ホームページの管理会社が管理者権限をくれない、、、
  • 保守管理
公開日:2023年6月8日 | 更新日:2023年7月25日
サイト引越し屋さん編集部

ホームページの制作会社が管理者権限をくれません、、、への対処法

こんにちは、日本でもっとも利用されているWordPressのサーバー移転&保守管理サービス『サイト引越し屋さん』です。
先日調べものをしていた時、たまたまYahoo!知恵袋でこんな投稿を見かけました。

※気になる箇所を一部ハイライトしています。

ホームページの制作会社が管理者権限をくれません
自社のHPにGoogle Analyticsを自分で導入してみたいのでHPを製作した、今現在保守もしてもらってる企業に管理者権限が欲しいと言ったら無理といわれました。
アドオン等を追加するには3万かかると言われたので、
「そんな何日もかかるような作業じゃないから自分でやる。アドミンにしてほしい」
と言ったのですがダメだそうです
(少しはお安くしますとは言っていましたが)

こんなのありなんでしょうか。
ちなみにHPは自分が今の会社に入る前から製作&保守してもらっており、
Wordpressで製作されています(自社で使える権限はブログやお知らせを投稿したりするぐらいです
-Yahoo!知恵袋より引用-

実はサイト引越し屋さんでもこのような相談はよく受けることがあります。
世の中にはこの相談者さんのように困っている方も多いのかなと感じております。

そこで今日は、このような状態に陥った際の対処法について、Webサイト保守管理業者の視点からお話させていただければと思います。

Webサイト保守管理業者の本音

まずそもそも「なぜ管理者権限を渡そうとしないのか」「ブログやお知らせしか触らせてもらえないのか」について触れておきます。

結論からいうと、下記2点が主な理由として挙げられます。

  • 触れる部分を限定することで保守契約の解約をしにくくしている
  • 触れる箇所を限定することで不具合の発生を防いでいる

Webサイトの保守管理業者は、クライアントが出来るだけ長く契約してくれることでサービスが成り立っています。
そのため、解約しにくいように少し強引な手段を取っている業者がいるケースがあります。

WordPressの場合ですと、管理者権限があればサイト内のあらゆる編集ができるほか、サイト全体のデータを抜き取ることも可能です。
これはユーザー側にとっては便利で有難い一方、保守業者からすると解約の確率が高まるので、リスクに感じてしまうのも一部理解はできます。
(本来は他の保守業務に対して価値を感じてもらうべきなのですが、、、)

ただし、全ての業者がそういった意図で管理者権限を制限しているわけでもなく、WordPressが不慮の事故に見舞われないためにあえて制限しているケースもあります。
管理者権限ではプラグインの追加やテーマの編集もできるため、それらを操作することでWordPressの不具合が起きるリスクが高まるのも事実です。

保守管理業者が管理者権限を渡してくれない時の対処法

もし現在の管理業者が管理者権限の解放に応じてくれない場合、取れる手段は3つあります。

現在の管理業者と交渉する

なにはともあれ、まずは現在の管理業者に相談をすることです。
管理業者としても契約を切りたくはないので、ある程度の相談には乗ってくれます。

ただし、最初にご紹介した相談者みたいに、管理業者側が頑なに拒否するケースもあります。
その場合は、このあと解説する2つの手段のどちらかを取る必要があります。

自社管理に切り替える(解約する)

現在の管理業者に交渉しても応じてくれない場合に考えられる手段の一つは、現在の管理業者を解約して自社管理に切り替えることです。

管理業者との契約内容にもよりますが、Web制作費や保守費用を払っていたなら基本的にはWebサイトのデータ及び独自ドメインの権利を譲渡してもらえます。

ただし、Webサイトのサーバー移転は技術が必要なため、現在の管理業者が作業を代行してくれる場合はお願いしたほうがいいです。
もし高額な場合はサーバー移転代行の専門サービスを利用することをお勧めします。

サイト引越し屋さんでもWordPressをはじめとしたサーバー移転代行をしておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

>サイト引越し屋さんへのご相談はこちらから

他の管理業者に切り替える

現在の管理業者との交渉が難航した場合、他の管理業者に切り替えるという手段も考えられます。
Web制作会社でなくとも、Webサイトの保守管理に特化したサービスは存在します。

Webサイトの保守業務はリモートでもまったく問題なく対応できます。
そのため、地域の付き合いや特定コミュニティ(BNIや商工会など)の付き合いで保守契約していた場合でも、他の業者に乗り換えることが可能です。

サイト引越し屋さんでもWordPress保守管理サービスをご提供しております。

最後に宣伝にはなりますが、私たちサイト引越し屋さんでもWordPress保守管理サービスをご提供しております。

私たちの保守サービスでは、クライアントの自由度が高くなるよう下記の点に配慮しています。

  • WordPress管理者権限のお渡し
  • 契約期間の縛りなし(1ヵ月から可能)
  • サーバー、ドメインの契約管理がお客様でも可能
  • 他社制作のWordPressでも対応可能
  • 月5,000円~のリーズナブルな価格設定

ご興味ありましたら、是非こちらの詳細ページをご覧くださいませ。
>>サイト引越し屋さんのWordPress保守管理サービス詳細はこちら

この記事を書いた人

サイト引越し屋さん編集部

日本で最も利用されているサーバー移転&保守代行サービス『サイト引越し屋さん』の中の人です。 サイト引越しに関わる技術情報をはじめ、WordPressやその他のWebサービスに関するノウハウを発信しています。 全日本SEO協会所属。日本ウェブ解析士協会(WACA)所属。

本サイトにてご提供している情報については、最新かつ正確な情報を提供するよう努力していますが、情報の正確性や完全性を保証するものではございません。また、コンテンツには一部プロモーションが含まれております。本サイトの情報を利用することによって生じたいかなる損害に対しても、当社は責任を負いかねます。情報をご利用される際は、ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願い致します。