クロール済み - インデックス未登録になる原因と解決方法を解説
  • コラム
最終更新日:2022年9月29日

クロール済み – インデックス未登録になる原因と解決方法を解説

Googleサーチコンソールの「クロール済み – インデックス未登録」を解消できず困ってはいませんか。

  • 「クロール済み – インデックス未登録」の原因を知りたい
  • 「クロール済み – インデックス未登録」のステータス状態を解決したい
  • 「クロール済み – インデックス未登録」でページが検索結果に表示されない

今回の記事は「クロール済み – インデックス未登録」が原因で、Googleにページが登録(インデックス)されず困っている方へ、解決方法を紹介しています。

今回紹介する対処法を実行いただければ「クロール済み – インデックス未登録」のステータスを解決でき、Googleにあなたのページが登録される可能性があります。

「クロール済み – インデックス未登録」とは

 

クロール済み - インデックス未登録

「クロール済み – インデックス未登録」とは「Googleクローラー(Googlebot)がサイトのページを確認した結果、インデックス登録しない判断になりました」という意味です。

Googleサーチコンソールへログイン後、サイドメニューの【インデックス】から【ページ】へ進むと「ページがインデックスに登録されなかった理由」が表示されます。

公式ページでは「クロール済み – インデックス未登録」について、次のように記述されています。

ページは Google によりクロールされましたが、インデックスには登録されていません。今後、インデックスに登録される可能性がありますが、登録されない可能性もあります。この URL のクロールのリクエストを再送信する必要はありません。

引用:Search Consoleヘルプ

Googleに登録されていない状態になるので、いくらGoogleやYahoo!でネット検索してもページを見つけることができません。

「クロール済み – インデックス未登録」と「検出 – インデックス未登録」の違い

「クロール済み – インデックス未登録」と似ているステータスに「検出 – インデックス未登録」があります。

こちらのステータスもインデックスされていない点では同じで、異なるのは「クロール済みかどうか」です。

「検出」と「クロール済み」の違い

「検出」とは、Googleがサイトにどんなページが存在するか確認することです。

Googleのクローラーは、追加されたページや更新されたページを発見したら、常にリスト化しています。

「クロール済み」とは「検出」でリストアップされたページの内容を確認する(クロールする)ことです。

インデックス登録とは

「インデックス登録」とは、クロールが完了した後にURLがGoogleのデータベースに登録されることです。

クロールされたページすべてがインデックス登録されるわけではなく、ページの品質や重複コンテンツがないかなどのチェックが実施されてから判断されます。

「クロール済み – インデックス未登録」になる原因と対処法

「クロール済み – インデックス未登録」になりやすいページは、以下5つのいずれかが当てはまるはずです。

  1. インデックス登録が不要なページ
  2. ページネーションの2ページ目以降(分割ページ)
  3. 重複ページ
  4. 低品質ページ
  5. 検知ミス(既にインデックス登録済み)

それぞれ確認をしていきます。

①­インデックス登録が不要なページ

feedページやXMLサイトマップなどはインデックス登録が不要なページなので、特に対策する必要はありません。

feedページが大量に表示されて邪魔な場合は、noindexタグをつけてGoogleにクロールされないように対応しましょう。

②ページネーションの2ページ目以降(分割ページ)

分割ページの場合は、基本的にはじめの1ページ目がインデックスされます。

2ページ目以降のインデックスは不要だと判断されるので、特に対策する必要はありません。

ページネーションとは、長い文章の記事を投稿するときに、複数のページに分割して、各ページへのリンクを並べたものです。

たとえば、Yahoo!ニュースの記事、GoogleやAmazonの検索結果、5ch掲示板の「2ページ」「3ページ」「最後のページ」と記載されているボタンなどが挙げられます。

ページネーションによる分割ページが複数ページあるときは、1ページから最終ページまで全てインデックスされることはありません。

③重複ページ

ページURLを正規化(統一化)していないため、重複コンテンツと認識されている可能性があります。

何らかの理由で同じようなURLページが複数存在している場合は、対策が必要です。

  • https://www.example.com/abc/
  • https://www.example.com/abc
  • https://example.co.jp/abc/

本来は「ページがインデックスに登録されなかった理由」の項目に「重複しています。ユーザーにより、正規ページとして選択されていません」と表示されるはずですが「クロール済み – インデックス未登録」に含まれることがあります。

この場合は、統一したいページへ301リダイレクトさせる対応が簡単です。

あるいは、重複ページの削除やnoindex処理も有効です。

④低品質ページ

低品質コンテンツとは、コンテンツ内容が少なくて薄いページで、有益な情報がないページを指します。

もちろん、文字数が少ないからといって、低品質なコンテンツになるわけではありません。

ただ、「クロール済み – インデックス未登録」に分類される理由が不明なときは、該当ページのコンテンツを改善してみる価値があります。

具体的には、記事内のテキストや見出し追加、内部リンクや外部リンクの追加などが挙げられます。

修正した後には、GoogleサーチコンソールのURL検査も行っておきましょう。

⑤検知ミス(既にインデックス登録済み)

「クロール済み – インデックス未登録」と表示されているが、インデックスされているケースがあります。

確認するには、サーチコンソールのURL検査ツールで確認、ページURLを直接Google検索して結果に出てくればインデックスされていることになります。

サーチコンソールの更新が遅れている可能性があるので、時間を置いて再度チェックしてみてください。

状況が改善されない場合はURL検査から「インデックス登録をリクエスト」してみましょう。

Googleサーチコンソールのサイドメニュー「URL検査」

URLがインデックスに登録可能かどうか確認してくれます。

URLがGoogleに登録されていません

インデックス登録のリクエストが完了しました。

クロール済み – インデックス未登録が増加する理由

クロール済み - インデックス未登録の増加

弊社は、画像の通り2022/09/05前後でサイトが非表示になっていた期間があり「クロール済み – インデックス未登録」が極端に増加してしまいました。

「クロール済み – インデックス未登録」が急に増加する場合があります。

Googleのアルゴリズム変動(Googleのアップデート)やサイトが表示できずエラー状態が続いてしまった場合は、「クロール済み – インデックス未登録」のページ数が増えてしまう可能性があります。

一時的なもので、徐々にインデックス登録され始めることもあるので、しばらく様子を見てみましょう。

なかなか改善されない場合は、該当ページのコンテンツ修正を検討しましょう。

まとめ

ここまで「クロール済み – インデックス未登録」になりやすいページの特徴や対策方法などを確認してきました。

まずは、ページがインデックスに登録されなかった理由の「クロール済み – インデックス未登録」に載っているページを確認し、必要であれば対処していく方法をとりましょう。

もし、インデックス登録させたいのに未登録になっているページがあれば、早急に問題を解消させる必要があります。

対処方法としては、内部リンクや外部リンクの充実が挙げられます。また、検索意図に対して、必要な情報をしっかり網羅しておくことも大事です。

この記事を書いた人

サイト引越し屋さん編集部

日本で最も利用されているサーバー移転代行サービス『サイト引越し屋さん』の中の人です。 サイト引越しに関わる技術情報をはじめ、WordPressやその他のWebサービスに関するノウハウを発信しています。 全日本SEO協会所属。日本ウェブ解析士協会(WACA)所属。