SiteGuard WP Pluginの不具合に対処する方法は?どうすれば復旧できるのか

SiteGuard不具合の対処法

「SiteGuardプラグインを更新したらサイトが表示されなくなった…」こういった不具合が起きております。(2021年5月時点)

サイト引越し屋さんでは、SiteGuardプラグインの不具合で困っている人のサポートが可能です。

早急に解決したい方は、弊社までご相談ください。
>>問い合わせてみる

SiteGuardプラグインによるエラーを自力で解決したい場合には、今回の方法を試してみてくださいね。

WordPressやFTPの知識をある程度お持ちの人なら、対応できると思います。

SiteGuardプラグインの不具合への対応手順

解決までの流れとしては、7つのステップが必要です。

  • ステップ1:FTPでサイトにアクセスして問題のフォルダの名前をリネームする
  • ステップ2:SiteGuardの開発サイト(SiteGuard WP Plugin – WordPress プラグイン | WordPress.org 日本語)から前のバージョン番号を確認する
  • ステップ3:ブラウザに貼り付けると「https://downloads.wordpress.org/plugin/siteguard.1.6.0.zip」となるので「1.6.0」の箇所を古いバージョン番号に変更してアクセスすると、古いバージョンがダウンロードできる
  • ステップ4:URLをブラウザに貼り付けて古いバージョンをダウンロードする
  • ステップ5:取得したバージョンを解凍してサーバーへアップロードする
  • ステップ6:ステップ1で行ったリネームしたバージョンを削除する
  • ステップ7:プラグインの管理画面から有効化して問題ないか確認する

以上、かなり簡単ではありますがSiteGuardプラグインの不具合の対処方法になります。

早急な復旧を希望している人へ

このままエラーを放置しておくと、検索エンジンからの評価も下がってしまいますので、
Webサイトのエラーは早めに解決しておきましょう。

  • 自分では解決できなさそう…
  • 対処する時間がない
  • 確実な方法で復旧したい
  • なるべく早く復旧させたい

という場合は、サイト引越し屋さんで大事なサイトの復旧作業を代行します。その際はお気軽にご相談ください。

\サイトの復旧作業/引越しを代行してます/

「急にWebサイトの表示がおかしくなった」
「自分で作業すると間違えてしまいそうで不安」

そんなときはサイト引越し屋さんにお任せください。
経験豊富なエンジニアが作業を代行いたします。

>>Webサイトの復旧に関するご相談はこちら

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。