無料SSLを手動でインストールする方法【サーバー移転時に便利】

無料SSL手動でインストールする方法

無料SSLが提供されていないレンタルサーバーを使っていたり、サーバー移転の際にSSL適用までのダウンタイムを避けたいなど、無料SSLを手動でインストールしたい時ってありますよね。

本記事では、ネットオウル社提供のSSL証明書サービス「SSLボックス」を利用して、無料SSLを手動でインストールする方法を解説しています。

まずは「ネットオウル」にてアカウント作成

SSL証明書サービス「SSLボックス」を利用するにはネットオウルのアカウントが必要です。
まだアカウントをお持ちでない方は、下記のリンクから新規作成してください。
※アカウント作成にお金はかかりません。

>>ネットオウルのアカウント作成はこちらから

「SSLボックス」にてSSL証明書の取得

ここからは、具体的に無料SSL証明書の取得手順について触れていきます。

まずは、こちらのログインページよりSSLボックスにログインしましょう。

SSLボックスへログイン

管理画面にログインしたら、左側メニュー下のほうにある「SSLボックス管理」を押します。

SSLボックス管理へ進む

続いて、「新規取得」をクリックします。

新規取得をクリック

SSL証明書を設定するサーバーを聞かれるので、自分の使用しているサーバーを選びます。
本記事では、ネットオウル以外のサーバーを想定しているので「他社のサーバーで利用する」をクリックします。

他社サーバーで利用する

するとSSL証明書の選択と、利用者登録の画面に進みます。
今回は無料SSLの「Let’s Encypt」を選択しました。

Let's Encryptを選択

SSL証明書の種類を選択して下に進むと、下記の入力欄があります。

SSL証明書発行における記入内容
項目記入内容
顧問ネームSSLを適用するドメイン名を入力
サブドメインに適用する場合は□□.〇〇.comの形式
お住みの国名をローマ字で入力(日本の場合はJP)
都道府県お住みの都道府県をローマ字で入力
市区町村お住みの市区町村をローマ字で入力
組織会社名をローマ字で入力
個人の場合はPersonal
部署会社の所属部署を入力(特になければNone)

入力できたら、規約内の「利用規約に同意する」にチェックを入れ、「所有者確認手続へ進む」を押します。

SSL用の名義入力

するとWebサイトの所有者確認画面に進むので、「Web認証」または「DNS認証」を選択します。

「Web認証」の場合はレンタルサーバーにSSL証明書が持ち込める、かつ、該当フォルダに証明書ファイルを設置できる必要があります。

「DNS認証」の場合には、レンタルサーバー側でゾーン設定が許可されているか、または、レンタルサーバー以外のDNSを経由する形で認証を行うことが出来ます。

所有者確認の形式を選択したら、「所有者確認開始」をクリックします。

DNS認証にてSSL証明書の申請

無事に所有者確認できると、完了しましたと表示されます。
その後は、「証明書を発行する」を押しましょう。

証明書を発行する

すると、下記3つのSSL証明書コードが発行されますので、各コードをコピーしてメモしておくか、各ファイルをダウンロードしておきましょう。後ほど使います。

  • CERT(SSL証明書)
  • 中間証明書
  • 秘密鍵

サーバーへSSL証明書の設置

SSL証明書が取得できたら、サーバーに設置していきます。

今回は、mixhostに設置する想定で解説しました。
※他社サーバーからmixhostへサーバーする際には、この方法を用いることでSSL引き継ぎによるサイト非表示の時間を無くすことが可能です。

まずはmixhostの管理画面にログインしましょう。ログインしたら、「SSL / TLS」に進みます。

SSL TLS をクリック

SSL/TLSに進んだら、「SSL サイトを管理します。」をクリックします。

SSLサイトを管理します。

すると管理ドメインの一覧が出てきますので、ページ下方に進みます。
SSL証明書の記入欄がありますので、入力していきます。

SSL証明書登録の記入内容
項目記入内容
ドメインSSLを適用するドメイン名を選択
証明書:(CRT)CERTの内容を転載
秘密キー:(KEY)秘密鍵の内容を転載
証明機関バンドル:(CABUNDLE)中間証明書の内容を転載

入力できたら「証明書のインストール」を押します。

SSL証明書の内容を入力

https://のページにて表示確認

SSL証明書のインストールが完了したら、https://から始まるURLにてサイトが表示できるか確認してみましょう。ページが表示できればSSLの手動インストール作業は完了です。

今回初めてSSLを実装する場合は、常時SSL化になるようWordPressの内部情報を修正したり、httpからhttpsへ301リダイレクトをかけるなど、随時必要な作業を進めていきましょう。

常時SSL化するための作業内容は下記記事をご参考ください。

サーバー移転に伴い事前のSSL実装をされる場合には、DNS切替前にhttpsのアドレスにて表示確認することをお勧めします。その場合は下記の記事をご参考ください。

以上、無料SSLを手動でインストールする方法についてでした。
最後までお読みいただきありがとうございます。

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。