドセンスASP広告などの張り替えが必要なケースがあります。

本記事では、サイト引越しで広告の張り替えが必要なケースをご紹介いたします。

再設定が必要なケースは2パターン

結論から言うと、広告の張り替えが必要なのは以下の2パターンです。

  • ドメインが変更となる場合
  • サイト売買でサイト権利者が変更となる場合

ドメインが変更となる場合

無料ブログ等の「無料ドメインから独自ドメイン」に変更となる場合、「独自ドメインを新たな独自ドメイン」に変更する場合、どちらの場合においてもドメインが変更となる時点で広告の張り替えが必要です。

広告の計測は固有のドメイン単位で行われています。そのため、ドメインが変わったのに旧ドメインの広告コードを利用していると、正しく計測されません。

サイト引越しとともにドメインが変更となった場合には、改めて広告主にサイト登録するとともに、広告コードも入れ替えておきましょう!

また、関連する作業として、ドメイン変更に伴うGoogleアナリティクスの設定も必要になります。下記ページも合わせてご覧ください。

サイト売買でサイト権利者が変更となる場合

サイト引越しにおいて広告の張替えが必要な2パターン目は、サイト売買や譲渡などにより「サイト権利者が変更となるケース」です。

この場合、譲り受けた段階で張られている広告は旧権利者の広告コードになりますので、新管理者の成果として反映させるには広告を張り替えておく必要があります。

まとめ

広告は収益に関わる重要なポイントです。張り替えが遅れればその分だけ機会損失してしまう可能性があります。

サイトを引越す際は事前に広告の張替え箇所を確認しておき、引越し後にスムーズに張り替えできる準備を整えておくことが大事です。

サイト引越し屋さんでは、サイト売買に伴う広告の張り替え作業の代行も対応しております。ご興味ございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

conrtact-form

この記事を書いた人

サイト引越し屋さん編集部

日本で最も利用されているサーバー移転&保守代行サービス『サイト引越し屋さん』の中の人です。 サイト引越しに関わる技術情報をはじめ、WordPressやその他のWebサービスに関するノウハウを発信しています。 全日本SEO協会所属。日本ウェブ解析士協会(WACA)所属。

本サイトにてご提供している情報については、最新かつ正確な情報を提供するよう努力していますが、情報の正確性や完全性を保証するものではございません。また、コンテンツには一部プロモーションが含まれております。本サイトの情報を利用することによって生じたいかなる損害に対しても、当社は責任を負いかねます。情報をご利用される際は、ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願い致します。