Goope(グーペ)とWordPressはどちらが良い?迷っている人へ特徴や評判などを解説します

Goope(グーペ)とWordPress

Goopeは、GMOペパポ株式会社が提供するホームページ作成ツール(Webサイトビルダー)の1つ。

  • 「Goopeの良さってなに?」
  • 「WixやJimdoなど、他のツールとどこが違うの?」
  • 「GoopeとWordPressはどっちがおすすめ?」
  • 「GoopeはSEO的には弱いの?」

など、Goopeに対して気になることってありませんか。

今回の記事では、Goopeのことをあまり分かっていない人、WordPressと迷っている人に向けて、その特徴や他のCMSとの違いなどについてまとめていきます。

これを読めば「Goopeがあなたに合ったサービスかどうか」わかるはずです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Goope(グーペ)とは

goope 公式 トップページ

GoopeはGMOペパボ株式会社が運営しているホームページ作成ツール。

GMOペパボ株式会社は、レンタルサーバーのロリポップ、ドメイン管理サービスのムームードメインを運営していることで有名です。

Goopeを使うときは、あなたのPC環境へのインストールは必要ありません。オンラインのGoope専用ページへログインして、クラウド上で使用するシステムになっています。

Goopeが向いているのはこんな人!

Goopeが向いているのは次のようなタイプの人です。

  • すでに店舗型のビジネスを持っている人
  • 早く簡単にネットショップを作りたい人

すでに美容室や飲食店、整体院などの店舗ビジネスを運営していて、しっかりした公式サイトを準備したいという人は、Goopeが向いています。また、Goopeは扱えるテンプレートが豊富にあるので、早く整ったネットショップを作成したい人にも最適です。

Goopeが向いていない人

Goopeがあまり向いていないのはこんな人です。

  • アフィリエイトやGoogleアドセンス広告からの収入を中心にしている人
  • Google/Yahoo!の検索エンジンからの集客を中心にしたい人

ただ、Goopeの場合は、記事などのコンテンツを積み重ねてSEO評価を狙うにはあまり向いていません。これはGoopeに限らず、WixやJimdoなど、他のHP作成ツールでも同じことが言えます。

ですから、アフィリエイト広告やGoogleアドセンス広告を中心に、Webサイトやブログで利益を出したい場合には、WordPressでのサイト運営が良いでしょう。

Goopeで注目すべき7つの特徴

Goopeの主な特徴をまとめると、次のような点が挙げられます。

  • 時間をかけずにネットショップの開設ができる
  • ネットからの予約機能が利用できる
  • オリジナルのクーポン作成ができる
  • 国内で開発されたWeb作成ツール
  • レンタルサーバーと独自ドメインをする必要がない
  • 電話サポートがある(スタンダードプランのみ)
  • 無料プランはない(15日間の無料期間はあり)

Goopeは15日の無料期間はありますが、有料プランのみです。また、国内開発されたツールで、使いやすいのも特徴。

Goopeをあなたのサイトとして使う場合、どのような利点があるのでしょうか。

Goopeを使う3つのメリット

Goopeを使うメリットは次の3点です。

  • パソコンの容量は使わない(オンラインで起動する)
  • サーバーの契約や独自ドメインの取得が不要
  • 予約フォームなど店舗ビジネスで必要な機能がそろっている

それぞれ確認していきますね。

1.パソコンの容量を使わない(オンラインで起動)

Goopeは、専用のシステムをあなたのパソコンにインストールする必要は一切ありません。
すべてオンライン上で管理できるので、ネットさえ繋がっていれば、どの端末からでもあなたのサイトにアクセスして編集ができます。

2.サーバーの契約や独自ドメインの取得が不要

Goopeは、レンタルサーバー(エックスサーバーやロリポップなど)の個人契約や、独自ドメインをわざわざ取得する必要がありません。

ただし、Goopeには無料プランはなく有料プランのみ(15日間の無料期間はあり)。毎月決まった料金が発生します。具体的にはエコノミープラン(月額1,100円)、ライトプラン(月額1,650円)、スタンダードプラン(月額3,850円)の3つがあります。

Goopeであれば、サーバーや独自ドメインの取得をしなくてもWebサイト運営が可能です。

3.予約フォームなど店舗ビジネスで必要な機能がそろっている

Goopeには、Web予約やメルマガ、オリジナルクーポン作成機能など、店舗型ビジネスで準備しておきたい機能が自由に使えます。

飲食店や美容院、整体院など、色々なタイプのテンプレートがあるので、最低限の機能を備えた標準的なWebサイトを手軽に準備することができます。

Goopeで注意すべき3つのデメリット

Goopeのデメリットを挙げるなら次の3点です。

  • デザインや細かい部分の作り込みは難しい
  • SEOには不利な可能性が高い
  • Webサイトの引越しが難しい

それぞれ確認していきますね。

1.デザインや細かい部分の作り込みは難しい

Goopeは専用テンプレートはかなりの量があるといっても、数は限られます。テンプレートが膨大にあるWordPressに比べてしまうと、やや見劣りするかもしれません。

また、自分でCSSやHTMLを書いて細かく作り込んでいきたい場合は、やりづらい面があります。

2.SEOには不利な可能性が高い

先ほども触れましたが、SEO評価を積み重ねていくのは不利になる可能性があります。

検索結果で、上位に表示されているケースはほとんど見られません。そもそも、GoopeがSEOに有利であれば利用者がもっと増えているはずですからね。

SEOを狙ったWebサイトの運営との相性はあまり良くないと言えます。

3.Webサイトの引越しが難しい

Goopeで作ったサイトをWordPressなどへ引越しするときは、自力での移転作業はかなり難しいでしょう。

もし、GoopeのサイトをWordPress化するときには、弊社のようなサイトの引越し代行サービスを利用することを推奨します。

>>サイト引越し屋さんで参考価格を確認してみる

Goope・Wix・JImdoの違い

Goopeと同じようなツールにWix(ウィックス)やJimdo(ジンドゥー)があります。いずれも、サーバー契約や独自ドメインの取得は不要。簡単にホームページを作れます。

料金プランテンプレート数独自ドメインカート機能予約フォーム電話サポート
Goope1,100円~約50種類使用可利用可ありあり※スタンダードプランのみ
Wix990円~約500種類使用可利用可ありあり※8:00~17:00
Jimdo990円~約40種類使用可利用可ありあり※平日10:00~18:00

※料金につきましては、各サービスで複数のプランがあります。それぞれ最新の価格設定を確認してみてくださいね。プラン次第で利用可能なサービスも変わってきます。

>>Wixの料金プラン>>Jimdoの料金プラン>>Goopeの料金プラン

いずれのホームページ作成ツールも優れており、店舗型ビジネスで活かせる機能を備えています。ショッピングカート機能や予約フォームがついていますし、スマホ対応もされています。

Goopeの電話サポートに関しては、予約制でかつスタンダードプランのみが対象になっています。

使い勝手に関しては、3つのツールの中でGoopeは日本国内で開発されたツール。特に使いやすいといえます。

GoopeとWordPressの違い

料金プラン独自ドメインサーバーテンプレート数機能面SEO
Goope1,100円~不要(購入も可)不要約50種類最低限必要なものは揃っている対策は難しい
WordPressなし購入が必要※数百円/月契約の必要あり※約1,200円/月数千以上※無料と有料ありプラグインで実装する対策しやすい

GoopeとWordPressを簡単に比較してみました。

まとめると、

  • Goopeはサイト運営で必要な最低限の機能が揃っている(サイト構築が簡単)
  • テンプレートの数、細かいデザインの融通はWordPressが便利
  • 年間の運用コストはあまり変わらない

店舗ビジネスを持っていて、「お店のホームページを取り急ぎ用意したい」「最低限のホームページで良い」といった人にはGoopeで十分でしょう。

しかし、ブロガーやアフィリエイターとして、自分でサイトを細かくカスタマイズして広告収入を狙いたい、SEO対策を施していきたい場合には、WordPressが向いています。

Goopeの評判をSNSで調査

Goopeのユーザーからの評価はどうなのでしょうか。SNS(Twitter)で調査してみました。

そこまで多くの口コミは見つかりませんでしたが、ユーザーからの評価は高い様子。

まとめ:Goopeはすでに店舗ビジネスを持っている人向け

Goopeは、もう店舗型のビジネスモデルを持っている人が使うケースが多いことがわかりました。

サラリーマンの副業でブログを始めたい人やアフィリエイトやGoogleアドセンスで稼ぎたい人には向いていません。

すでに店舗でのビジネスを持っている、あるいはこれから始める人。アメブロなどの無料ブログではなく、本格的なショッピング機能などを備えたサイトを持ちたい人に最適。

ただ、こういった希望がある人はいませんか。

  • Goopeで作成したサイトをそのままWordPressに移して運営したい
  • GoopeではなくWordPressで問題なさそう
  • WordPressに切り替えて、もっと細かくサイトを作り込んでいきたい
  • ブログ記事を追加してSEO集客も狙いたいからWordPressに移転したい

もし、WordPressへの引越しを考えていて、自分で移転作業をするのが手間、不安に感じている人は、サイト引越し屋さんにご相談ください。

GoopeだけでなくWixやJimdoなども含め、専用ツールで作成したWebサイトのWordPress化は難易度が高いです…。サイト移転の専門家に頼んでしまったほうが安心です。
>>サイト引越し屋さんで参考価格を確認してみる

SNSでシェア!
SNSにて最新の情報を発信しております。