• メール/メールアドレスの移転
最終更新日:2022年9月25日

【IMAP接続】Gmail新規メールアドレス設定方法

本記事では、Gmailに新規メールアドレスを設定する方法を解説しています。

Gmailは全メールツールの中でOutlookに次いで2位の利用者数を誇ります。

パソコンにインストールして使うメールソフトと異なり、オンラインでブラウザから利用するGmailユーザーは増加傾向にあります。

今回は、そのGmailのIMAP接続による新アカウントの作成方法について解説していきます。

※なお、本記事はIMAP接続でメール利用する方向けの記事になります。

GmailのIMAP接続とは

GmaiはGoogleが提供するメールサービス。Googleアカウントを持っていれば誰でも利用可能です。

mail.google.com」からログインし、メールの受送信が無料で利用できます。

※15GB以上超える場合は有料です。過去のメールを削除したり、Googleアカウント上の不要なデータを消去する必要があります。

初期設定では「無効」になっているIMAP設定を「有効」に切り替えると、Gmailで受信したメールをネット上で管理し、メールソフトにも表示可能になります。

例えば、OutlookのメールソフトでGmailで受信したメールを確認できるようになります。

Gmailアドレス開設方法

次にGmailアカウントの開設方法を説明していきます。

まずはGoogleにアクセスし、右上にある「ログイン」をクリックします。

gmail-login

「アカウントを作成」を選択しましょう。

gmailアカウント作成1

アカウントの利用者を選びます。

gmailアカウント作成2

姓名、ユーザー名、パスワードを入力します。

ここで入力する「ユーザー名@gmail.com」は以後、実際に使うメールアドレスとなります。

gmailアカウント作成3

有効な電話番号を入力し、確認を行います。

gmailアカウント作成4

「再設定用のメールアドレス」は任意ですが、登録しておくことをおすすめします。

万が一にパスワードを忘れてしまった際、復旧するのに使用します。

生年月日、性別を入力し、「次へ」をクリックしましょう。

gmailアカウント作成5

これでGoogleアカウントが作成されました。

次に、Gmailを利用するためにはGoogleの右上の矢印部分をクリックします。

gmailアカウント作成6

「Gmail」のアイコンを選びます。

gmailアカウント作成7

Gmailの画面に到達しました。

ここからメールを確認したり、送信したりすることができます。

gmailアカウント作成9

GmailでIMAP設定を有効にする

GmailでのIMAP設定を有効にする方法を確認していきます。

まずはGmailの画面を開いてください。

開いたら画面右上の「歯車マーク」をクリックし、表示されるメニューの中から「すべての設定を表示」をクリックします。

Gmail設定変更方法①

すると設定一覧ページが表示されるので、上部メニューの「メール転送とPOP/IMAP」をクリックします。

「ステータス:IMAP 無効」の「IMAPを有効にする」にチェック。

最下部にある「変更」をクリックします。

imap接続gmail設定

以上でGmailのIMAP設定は完了です。

これで他のメールソフトでもGmailが受信できるようになりました。

この記事を書いた人

サイト引越し屋さん編集部

日本で最も利用されているサーバー移転代行サービス『サイト引越し屋さん』の中の人です。 サイト引越しに関わる技術情報をはじめ、WordPressやその他のWebサービスに関するノウハウを発信しています。 全日本SEO協会所属。日本ウェブ解析士協会(WACA)所属。