UAとGA4の違い
  • コラム
公開日:2023年12月11日 | 更新日:2023年12月11日
サイト引越し屋さん編集部

GoogleアナリティクスのUAとGA4の違いは何?

こんにちは、サイト引越し屋さんです。

Google アナリティクスとは、サイトを訪れたユーザーの行動データや、属性データを回収し、分析することができるWeb集客に必須の解析ツールです。

そんなGoogleアナリティクスには「GA4」と「UA」の2バージョンが存在します。
しかし、UAの提供は2023年7月に終了し、現在はGA4のみとなっています。

今までUAを使っていたGoogleアナリティクス利用者はGA4に移行する必要があります。
それぞれの使い方や収集するデータの違いなどを把握しておきましょう!

今回は「UA」と「GA4」の機能の違いや、メリット・デメリットを解説します。

\ドメイン変更やGoogleアナリティクス導入を代行中/

「GA4を導入してみたい。」
「ドメイン変更にともなうGA4の再設定をやって欲しい。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
プロのエンジニアがあなたに代わって作業を代行いたします。

>>無料お問い合わせ窓口はこちら

Googleアナリティクスとは

Google アナリティクスは、Googleが無料で提供するアクセス解析ツールです。

  • オーディエンス
  • コンバージョン
  • 行動フロー

などのデータをサイト内から計測し、解析します。

Googleアナリティクスはweb集客の向上や改善に利用することができるため、サイト運用には必須のツールと言えます。

GA4とUAの違い

GA4とUAの違いは、Googleアナリティクスのバージョンの違いです。

Googleアナリティクスは定期的にバージョンアップが行われており、複数のバージョンが存在します。

現在では第3バージョンの「GA3」、通称ユニバーサルアナリティクスと、第4バージョンの「GA4」が提供されています。

  • 第3バージョン:ユニバーサルアナリティクス・GA3
  • 第4バージョン:GA4

それでは、「GA4」と「UA」の機能性の違いを一つずつ見てみましょう。

違いその1:計測の軸と方法が変わった

UAからGA4に変わり、計測の軸がページビュー軸から、ユーザー軸に変わりました。

UAでは「セッション」を指標として、ページ重視で計測されていましたが、GA4では「イベント」として計測されており、ユーザー重視で計測されています。

違いその2:指標が削除・追加された

Googleアナリティクスにより計測される指標がいくつか廃止・追加されました。

項目名 UA GA4
直帰率 ×廃止
エンゲージメント数 × 〇追加
エンゲージメント率 × 〇追加
離脱率 ×廃止
scroll × 〇追加
click × 〇追加
エンゲージメント率 × 〇追加
エンゲージメント率 × 〇追加

違いその3:BigQueryへのエクスポートが無料で利用できる

BigQueryはUAでは有料版のみ利用できますが、GA4ではBigQueryが無料で利用できます。

BigQueryとは、Googleによるビッグデータ関連機能です。

サイトのデータをBigQueryにエクスポートし、解析することでユーザー分析などができます。

まとめ

GoogleアナリティクスのGA4、UAは両方ともデータ計測に最適なツールです。

しかし残念ながら、ユニバーサルアナリティクスは2023年の7月でサポートが終了しました。
そのため、GA4への移行が必須となりました。

GA4とUAの違いをまとめると、

  • 計測単位が異なる(セッション→イベント)
  • 指標が廃止・追加されている
  • BigQueryが無料で利用できる

皆さんも早くGA4に慣れて、有効活用してくださいね!

\ドメイン変更やGoogleアナリティクス導入を代行中/

「GA4を導入してみたい。」
「ドメイン変更にともなうGA4の再設定をやって欲しい。」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
プロのエンジニアがあなたに代わって作業を代行いたします。

>>無料お問い合わせ窓口はこちら

この記事を書いた人

サイト引越し屋さん編集部

日本で最も利用されているサーバー移転&保守代行サービス『サイト引越し屋さん』の中の人です。 サイト引越しに関わる技術情報をはじめ、WordPressやその他のWebサービスに関するノウハウを発信しています。 全日本SEO協会所属。日本ウェブ解析士協会(WACA)所属。

本サイトにてご提供している情報については、最新かつ正確な情報を提供するよう努力していますが、情報の正確性や完全性を保証するものではございません。また、コンテンツには一部プロモーションが含まれております。本サイトの情報を利用することによって生じたいかなる損害に対しても、当社は責任を負いかねます。情報をご利用される際は、ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願い致します。