エックスサーバーでのサブドメイン型WordPressインストール手順

エックスサーバーでのサブドメイン型WordPressインストール手順

このページでは、エックスサーバーにおけるサブドメイン型のWordPressインストール手順を解説しています。

本体サイトとは別にブログページを設けたいときや、ジャンルの異なるサイトを同じ独自ドメイン上で構築したいときに、サブドメイン型でWordPressをインストールするケースがあります。

サブドメインとは、「https://〇〇.sample.com」のように、独自ドメインの前にURLを追加する形のドメイン形式のことです。

ぜひ、本記事を参考にしながらインストールを進めてみてください。

STEP① サーバーパネルからサブドメインの追加

まずはWordPressをインストールするためのサブドメインを用意していきます。

サブドメインの追加は、エックスサーバーのサーバーパネルから行います。
サーバーパネルにログインし、「ドメイン」>「サブドメイン設定」をクリック。

エックスサーバーのサブドメイン設定

ドメイン一覧の中から、サブドメイン設定したいドメインの「選択する」をクリック。
※今回は「test-site-hikkoshi.com」というドメインを使用しました。

サブドメイン設定したいドメインの選択

サブドメインの設定画面に進むので、「サブドメイン設定追加」へ進みます。

サブドメイン設定追加

サブドメイン名を入力するエリアが表示されるので入力していきます。
今回は「blog」という名称にしました。コメント欄は任意入力となります。
入力できたら、「確認画面へ進む」を押しましょう。

サブドメイン名の入力

先ほど記入した設定内容が表示されます。問題なければ「追加する」を押しましょう。

サブドメインの確認画面

「サブドメイン設定の追加が完了しました。」と表示されれば設定完了です。

STEP② サブドメインにWordPressインストール

次はいよいよ、サブドメインにWordPressをインストールしていきます。

サーバーパネルのトップに戻り、「WordPress簡単インストール」をクリックしてください。

WordPress簡単インストール画面へ進む

サブドメインにWordPressをインストールするドメインを選択します。

サブドメインにWordPressをインストールしたいドメインの選択

WordPress簡単インストールの画面が表示されるので、「WordPressインストール」をクリックしてください。

WordPressインストールボタンをクリック

するとWordPressの設定欄が表示されますので、赤枠の部分を記入してください。

WordPressインストールにおける記入内容
項目記入内容
サイトURLサブドメイン型のURLを選択
ブログ名WordPressのタイトルを入力
ユーザー名WordPressログイン用のユーザー名を入力
パスワードWordPressログイン用のパスワードを入力
メールアドレスWordPressから各種通知用のメールアドレスを入力

キャッシュ自動削除とデータベースについては、初期設定のままで大丈夫です。
それぞれの項目が記入できたら、「確認画面へ進む」を押します。

WordPressインストール内容の入力

先ほど記入した内容が表示されます。
内容に問題がなければ、「インストールする」を押してください。

サブドメインへのWordPressインストール実行

インストール完了の画面が表示されたら、インストール作業は完了です。

STEP③ 表示確認

最後に、WordPressをインストールしたサブドメインのURLにて表示確認をします。

該当のサブドメインURLにアクセスしてみましょう。
WordPressサイトの表示がされていればインストール成功です。

管理画面(http://〇〇.独自ドメイン/wp-admin/)にアクセスし、WordPress管理画面にログインしてサイトを作り込んでいきましょう。

既存サイトがある場合は事前のバックアップを忘れずに

エックスサーバーでのサブドメイン型WordPressインストール、いかがでしたでしょうか?

インストール作業は、作業手順を見ながら進めれば簡単ではあるものの、やり方を間違えると既存サイトのデータに影響を及ぼしかねません。

いざ事故が起きたときにサイトをすぐに復旧できるよう、念のため、既存サイトのバックアップを取っておくことをお勧めします。バックアップ方法の詳しい解説は下記をご参考ください。

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。